その疲れ、内臓疲労が原因かも? 改善のカギは食生活にあり

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「長く寝ても、疲れが抜けない」「食事は欠かさずとっているのに、常にだるい」。それは、内臓疲労が原因かもしれません。筋肉を酷使すると筋肉疲労するように、内臓も過度に負荷がかかると疲労を起こし、さまざまな体調不良の原因となります。この記事では内臓疲労の原因や改善、予防などを解説し、365日休みなく働く内臓と上手に付き合う方法をお伝えしましょう。

内臓の元気は健康への第一歩です。知らず知らずのうちにたまる疲労を解消して、丈夫な体を手に入れましょう。

01. 内臓疲労の基礎知識

1-1.内臓について

内臓は、動物の腹腔(ふくくう)にある器官で、胃や腸などの消化器、肺など呼吸器、腎臓や膀胱(ぼうこう)などの泌尿器、そして生殖器などがあり、それぞれ役割を分担して生命を維持しています。「内臓疲労」という時の内臓は、このうち主に消化系の臓器の疲労を指すことが多いようです。消化器は、以下のように人体に栄養を取り込むのに重要な役割を果たしています。

  • 胃:消化液によって食べ物を消化(分解)する
  • 腸:小腸で水分が、大腸で栄養分が吸収される
  • 肝臓:栄養素を分解しエネルギーに変える、アルコールや毒素を代謝する

1-2.内臓疲労とは?

内臓疲労は、暴飲暴食や食生活の乱れにより、日常的に消化吸収の動きがオーバーワークになってしまって起こります。マラソンなど長時間の運動により、内臓が物理的に刺激されることで疲労がたまることもあるのです。内臓も、ほかの体の部位と同じように筋肉でできています。過度の運動で腕や脚が筋肉痛になるように、内臓も酷使するとダメージを受け、結果として内臓の機能が低下してしまうのです。

1-2-1.おもな症状

内臓が疲労すると以下のような症状が現れます。

  • 睡眠を十分とっても疲れが取れない
  • 腹痛や下痢を頻繁に起こす
  • 食欲不振
  • 胃もたれ
  • だるい
  • 肌荒れ・口内炎
  • 手足のむくみ

1回暴飲暴食をしただけで、内臓疲労になるわけではありません。これらの症状が出ても、一過性のものとして治まることがほとんどです。症状が1週間以上続く場合は、内臓疲労を疑ってみましょう。

1-2-2.なりやすい人、性別、なりやすい季節は? 

内臓疲労は誰にでも起こりますが、特に普段から胃腸が弱い人は注意が必要です。男女とも年齢とともに代謝機能が落ちるため、中年になると内臓も疲労しやすくなります。しかし、日常的にダイエットをくりかえしている女性は、10代・20代でも注意が必要です。また、日頃から飲みに行く機会が多いサラリーマンは、30代以降になると内臓疲労を起こしやすくなります。高齢者は、噛(か)む力が衰えて消化器に負担がかかるため、内臓も疲労しがちです。

季節でいうと、冷たい飲食物を日常的に取る夏は、最も内臓に負担がかかります。忘年会や新年会・クリスマスなど、暴飲暴食の機会が増える年末年始にも注意が必要です。

1-3.最近の傾向

昨今では、内臓疲労の対策がテレビで取り上げられるなど、注目されるようになりました。効果的な体操や内臓を休めるプチ断食なども行われています。インターネット上にも多くの情報がありますが、正しい情報を入手するように気をつけましょう。

1-4.生活や社会への支障、放っておくとどうなる?

内臓疲労が進むと、体は十分な栄養を取り込めなくなります。いくら食事をとっても、胃や腸の働きが悪いので、消化や吸収ができず、肝臓が疲労しているとエネルギーも生み出せないのです。肝臓は、神経ともつながっているため、自律神経の緊張や頭痛も引き起こし、眠りも浅くなります。

こうした状態が長く続くと、疲れは体全体に及び、消化器以外の機能低下も引き起こす恐れがあるのです。