アトピー性皮膚炎の原因は何? 有効な治療法とはどのようなもの?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

全身の皮膚に湿疹やひどいかゆみが発生し、悪化と寛解(かんかい、全快とはいかないまでも症状がよくなること)をくり返すアトピー性皮膚炎。子どもの病気というイメージがありますが、大人になってから発症したという人もいます。悪化すると日常生活に支障が出ることも多く、悩んでいる方も多いことでしょう。

今回は、アトピー性皮膚炎の原因や治療法の一例などを解説します。

この記事を読めば、アトピー性皮膚炎の対策や予防法が分かります。アトピー性皮膚炎の症状に悩んでいる人やアレルギー体質の人は、ぜひ参考にしてくださいね。

01. アトピー性皮膚炎の基礎知識

はじめに、アトピー性皮膚炎の定義や症状・原因などを紹介します。通常の皮膚炎と何が違うのでしょうか?

1-1.アトピー性皮膚炎の定義

日本皮膚科学会では、以下のような症状が出る皮膚炎をアトピー性皮膚炎と定義しています。

  • かゆみのある湿疹が皮膚にできるのが主な症状である
  • アトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)を持っている
  • 悪化と寛解をくり返す

かゆみのある湿疹が症状である皮膚の病気はほかにもありますが、一度完治した後で再発しなければ、アトピー性皮膚炎ではありません。

1-2.アトピー性皮膚炎の原因と発生のメカニズム

アトピー性皮膚炎の原因は複数あり、人によって発病の条件が異なります。主な原因にはホコリ・ダニ・花粉などの環境的な要因と、ストレスなどの精神的な要因の2つがあるのです。症状が出るメカニズムとしては、

  1. 何らかの原因によって皮膚のバリア機能が失われる
  2. 保湿力が失われる代わりに、皮膚の深い部分にまでアレルゲンなどが入ってくる
  3. 湿疹かゆみなどが発生する
  4. かきむしることによって炎症が悪化し、拡大する

このような経緯をたどることが多いでしょう。この皮膚のバリア機能を失わせる原因が、アレルゲンであったりストレスであったりします。ですから、一概に「これがアトピー性皮膚炎の原因だ」と断定することはできません。同じ物質でも問題ない人もいれば、それがアトピー性皮膚炎の原因となる人もいます。

1-3.アトピー性皮膚炎を発症しやすい人

アトピー性皮膚炎は、すべての年代・性別で発症する可能性のある病気です。その中でも、自分や両親・兄弟などが花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー性の病気を発症している人や、血液中にIgE抗体というアレルギーの原因になる抗体が多い人ほど、発症しやすいでしょう。ただし、両親や兄弟がアレルギー性の病気だったり、IgE抗体が多かったとしても発症しない人もいます。