ニキビやニキビ跡の治し方

【必読】ニキビやニキビ跡の治し方・治すのにいい食事や食べ物の知識

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

肌の調子が悪い日は、できる限り隠したいといった恥ずかしさから、気持ちまで暗くなってしまいますよね。特に、顔にできたニキビは、人の目に留(と)まりやすい場所であるため、コンプレックスになりやすいです。

「ニキビを改善する方法はないか?」「食べ物とニキビは関連があるの?」といったニキビにかんする疑問は、症状がひどくなるほど出てくるため、とても共感できます。ニキビは跡が残りやすいのも特徴です。顎だけに出現する場合や、顔全体にも広がる場合もあります。ひどい場合は、首や背中にまで広がるケースもあるでしょう。

食べ物とあまり関連づけられることがないものの、実は食事とニキビは深く結びついた関係です。ニキビは単純に1つではなく、白ニキビや赤ニキビといったいくつかの種類があって対応策も複雑に感じます。

薬を使ってニキビを治すのも1つの方法です。しかし、食事を見直すだけで大きな改善ができるのなら、ニキビ対策もより簡単になるでしょう。ニキビにお悩みの方は、ニキビにいい食べ物と悪い食べ物を知り、跡の残らない治し方のポイントにしてください。

この記事を読むことで、食事内容を見直してニキビ改善につなげることができ、肌の悩みから解放されるでしょう。肌のトラブルは心まで落ち込んでしまいます。元気ではつらつとした毎日を過ごすためにも、ニキビは早く治すように意識してみてください。

01. ニキビの基礎知識

ニキビは皮脂が過剰に分泌し、毛穴をふさいでしまうことが原因です。まれに、雑菌に感染して起こる炎症もあります。まず、ニキビの基礎知識を見ていきましょう。

1-1.ニキビはどんな病気? 

ニキビは、尋常性ざ瘡という病名がある1つの病気です。思春期は、誰しも男性ホルモンが活発になるため、皮脂量も増加します。そのため、毛穴詰まりが起こりやすく、適切なケアを施さない限り、皮膚内部で知らぬ間に炎症が起こってしまうのです。主に、ニキビの炎症原因となるのが、アクネ菌とされています。放置した場合、皮膚の腫れやニキビ跡を残し、後々コンプレックスとなって取り返しのつかない状態になるでしょう。

1-2.ニキビの主な症状

ニキビは、外見ですぐわかる症状です。赤みや発疹(ほっしん)が出て、炎症が進むと膿(うみ)が溜(た)まることもあります。かゆみを伴うニキビもあり、かきむしって悪化することもあるでしょう。顔だけではなく、鼻・口周り・顎・首・背中・胸など広範囲に出現するのも、ニキビの特徴です。

また、ニキビには種類があります。コメドという皮脂の塊が詰まって白くなる白ニキビ、炎症による赤みが目立つ赤ニキビの2つが代表的なニキビです。続いて、皮脂が炭化することで起こる黒ニキビと、膿(うみ)と血液で毛穴が腫れる紫ニキビがあります。紫ニキビは、ひどく進行した状態です。

1-3.ニキビの主な原因

ニキビの原因となるアクネ菌は、皮膚の表面にいる常在菌の1つです。しかし、寝不足やストレスといった体調不良などがきっかけとなり、常在菌であるはずのアクネ菌が悪い方向へ働きます。手で顔に触れる癖がある人は、雑菌の付着によって皮膚の健康を損なう恐れがため、ニキビが起こりやすいだけではなく、潰してニキビ跡になる可能性も高いです。ニキビ跡はクレーターのような凹(くぼ)みとなる場合や、色素沈着する場合もあります。いずれも、顔の印象が随分と変わってしまうため、コンプレックスを抱くことが多いです。

1-4.ニキビができる年齢層や性別について

小・中・高校生の思春期にできるニキビには、男女差はあまりありません。思春期は成長ホルモンの働きが活発化するため、皮脂分泌が過剰になるためです。生まれたばかりの赤ちゃんにだけできる、新生児ニキビもあります。

大人になってできるのは、加齢や肌のターンオーバーが不規則になって起こることが原因です。女性はコンシーラーやファンデーションを使う機会が多いため、毛穴に炎症を起こしやすいことから、男性よりニキビになりやすいでしょう。妊娠・出産・更年期など、ホルモンバランスが崩れやすい時期の女性も注意が必要です。皮脂量が増える中高年期の男性も、ニキビで悩むことがあります。