腹式呼吸ダイエット

腹式呼吸ダイエットですっきり痩せよう!方法や効果4つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

お腹を使った「腹式呼吸」にはダイエット効果があることをご存じですか。私たちは日常無意識に「胸式呼吸」をしています。意識的に腹式呼吸を生活に取り入れることでお腹周りがすっきりとした身体を手に入れることができるのです。

腹式呼吸ダイエットはお金もかからず、時間がない人でも手軽に取り入れられる方法なので注目されています。ここでは、腹式呼吸のダイエット効果ややり方、メリット・デメリットなどをご紹介しましょう。お腹のでっぱりやたるみが気になる人はぜひ参考にしてください。

01. 腹式呼吸の
ダイエット効果

呼吸方法を意識して変えるだけで痩せる…そんな、夢のようなダイエット方法が「腹式呼吸ダイエット」です。腹式呼吸ダイエットは、食べ物を減らすだけのダイエットではかなえるのが難しい「引き締まったウエストとお腹」が手に入ります。

腹式呼吸ダイエットは、基本的に呼吸法を変えるだけなので誰でも思い立った日にスタートできるのです。また、トレーニングジムに通ったりジョギングをしたりする時間がないという人にもおすすめでしょう。腹式呼吸ダイエットにはどのような効果があるかご紹介します。

1-1.お腹周りがすっきりする

通常、私たちは胸式呼吸をしています。そこで、意識的にお腹を使って呼吸する腹式呼吸に変えるとお腹の筋肉を使うようになるのです。腹式呼吸ダイエットを日常的に取り入れることによって、ウエストや下腹部などがすっきりしてきます。

1-2.インナーマッスルを鍛えられる

リバウンドをしないダイエットを成功するには、食事制限だけでは不可能だといわれています。過激な食事制限で一時的に体重は減りますが、実は減っているのは身体の水分で脂肪は減っていないのです。そして、脂肪を燃焼するために必要な筋肉がおとろえるので痩せにくい身体になってしまいます。

引き締まった美しいプロポーションを作るためには、筋肉を鍛えて余分な脂肪を燃焼することが大切です。そのためには、まず、身体の奥にあるインナーマッスル(身体の核となる筋肉)を鍛えることが重要になります。腹式呼吸ダイエットは、エクササイズではなかなか鍛えられないインナーマッスルを鍛えることができるのです。さらに、インナーマッスルが鍛えられることで身体の表面にある腹筋や背筋などの引き締め効果がアップします。

1-3.基礎代謝のアップ

基礎代謝とは、「私たち人間が生きていくために最低限必要な生命活動(内臓を動かす・体温を維持するなど)に使用されるエネルギー」のことです。脳や心臓などの臓器や筋肉は常に動いているので、寝ているときにもエネルギーを消費しています。中でも最もエネルギー消費が多いのが筋肉です。つまり、筋肉が多いとエネルギーをたくさん消費するので自然に痩せやすい身体になります。

残念ながら、基礎代謝は年々おとろえてしまうため、ある程度の年齢を超えると痩せにくい身体になってしまうのです。腹式呼吸ダイエットでは、呼吸をすることで体内に多くの酸素を取り入れられるので基礎代謝がアップできます。毎日、習慣的に続ければ自然と痩せやすい身体に変えることも可能です。