目の疲れを取る方法

目の疲れを取る方法を知りたい方必見! 原因と解消法を紹介します。

スマートフォンやパソコンの画面を長時間見続けていると、目の疲れを感じる。そんな経験がある方は多いことでしょう。私たちの周りには、目を酷使する製品があふれています。また、パソコンやスマートフォンの画面を見る姿勢も疲れ目の原因となることもあるのです。目の疲れは眼精疲労とも呼ばれ、そのまま放っておくと頭痛や肩こりの原因にもなります。

そこで今回は、疲れ目の原因や目の疲れを取る方法をご紹介しましょう。

疲れ目になりやすい原因や、解消法が分かっていれば目の疲れに悩まされることも少なくなります。目の疲れを予防する方法を知りたいという方や眼精疲労をできるだけ早く解消したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目の疲れについての基礎知識

はじめに、目の疲れ(眼精疲労)についての基礎知識を紹介します。目の疲れは、いつどのような時に起こりやすいのでしょうか?

1-1.目の疲れはなぜ起こる?

私たちの目は、カメラの機能によく例えられます。対象物にピントを合わせ、網膜上に像を結んで視神経を通して脳へ映像を送り届けるのです。このピント調節機能を行う役目を担っているのが、眼筋という目の周りにある筋肉になります。眼筋は筋肉の一種ですから、使い続ければ疲労するのです。眼筋が疲れてくると対象物にピントを合わせづらくなります。これが、疲れ目の代表的な症状であるかすみ目です。

まばたきの回数も、疲れ目の原因になります。私たちの目は、まばたきをすることによって水分を補給して目の表面が乾くのを防いでいるのです。しかし、何らかの原因でまばたきの回数が減ると、目の表面が乾いて痛みや不快感に繋がります。

1-2.眼精疲労が起こりやすい状況とは?

眼精疲労は目の使い過ぎによって起こります。この目の使い過ぎとは、一か所をじっと見つめ続けることです。例えば、スマートフォンやパソコンを使用している際、私たちはずっと液晶画面を見続けています。その間眼筋はずっと緊張し続けますし、まばたきの回数も少なくなるでしょう。つまり、どのような場所でも一点を集中して見つめる時間が長いほど、目が疲れやすくなるのです。

1-3.眼精疲労の代表的な症状とは?

  • 目がかすむ
  • 目がしょぼしょぼする
  • 目の奥が重く感じる
  • 目が痛い・不快感を覚える
  • 目の表面が乾く
  • 目が充血している

このような症状が起こったら、目が疲れている可能性があります。

1-4.目の疲れで全身症状が起こる原因とは?

目の疲れを感じると、頭痛・肩こり・吐き気・めまいといった症状を覚える方も珍しくありません。これらは、肩や首の筋肉が緊張することによって起こります。目が疲れてくるとピントを合わせずらくなるため、より眼筋に力が入ったり無理な姿勢で対象物を見るようになるのです。すると、肩や首の筋肉に無理な力がかかり、こりの原因になります。肩・首・頭の筋肉は繋がっているので、肩こりや首のこりが起こると締め付けられるような頭痛や、それに伴う吐き気が出ることもあるのです。

1-5.目が疲れやすい人とは?

  • 1日中パソコンやスマートフォンなどを見続けることが多い
  • 文章入力や計算など、集中力を要するパソコン作業を長時間行う
  • スマートフォンを見ていると、いつの間にか数時間がたっていることが珍しくない
  • 今のメガネやコンタクトレンズが合わないと思っている
  • パソコンやスマートフォンを使う時間が短くても、細かくて集中力を要する仕事を長時間行っている

このような方は、目が疲れやすくなっている可能性があります。

目の疲れが起こりやすくなる原因や危険性

この項では、目の疲れが起こりやすくなる原因と眼精疲労を放置しておく危険性をご説明します。目が疲れやすくなる原因にはなにがあるのでしょうか?

