寒暖差アレルギーの症状・原因から対策・治療法まで徹底解説!

寒暖差アレルギーって何?症状・原因から対策・治療法まで徹底解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「暖かい部屋から屋外に出ると鼻水が止まらない」など、寒暖差アレルギーがあると困るものです。また、鼻水が出て鼻をかむと、女性はメイクが台無しになってしまいます。そこで、今回は、寒暖差アレルギーについて詳しく解説することにしましょう。つらい症状で困っている人は、必見ですよ。

この記事を読むことで、寒暖差アレルギーの原因を知り、適切に対処できるようになります。寒暖差の激しい環境を行き来するときのコツや、普段の生活での注意点もわかるので役立つことでしょう。まずは、基本からひとつずつ学び、必要な知識を身に付けてください。つらい症状を早く改善してしまいましょう。

01. 寒暖差アレルギーについて学ぼう

最初に、寒暖差アレルギーとは何かについて詳しく学びます。主な症状やアレルギー性鼻炎などとの違い、併発症状の種類なども理解しましょう。

1-1.寒暖差アレルギーとはどんな病気か

寒暖差アレルギーとは、気温差の激しい環境の中で移動した場合に起こる症状のことを言います。一定の条件で必ず症状が出ることもあれば、日によって出ないこともあるなど、個人差が大きいことも特徴です。普段は何も問題なく生活している人でも、寒暖差アレルギーに悩む人は多く存在します。

1-2.寒暖差アレルギーの主な症状

寒暖差アレルギーでは、以下のような症状が見られます。

  • くしゃみ
  • せき
  • 鼻水
  • 鼻づまり

また、上記の症状以外にも、時間差で不眠やイライラなどの症状が出てくることがあります。

1-3. 寒暖差アレルギーはどんなときに出る?

寒暖差アレルギーは、以下のような場面でよく見られます。いずれも、気温の変化が激しいときに起こるものです。

  • 暖房の効いた室内から寒い屋外に出入りしたとき
  • 冷房の効いた室内から暑い屋外に出入りしたとき
  • 朝起きて暖かい布団から出たとき
  • 気温が低い時期に脱衣場で服を脱いだとき

1-4.アレルギー性鼻炎などとの違いを理解しよう

アレルギー性鼻炎と違い、目のかゆみや充血などがなく、アレルゲン検査にも反応しません。また、寒暖差アレルギーの症状は数十分程度で消失することが多くなります。アレルギー性鼻炎のように、アレルゲンがある限り継続して発症するものとは明らかに異なるのです。また、風邪(かぜ)などの感染症と比べても、ウイルスなどの原因が存在しません。

1-5.寒暖差アレルギーの併発症状について

寒暖差アレルギーには、以下の併発症状を見ることがあります。

  • じんましん
  • 頭痛
  • のどの痛み・腫れ
  • 発熱
  • 息苦しさ
  • 動悸(どうき)
  • めまい・立ちくらみ

特に、時間が経過するほど症状がひどくなってくるときは注意してください。速やかに医療機関を受診しましょう。