腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因は? 他の腰痛と見分けるポイント

腰椎椎間板ヘルニアは、他の腰痛に比べて若い人に多いというのが特徴です。しかし、自分の腰痛の原因が腰椎椎間板ヘルニアかどうかを素人が判断するのは難しいでしょう。そこで、この記事では、腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因について解説していきます。この記事を読むことで、自分の腰痛が腰椎椎間板ヘルニアによるものかどうかを判断することができるでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアの症状とは?

椎間板とは、骨と骨との間でクッションの役割をしている繊維軟骨のことです。この椎間板が本来あるべき位置から飛び出して神経を圧迫し、痛みや痺れなどを引き起こす病気のことを「椎間板ヘルニア」と言います。椎間板ヘルニアが発生するのは、主に腰椎(腰の骨)と頚椎(首の骨)で、腰椎で起こる椎間板ヘルニアが「腰椎椎間板ヘルニア」です。ここでは、腰椎椎間板ヘルニアの症状について解説してきます。

1-1.主な症状は腰痛

腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状は腰痛です。急激にぎっくり腰のような激しい痛みが起こる急性型と鈍い痛みが続く慢性型の2種類があります。他の要因によって引き起こされる腰痛と異なるのは、前かがみや中腰など、腰を曲げたときに痛みや痺れが強くなるという点です。

1-2.足の付け根から足首にかけて痺れが出る

腰椎椎間板ヘルニアになると足の付け根から足首にかけて痺れが起こります。両足に症状が出ることは少なく、片側だけに症状が現れるというのが特徴です。しかし、大きなヘルニアの場合は左右両側に痺れが現れることもあります。

1-3.悪化すると排尿障害が出ることも

腰椎椎間板ヘルニアが重症化すると、排尿障害が起こる場合もあります。おしっこが出にくい・頻尿状態を繰り返すなどが主な症状です。これはヘルニアによって膀胱につながっている神経が圧迫されていることが考えられます。排尿障害が起こっている場合は命に関わる恐れがあるので、すぐに病院で診てもらってください。

腰椎椎間板ヘルニアの原因とは?

腰椎椎間板ヘルニアになる原因の多くは日頃の生活習慣に起因しています。にそれでは、腰椎椎間板ヘルニアはどのようなことが原因で起こるのでしょうか? 主な原因を3つ紹介します。

2-1.長時間の同じ姿勢や姿勢の悪さが原因に!

腰椎椎間板ヘルニアは日頃の姿勢によって引き起こされます。長時間同じ姿勢をしていたり、身体に負担のかかる姿勢を続けていたりすると身体にゆがみが起こり、椎間板に強い負荷がかかるのです。特に、腰が反り返っている姿勢や腰を丸めすぎた姿勢は負担が大きくなるため注意してください。

2-2.腰へ急激に負荷がかかる動作に注意!

重たいものを持ち上げるなど、腰へ急激に負荷のかかる動作も腰椎椎間板ヘルニアが起こる原因となります。ただし、一回ものを持っただけで発症することは少なく、もともとヘルニアになりかかっていたところに負荷がかかり症状が現れるケースがほとんどです。

2-2.加齢で椎間板の弾力が低下する

加齢も腰椎椎間板ヘルニアが発生する要因の一つです。年齢を重ねると徐々に椎間板の弾力性が失われていきます。すると、ちょっとした衝撃が加わるだけでも椎間板がつぶれやすくなるのです。加齢による椎間板の変化は20代から現れ始め、徐々に進行していきます。

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法は大きく分けて保存的療法と手術療法の2つがあります。かつては手術をしなくては治らないと考えられていましたが、現在は保存的療法で完治することも少なくありません。それぞれの治療方法を紹介します。

3-1.薬物療法

腰椎椎間板ヘルニアの保存的療法で最初に行われるのが薬物療法です。非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬の内服薬、非ステロイド性消炎鎮痛薬の坐剤・貼付(ちょうふ)薬が使用されます。いわゆる痛み止めと筋肉の緊張を和らげる効果のある薬が中心です。

3-2.神経ブロック注射

薬物療法で効果が得られなかった場合は、神経ブロック注射を検討します。神経ブロック注射は、局所麻酔やステロイド剤によって痛みを和らげる保存的療法です。圧迫を受けている神経の近くに注射して神経の興奮を鎮め、痛みをブロックします。医療保険が適用されるため、費用は3割負担の方で4,000~6,000円、1割負担の方で1,000~2,000円程度です。

3-3.手術療法

保存的療法を数ヶ月試しても効果がない場合や排尿障害が現れている場合、手術療法が行われます。手術内容は神経を圧迫しているヘルニア除去することで圧迫を解消するというものです。手術には通常1週間前後の入院が必要ですが、最近では日帰りで行うことのできるレーザー手術なども増えています。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因について解説しました。

  1. 腰椎椎間板ヘルニアの症状とは?
  2. 腰椎椎間板ヘルニアの原因とは?
  3. 腰椎椎間板ヘルニアの治療方法

以上のことについて知ることで、自分の腰痛が腰椎椎間板ヘルニアによるものかどうかを判断することができるでしょう。最近では、手術をしなくてもヘルニアの症状が改善するというケースも増えています。まずは整形外科などの専門家に相談してみてください。