2-1.目の疲れが起こりやすくなる原因

2-1-1.作業環境

部屋が明るすぎたり逆に暗すぎたりしている場合や、部屋が乾燥しすぎている場合は目が疲れやすくなります。明るすぎたり暗すぎたりすれば、眼筋がピントを合わせるのに余計な力がかかるでしょう。また、部屋が乾燥しすぎている場合は、目の表面が乾きやすくなります。目の表面が乾くとかすみ目が起こりやすくなり、細かいゴミなどで角膜も傷つきやすくなるのです。かすみ目が起これば、目の焦点を合わせるのに余計な力がかかり、目が疲れやすくなります。

2-1-2.加齢

年齢が高くなるにつれ、目の水晶体が硬くなりピントを調節する筋肉の一種である毛様体筋(もうようたいきん)が衰え、対象物に焦点が合わせづらくなります。そのため、ピントを合わせるために余計な力をかけるようになり、目が疲れやすくなるのです。

最近は若い方でも、長時間手元でスマートフォンを見続けることによる激しい疲労で目の焦点が合わせづらくなる「スマホ老眼」が問題になっています。

2-1-3.長時間の集中

パソコンやスマートフォンを使って作業をしていると、いつの間にか時間が過ぎていたという経験をしたことのある方も多いでしょう。長時間集中して一か所を見つめ続けていると、それだけ目は疲れやすくなります。

2-1-4.メガネやコンタクトレンズが合っていない

近視や乱視の方はメガネやコンタクトレンズを使って視力の矯正をしています。視力は年齢などによって変化していきますが、長年同じメガネやコンタクトを使い続けていると、どうしても度が合わなくなってくるでしょう。すると、焦点を合わせるのに眼筋が余計な力を使うようになり、目が疲れやすくなります。

2-1-5.ストレス

強いストレスを感じていると、体がより疲労しやすくなります。また、ストレスが原因で睡眠不足などになっていても、眼精疲労が起こりやすくなるでしょう。

2-2.目の疲れを頻繁に感じる危険性

目の疲れを感じるということは、それだけ目を酷使しているということです。一晩眠れば治ると思っている方もいると思いますが、疲労が蓄積していくと視力の低下が起きたり老眼が早く来たりすることもあります。たかが目の疲れと放置しておくと、視力が低下して日常生活にも支障が出ることもあるでしょう。

また、眼精疲労の原因が病気の場合は一刻も早い治療が必要です。

2-3.眼精疲労が症状として現れる病気

2-3-1.白内障

白内障は目の中にある水晶体という部分が白濁してくる病気です。加齢によって発症することの多い病気で、現在は手術で回復することができます。目の疲れの他、目のかすみが代表的な症状です。

2-3-2.緑内障

緑内障は、網膜に結んだ像を脳に伝える視神経に異常が起こる病気です。徐々に視界が狭まり、やがて視力が失われることもあります。進行が非常にゆっくりな病気なので、ある程度症状が進まないと自覚できない方も多いのです。

2-3-3.ドライアイ

ドライアイは、何らかの原因で涙が出にくくなり目の表面が乾燥して角膜が傷つく病気です。目の痛みや不快感が代表的な症状で、ひどくなると視力の低下が起こることもあります。

2-4.こんな時は病院へ

  • 目の痛みや不快感が長期間消えない
  • 目がよくかすむ
  • 視野の端が欠けるような気がする
  • 視力が急に落ちた
  • まっすぐな線が歪んで見える

このような症状が出た場合は、至急眼科を受診してください。

目の疲れをセルフケアする方法

この項では、目の疲れをセルフケアする方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.適度な休憩を取る

眼精疲労を回復・予防するには、これが一番です。1時間パソコンやスマートフォンを見続けたら、遠くを見たり液晶画面から目を離したりするなどして10分ほどの休憩を取りましょう。
この際、3mほど遠くを見てから手元を見るということを10回ほどくり返すと適度に眼筋がゆるみます。

3-2.作業環境を整える

パソコンを使って長時間作業をする場合は、作業環境を調えましょう。バックライトを調節したり、パソコンディスクや椅子の高さを変えたりするだけでも目が疲れにくくなります。
また、窓際でパソコン作業をしている人は自然光で目が疲れやすくなるため、できるだけ部屋の中ほどに移動してください。部屋の湿度は加湿器などを使って40%~60%にするといいですね。

3-3.目薬やアイピローを使う

目の疲れや乾きを感じたら、目薬やアイピローなどを使ってみましょう。特に、目の乾きには涙と同じ成分の目薬がおすすめです。防腐剤が入っていないものを選びましょう。ただし、防腐剤が入っていない目薬は長持ちしないので早めに使いきることが大切です。

