産後の抜け毛

産後の抜け毛で悩んでいませんか? 脱毛の原因と対策方法を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

子どもを産んでから抜け毛が増えたような気がする。出産後、髪の毛がごっそり抜けるようになった。このような悩みを抱えている方は少なくありません。髪は女性の命ですので、抜け毛が増えて心配になる気持ちはよくわかります。

そこで今回は、産後に抜け毛が増える原因や対策をご紹介します。産後は、女性ホルモンのバランスが大きく変化する時期です。ですから、ある程度の抜け毛は心配いりません。しかし、女性ホルモン以外の原因で毛が抜け続ける場合は適切なケアが必要です。

産後の抜け毛が気になっている方や、妊娠中の今から抜け毛対策を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

産後に抜け毛が
増えるのはなぜ?

はじめに、産後に抜け毛が増える原因をご紹介します。どのような原因で抜け毛が増えるのでしょうか?

1-1.女性ホルモンの影響

妊娠すると、女性の体は胎児を育てるために女性ホルモンを盛んに分泌します。女性ホルモンには毛包幹細胞に働きかけ、育毛を促す効果もあるのです。ですから、妊娠中は抜け毛が減り髪の毛が増える女性もいます。出産後、女性ホルモンの分泌は妊娠前に戻りますが、その時に、妊娠中に抜けなかった髪の毛が抜け始めるのです。そのため、一時的に抜け毛が増えたように見えます。

1-2.ストレス

子育て中は強いストレスがかかることも珍しくありません。特に第一子を出産したお母さんは、育児になれるまで大変です。産後しばらくたってからの抜け毛は、ストレスが原因である可能性があります。

1-3.栄養不足

赤ちゃんの食事である母乳は、母親の血液から作られます。その中に含まれる栄養は、すべて母体内から集められたものです。ですから、栄養価の高い食事を取らないと、母親が栄養不足になって髪の毛が抜けてしまいます。

ミルク育児をしていても栄養不足にならないとは限りません。赤ちゃんのお世話を優先してお母さんが食事がおろそかになれば、やはり栄養不足から脱毛が起こります。

産後の抜け毛は
いつまで続くの?

産後の抜け毛は人によって個人差がありますが、約2~3か月は続きます。産後1か月以内が特にひどく、その後抜け毛は徐々に減少し、4か月が過ぎるころには一時的に毛髪が薄くなっていてもだんだんと元の毛量に戻るでしょう。

しかし、産後半年以上たっても抜け毛の量が多かったり、明らかに毛髪の量が少なくなっていたりする場合には、何らかの対策が必要です。

産後の
抜け毛対策

この項では、産後の抜け毛対策をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.抜け毛を気にしすぎない

どんな方でも産後は抜け毛が増えます。ごっそりと毛が抜けるとビックリするかも知れませんが、そういう時期だと思ってリラックスして過ごしましょう。抜け毛を過剰に気にするとそれ自体が強いストレスになり、余計抜け毛がひどくなってしまいます。

3-2.髪によい栄養素を取る

  • カルシウム
  • タンパク質
  • ビタミンB群
  • 亜鉛・ミネラル

これらの栄養素が髪に効果的です。これらの栄養素を含んだ食品を調理して食べるのが一番ですが、産後は赤ちゃんの世話で手いっぱいというお母さんも多いでしょう。ですから、手軽に食べられる食品を探しておくといいですね。

例えば、チーズはカルシウムやタンパク質が豊富に含まれています。ゴマやアーモンドをはじめとするナッツには、亜鉛やミネラル分が豊富です。ビタミンB群やタンパク質を含んだ魚や肉は、缶詰や湯せんタイプのレトルト食品を活用してもよいでしょう。ごはんを雑穀米にするのもおすすめです。

3-3.育毛剤などを利用する

産後4か月以上たっても抜け毛や薄毛が治らない場合は、育毛剤や育毛シャンプーで毛髪や頭皮のケアを行いましょう。今は、女性向けの商品も豊富です。

おすすめの育毛剤

エンジェルリリアン

エンジェルリリアンは、高保湿と低浸透にこだわった育毛剤です。育毛に欠かせないのが頭皮の健康。エンジェルリリアンでは高保湿成分で頭皮の乾燥を防ぎます。

また、女性ホルモンの影響で肌が敏感になっている方も少なくありません。そのため、あえて低浸透にこだわり頭皮の外から育毛をサポートします。セファランチン・カンゾウエキス・センブリエキスといった3つの育毛成分を配合しているのもポイントです。

「エンジェルリリアン」の詳細を見る

産後の抜け毛ケア
の注意点

この項では、産後に発生する抜け毛ケアの注意点をご紹介します。やってはいけないことにはどんなものがあるのでしょうか?

4-1.不用意に市販の育毛剤を使用しない

産後は女性ホルモンの変化により、肌質が変化することも珍しくありません。産後すぐに育毛剤を使用すると成分で肌がかぶれたり痛んだりすることがあります。抜け毛のケアより、まずは体の回復を優先させましょう。育毛剤や育毛シャンプーは産後3~4か月を過ぎたころから使用してください。

4-2.サプリメントや健康食品は注意書きを読む

母乳には、お母さんが食べたものがそのまま栄養素となって入ります。そのため、授乳中は食べ物にも気を使いましょう。サプリメントや健康食品は手軽に必要な栄養素が摂取できる便利なものですが、授乳中は摂取を控えた方がよいものもあります。ですから、食べたり飲んだりする前に、まずは注意書きをよく読みましょう。

4-3.睡眠時間を確保する

赤ちゃんの世話をするお母さんは、ただでさえ睡眠不足になりがちです。毛髪のケアも大切ですが、まずは睡眠時間を確保しましょう。

赤ちゃんは、生後半年を過ぎた頃から睡眠のペースが安定してきます。毛髪ケアはその頃から始めても間に合いますので、無理をしないようにしましょう。

4-4.ストレスをためない

ストレスも抜け毛の原因になります。育児中は中々リフレッシュの時間を設けるのは難しいですが、1時間でも自分の時間を確保できれば大分違うはずです。1時間くらいなら、夫や両親などにも預けられるでしょう。家族に協力してもらうことも大切です。

産後の抜け毛対策
まとめ

いかがでしたか? 今回は産後に抜け毛が増える原因や対策をご紹介しました。産後は生活ががらりと変わり、心身共に大変になるお母さんもたくさんいます。抜け毛にまでストレスを感じてしまうと、ますますつらくなってしまうでしょう。抜け毛は誰にでも起こりうるものと考え、肩の力を抜いて過ごしてください。ストレスをためないようにしていれば、抜け毛も減りやすくなります。