動脈硬化が危険な理由と治療法やセルフケア方法を紹介

動脈硬化を放置すると危険な理由とは? 治療法やセルフケア方法も!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

動脈硬化の改善方法を知りたいと思いませんか? 動脈硬化は進行すると危険です。心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる病気を引き起こすこともあります。進行を食い止めるためには、危険因子を減らすために、自分自身で努力する必要があるのです。「サイレントキラー」の異名を持ち、初期の自覚症状がないことで知られる動脈硬化ですが、どうすれば早期発見が可能なのでしょうか。そして、進行を食い止めるためにはどうしたらよいのか、知っておくべきです。

この記事を読むことで、動脈硬化を改善する方法が分かるはずです。ぜひ参考にして実践してみてください。

01. 動脈硬化の基礎知識

まずは、動脈硬化という病気について解説します。

1-1.どんな病気なのか?

その病名から分かるように、動脈硬化とは動脈が硬くなる病気です。動脈は、心臓から送り出される血液を全身に運ぶ役割をしています。その動脈が硬くなると、どうなるでしょうか。血管の内側がもろくなり、血液の通り道が狭くなります。そうなると、酸素や栄養が行き渡らなくなり、臓器や組織に影響を及ぼすことになるのです。この病気の怖さは「気づきにくい」という点にあります。初期の段階では自覚症状がほとんどなく、気づいたときにはすでに重症化してしまっているケースが多いのです。

1-2.主な症状

初期や中期の段階では、ほとんど自覚症状がありません。しかし、血流が悪くなっていることで、手足の冷えや、指の爪が割れるといった軽い症状が現れることはあるでしょう。その症状が動脈硬化のサインであることに気づく人は少ないはずです。進行してくると、動脈硬化が起こった場所によってさまざまな症状が現れるようになります。たとえば、脳で起こった場合は、頭痛やめまい・立ちくらみ・耳鳴り・手足のしびれ・不眠などが主な症状です。足で起こった場合は、足のしびれや冷え・痛みというように特徴的な症状が出るため、注意して観察しておきましょう。

1-3.関連する病気

動脈硬化に関連する病気には、さまざまなものがあります。

1-3-1.高血圧

動脈硬化と高血圧には深い関係があります。高血圧によって動脈に強い圧力がかかると、動脈硬化を引き起こすのです。その逆で、動脈硬化が原因で高血圧になることもあります。血管が狭くなり血液の流れが悪くなると、改善するために心臓が拍動を強め、血圧が上昇してしまうのです。その結果、動脈硬化がさらに進行することになります。

1-3-2.心肥大

動脈硬化が進行すると、心臓が血液を送り出す際に、大きな負担がかかる状態になります。その結果、心臓が大きくなり、ポンプ機能が十分に働かなくなるのです。血液や酸素が十分に行き渡らなくなり、動悸(どうき)や息切れなどの原因になります。

1-3-3.心不全

動脈硬化の進行により心肥大になると、心臓の機能が低下して、最終的には心不全を起こします。体が重く感じる、少しの動きでも呼吸困難になるなどの症状が起こり、病院での治療が必要です。

1-3-4.心筋梗塞

心臓に栄養や酸素を供給するのが冠動脈です。この部分の動脈硬化が進行すると、冠動脈が狭くなって血液のかたまりが詰まり、血液が完全に流れなくなってしまいます。そして、心臓の筋肉が壊死(えし)してしまうのが心筋梗塞です。詰まった場所によっては命にかかわることもあります。