足組みがもたらす悪影響

足組みが癖になっていたら要注意!足組みがもたらす悪影響を解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

足組みが癖になっている人は、とても多いですよね。
今回は、足組みが引き起こす悪影響について知りたい人のために、詳しく解説しましょう。

この記事を読むことで、足組みがどんなに健康に悪影響をもたらすかがわかりますよ。

01. 足組みがもたらす悪影響はこんなにある!

足組みがもたらす悪影響は、想像以上に多いものです。
では、足組みが私たちにどのような悪影響を及ぼしているのか見ていきましょう。

1-1.下半身の血流が悪くなってむくむ

足組みをすると、足を組んだ部分でうっ血するため下半身の血流が悪くなります。
足を組んだ後に、靴がはきにくくなったり、靴下の跡が取れなかったりなどの経験をした人もいるでしょう。
下半身の血流が悪くなると、余分な水分の代謝がうまくいかないのでむくみの原因になります。
むくみが定着すると、足がだるく感じたり太くなったりするだけでなく、そのほかの血行障害も起きやすくなるので注意しましょう。

1-2.骨盤が歪(ゆが)んで姿勢が悪くなる

足組みをすると、骨盤が歪(ゆが)んでしまいます。
骨盤がちょっと歪(ゆが)んだぐらい大丈夫だろうと、軽視してはいけません。
骨盤が歪(ゆが)むと、体が無意識にバランスを取ろうとして姿勢が悪くなります。
また、骨盤が歪(ゆが)むことは姿勢を悪くするだけでなく、体のさまざまな部分に不調をもたらす原因になるでしょう。

1-3.肩こりや腰痛も引き起こす

足組みを行うことは、無意識に体のあらゆる部分に大きな負担です。
特に足組みの影響で出やすいのが、肩こりや腰痛。
骨盤が歪(ゆが)むことで、肩こりの原因になったり、体の歪(ゆが)みをカバーしようとして腰痛の原因にもなったりします。
重労働をしているわけでもないのに、原因不明の肩こりや腰痛に悩まされている人は、足組みの影響である可能性が高いでしょう。

1-4.心理面でもイライラの原因になる

足組みをすると、姿勢が悪くなるだけでなく、心理面でもイライラの原因になることがわかっています。
足組みが心理面に影響するとは、信じられない人もいるでしょう。
どうして足組みが心理面に影響するかと言うと、体のアンバランスな状態を無意識に不快に思うためです。
無意識にでも不快を覚えることで、イライラする原因になるとは足組みは甘く見てはいけませんね。