脚組み

足組みの癖がある方は必見!!健康に与える悪影響とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

いすに腰かけるとつい足組をしてしまう、という方は少なくありません。しかし、足を組んで座る癖をつけてしまうと、体に悪影響が出やすいのです。

そこで今回は、その悪影響を具体的にご紹介しましょう。体に悪いというだけでは、「分かってはいるけれど、やめられない」という方が多いと思います。また、いす自体が体に合っていないと足を組みやすくなるのです。ですから、つい足を組んでしまう人はいす自体を見直す必要があるかもしれません。

足を組む癖を何とか直したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

01. なぜ、足組みを
してしまうのか?

いすに座っているときに足組をするのは、大きく分けてふたつの理由があります。ひとつは、心理的な理由。足を組むことで警戒感や緊張感を表します。しかし、組んだ足の先が揺れている場合は全く逆の心理状態になるそうです。

ご存じの方も多いと思いますが、足は胸やお尻と同じようにセックスアピールが強い部分になります。ですから、女性が男性に向かって足を組み、つま先をゆらす動作は男性が気になっている証拠なのですね。また、男性が家で足を組んで新聞を読んだりテレビを見たりしているのは、リラックスしている証拠でもあります。

もうひとつの理由は、体といすのバランス。いすにはいろいろなサイズがあり、人にも身長差があります。いすが高すぎると、足が浮いてしまい体のバランスが不安定になりやすいのです。そこで、足組をすることで骨盤の一方に体重をかけて安定させようとします。また、腰かけ方が悪いと体のバランスが取りにくくなり、やはり足を組んでバランスを取ろうとするでしょう。