腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因は? 他の腰痛と見分けるポイント

腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因は? 他の腰痛と見分けるポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

腰椎椎間板ヘルニアは、他の腰痛に比べて若い人に多いというのが特徴です。しかし、自分の腰痛の原因が腰椎椎間板ヘルニアかどうかを素人が判断するのは難しいでしょう。そこで、この記事では、腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因について解説していきます。この記事を読むことで、自分の腰痛が腰椎椎間板ヘルニアによるものかどうかを判断することができるでしょう。

01. 腰椎椎間板ヘルニアの症状とは?

椎間板とは、骨と骨との間でクッションの役割をしている繊維軟骨のことです。この椎間板が本来あるべき位置から飛び出して神経を圧迫し、痛みや痺れなどを引き起こす病気のことを「椎間板ヘルニア」と言います。椎間板ヘルニアが発生するのは、主に腰椎(腰の骨)と頚椎(首の骨)で、腰椎で起こる椎間板ヘルニアが「腰椎椎間板ヘルニア」です。ここでは、腰椎椎間板ヘルニアの症状について解説してきます。

1-1.主な症状は腰痛

腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状は腰痛です。急激にぎっくり腰のような激しい痛みが起こる急性型と鈍い痛みが続く慢性型の2種類があります。他の要因によって引き起こされる腰痛と異なるのは、前かがみや中腰など、腰を曲げたときに痛みや痺れが強くなるという点です。

1-2.足の付け根から足首にかけて痺れが出る

腰椎椎間板ヘルニアになると足の付け根から足首にかけて痺れが起こります。両足に症状が出ることは少なく、片側だけに症状が現れるというのが特徴です。しかし、大きなヘルニアの場合は左右両側に痺れが現れることもあります。

1-3.悪化すると排尿障害が出ることも

腰椎椎間板ヘルニアが重症化すると、排尿障害が起こる場合もあります。おしっこが出にくい・頻尿状態を繰り返すなどが主な症状です。これはヘルニアによって膀胱につながっている神経が圧迫されていることが考えられます。排尿障害が起こっている場合は命に関わる恐れがあるので、すぐに病院で診てもらってください。