アイピローは、リラックスする香りや熱で目の周りにある眼筋の緊張をゆるめる効果があります。眼精疲労におすすめなのは、温めて使うホットアイピローです。横になってアイピローをまぶたの上に載せれば、お風呂にゆったり浸かった時のような効果が得られます。アイピローがないという場合は、ぬらして硬く絞ったタオルをレンジで1分ほど温めたものを使ってもよいでしょう。

3-4.メガネやコンタクトレンズを見直す

長年、同じメガネや度数の同じコンタクトレンズを使っている場合は、一度眼科でメガネやコンタクトが目に合っているかどうかを確認してもらいましょう。もし合っていない場合は、作り直す必要があります。また、加齢によって近眼が老眼に変化していくこともあるので、この場合もメガネ等の作り直しが必要です。

3-5.ツボ押しや体操をする

を大きく回して上下左右を見たり、まばたきをくり返すことで目の周りの筋肉がほぐれます。まばたきを20回ほどゆっくりとくり返し、最後はぎゅっと固く目をつぶってください。これだけで眼筋がずいぶんとほぐれるのです。

ツボ押しは、目の周りにある骨にそって指の腹で指圧を行いましょう。目の周りには筋肉をほぐすツボが集まっているため、これだけで筋肉がゆるんで目の疲れが取れやすくなります。また、こめかみを同じように指の腹でゆっくりマッサージをするように押してみてください。目が疲れていると、刺激が気持ちよく感じます。

3-6.サプリメントなどを利用する

眼精疲労の回復に効果のある物質は、アントシアニン・ルテイン・ゼアキサンチンなどです。この中でもアントシアニンはポリフェノールの一種で、強力な抗酸化作用があり、眼精疲労を和らげる効果が期待できます。このアントシアニンを多く含む食べ物が、ブルーベリーです。ブルーベリー由来成分を配合した眼精疲労の回復に効果が期待できるサプリメントも、たくさん販売されています。どうしても長時間パソコンやスマートフォンを使う生活がやめられない場合は、サプリメントを利用してみるのもいいでしょう。

眼精疲労におすすめのサプリメント

えんきん
 

えんきんは、ルテイン・アスタキサンチン・DHAなど目の疲れに効果的な成分を高配合したサプリメントです。現代人は、スマホやパソコンの仕様で目を酷使しています。目を使いすぎると目のピント調節機能が衰え、肩こりや頭痛・腰痛などの症状が起こりやすくなるのです。えんきんは、そんな衰えた目のピント調節を改善してくれます。

目の機能性表示食品「えんきん」について詳しく見る 

めばえ
 

めばえは、目の黄班部の色素を維持する働きを持つルテインを高配合したサプリメントです。現代人は、パソコンやスマホの画面を1日中見続けることも珍しくありません。めばえはそんな酷使されている目の調子を整え、見えにくさの改善が期待できるサプリメントです。

主成分のルテインは天然色素の一種ですが、体内で作ることはできません。ですから、食品やサプリメントから積極的に摂取する必要があるのです。めばえは効果が実証された機能性表示食品ですから、安心してお使いいただけます。

機能性関与成分ルテイン配合「めばえ」について詳しく見る 

目の疲れを感じやすい方のよくある質問

Q.パソコンやスマートフォン以外で、目が疲れやすい作業はなんでしょうか?
A.読書や裁縫・文章を書くなどは一点を長時間見つめやすく、目が疲れやすい作業です。

Q.目の病気を早めに見つけるにはどうしたらよいでしょうか?
A.定期的に眼科で検診を受けるのが一番です。

Q.メガネ店やコンタクトレンズ販売店に行けば、度数の合ったメガネを作ってもらえますか?
A.はい、作ってもらえますが、より万全を期したい場合は、眼科で処方箋を書いてもらいましょう。

Q .ドライアイは通常の目薬では治りにくいのですか?
A.一度ドライアイを発症してしまうと、市販の目薬ではあまり効果が期待できません。眼科を受診してドライアイ用の目薬を処方してもらいましょう。

Q .若い年代の人でも目が疲れることがありますか?
A.もちろんです。スマートフォンが手放せない方は特に注意してください。

おわりに

いかがでしたか? 今回は目の疲れが出やすくなる原因や目の疲れを取る方法をご紹介しました。目の疲れは、今は感じない人の方が珍しいでしょう。だからと言って放置しておいてはいけません。適度な休息を取るのはもちろんのこと、30代以降になったら定期的に眼科に通って目の検査を受けましょう。かかりつけの眼科を作っておくといいですね。