エアコンで喉が痛いのはなぜ? イガイガや腫れを起こす乾燥への対策

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

夏と冬はエアコンをつけっぱなしという方が多く、乾燥が気になりますよね。冬はエアコンなしでも空気が乾くため、エアコンは乾燥を助長する原因となるでしょう。室内の空気が乾くと、喉がイガイガすることがあります。喉の痛みが悪化し、体調不良を起こしてしまうことも少なくありません。エアコンを上手に使うためには、湿度管理も重要なポイントになります。また、喉のイガイガを放置した場合、発症しやすい病気についても覚えておきましょう。
今回は、エアコンで喉が痛くなるトラブルについてご紹介します。

この記事を読むことで、エアコンで喉がイガイガする原因や対処法がよく分かります。湿度管理の仕方についても覚えておきましょう。

01. エアコンによる喉のトラブルについて

エアコンで喉の腫れやイガイガを感じる方は多いものです。主な症状や原因などを見ていきましょう。

1-1.どんなトラブルがあるのか?

エアコンを使うと起こりやすい症状は、喉のイガイガ感と乾燥です。喉が腫れて痛む場合もあり、乾燥で声の枯れや肌のカサつきも引き起こします。風邪に似たような症状で、熱やだるさがないのが特徴です。

1-2.主な原因

エアコンを使うと空気中の湿気が下がり、室内が乾燥した状態になります。乾燥だけが原因で喉のイガイガを起こすのではなく、カビやほこりが関連している可能性もあるでしょう。フィルターを掃除していない場合は、有害物質による喉の炎症も起こしやすいのです。

1-3.放置するとどうなるのか?

エアコンによる喉の乾燥を放置した場合、喉の炎症が悪化する恐れがあります。咽頭炎や喉頭炎などに進行し、声枯れも引き起こすでしょう。喉は体内に細菌が入り込まないよう、潤った状態を保(たも)つのが理想です。乾いた状態では、治りにくい疾患に移行することも考えられるでしょう。また、カビやほこりが関連している場合、感染症を引き起こす可能性もあります。異常を感じたら、すぐに受診しましょう。