アトピー性皮膚炎の原因は何? 有効な治療法とはどのようなもの?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

全身の皮膚に湿疹やひどいかゆみが発生し、悪化と寛解(かんかい、全快とはいかないまでも症状がよくなること)をくり返すアトピー性皮膚炎。子どもの病気というイメージがありますが、大人になってから発症したという人もいます。悪化すると日常生活に支障が出ることも多く、悩んでいる方も多いことでしょう。

今回は、アトピー性皮膚炎の原因や治療法の一例などを解説します。

この記事を読めば、アトピー性皮膚炎の対策や予防法が分かります。アトピー性皮膚炎の症状に悩んでいる人やアレルギー体質の人は、ぜひ参考にしてくださいね。

アトピー性皮膚炎の基礎知識

はじめに、アトピー性皮膚炎の定義や症状・原因などを紹介します。通常の皮膚炎と何が違うのでしょうか?

1-1.アトピー性皮膚炎の定義

日本皮膚科学会では、以下のような症状が出る皮膚炎をアトピー性皮膚炎と定義しています。

  • かゆみのある湿疹が皮膚にできるのが主な症状である
  • アトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)を持っている
  • 悪化と寛解をくり返す

かゆみのある湿疹が症状である皮膚の病気はほかにもありますが、一度完治した後で再発しなければ、アトピー性皮膚炎ではありません。

1-2.アトピー性皮膚炎の原因と発生のメカニズム

アトピー性皮膚炎の原因は複数あり、人によって発病の条件が異なります。主な原因にはホコリ・ダニ・花粉などの環境的な要因と、ストレスなどの精神的な要因の2つがあるのです。症状が出るメカニズムとしては、

  1. 何らかの原因によって皮膚のバリア機能が失われる
  2. 保湿力が失われる代わりに、皮膚の深い部分にまでアレルゲンなどが入ってくる
  3. 湿疹かゆみなどが発生する
  4. かきむしることによって炎症が悪化し、拡大する

このような経緯をたどることが多いでしょう。この皮膚のバリア機能を失わせる原因が、アレルゲンであったりストレスであったりします。ですから、一概に「これがアトピー性皮膚炎の原因だ」と断定することはできません。同じ物質でも問題ない人もいれば、それがアトピー性皮膚炎の原因となる人もいます。

1-3.アトピー性皮膚炎を発症しやすい人

アトピー性皮膚炎は、すべての年代・性別で発症する可能性のある病気です。その中でも、自分や両親・兄弟などが花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー性の病気を発症している人や、血液中にIgE抗体というアレルギーの原因になる抗体が多い人ほど、発症しやすいでしょう。ただし、両親や兄弟がアレルギー性の病気だったり、IgE抗体が多かったとしても発症しない人もいます。

アトピー性皮膚炎の影響

この項では、アトピー性皮膚炎の影響について解説します。どのような影響があるのでしょうか?

2-1.アトピー性皮膚炎の弊害

アトピー性皮膚炎は、命にかかわる病気ではありません。しかし、悪化と寛解をくり返すので、たとえ皮膚がきれいになっている状態が長く続いても、何かのきっかけで悪化する可能性があります。また、何がきっかけで発症・重症化するのかがはっきりとわかっていないため、現在の医学では症状が出てから対症療法するしかありません。
さらに、患部をかきむしると見た目も悪くなり、日常生活に支障が出たり、傷口から細菌感染を起こして、白内障や心筋炎などを引き起こすこともあります。

2-2.アトピー性皮膚炎の患者数

アトピー性皮膚炎の患者数ははっきりと判明していませんが、症状の差はあれ、100万人以上の人が苦しんでいると推測されているのです。大人よりも子どもに患者数が多く、15歳以下の子どものうち5%がアトピー性皮膚炎を発症しているという報告もあります。

2-3.大人と子どものアトピー性皮膚炎の違い

一昔前までは、アトピー性皮膚炎は赤ちゃん~思春期までに発症する病気で、年齢が上がるにしたがって症状が軽くなり、やがて出なくなるというイメージがありました。現在でも、そのような経緯をたどる患者さんも多いでしょう。しかし、前述のとおり、アトピー性皮膚炎は完治が難しい病気です。成人になってから再発することも決して珍しくありません。
また、子どものアトピー性皮膚炎がホコリ・ダニ・花粉などの環境要因が主な原因で発症するのに対し、大人の場合は環境要因に加えてストレスが発症や再発の引き金になりがちです。症状も、発疹やかゆみだけでなく皮膚がざらざらしたり、皮膚の色素が沈着したりしてしまうこともあります。さらに、顔や首筋・手首からひじにかけてなど目立つ場所に症状が現れることも多く、日常生活に支障が出ることも珍しくありません。
なお、大人になってからはじめてアトピー性皮膚炎を発症したというケースもあり、この場合はより症状が重く出ることが多いでしょう。

アトピー性皮膚炎の治療法について

この項では、アトピー性皮膚炎の治療方法や予防方法などを解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.アトピー性皮膚炎は完治するの?

現在の医学では、アトピー性皮膚炎を確実に完治させる方法はありません。そのため、アトピー性皮膚炎の症状が出なくなった場合は、寛解(かんかい)という呼び方をします。乳幼児期にアトピー性皮膚炎を発症した場合は、体が抵抗力をつけるにつれて症状が出にくくなる人もいるでしょう。しかし、前述のとおり何かのきっかけで成人後に再発する人もいます。アトピー性皮膚炎は、症状を出にくくし、再発を防いで一生付き合っていく病気、と考えればよいでしょう。

3-2.アトピー性皮膚炎の治療方法

アトピー性皮膚炎が疑われる場合は、まず皮膚科を受診しましょう。素人では、ほかの皮膚病とアトピー性皮膚炎の区別はつきません。また、アレルギーの検査ができる皮膚科もありますので、皮膚の状態を確かめてアレルギー検査を行って、アトピー性皮膚炎と診断されることが多いでしょう。

アトピー性皮膚炎の治療方法は、皮膚を清潔にして症状を抑え、皮膚のバリアを再形成していく方法が一般的です。症状を抑えるには抗ヒスタミン剤やステロイドを処方されることも多いのですが、正しく使用すれば、症状を的確に軽減させることができます。なお、ステロイドは症状が軽減してきたら徐々に量を減らしていき、最後には全く使わずに済むようになりますので過剰に心配することはありません。

また、皮膚の表面にはさまざまな菌が常駐しており、その中でも黄色ブドウ球菌がアトピー性皮膚炎の症状を悪化させることが分かっています。ですから、皮膚の表面を清潔に保ち、保湿をすることで炎症の悪化を防ぎバリアを再形成していくことができるでしょう。
時間はかかりますが、根気強く行っていけば症状が悪化したまま治らない、ということはありません。

3-3.セルフケア・予防方法

アトピー性皮膚炎は、ホコリやダニ・花粉などの環境要因でも悪化します。ですから、こまめに掃除を行い、生活空間を清潔にしましょう。これは、アトピー性皮膚炎の再発や発症を予防する効果もあります。特に、スギやヒノキの花粉が飛び交う春先は、空気清浄機を導入し、洗濯物を室内干しにするなど対処が必要です。

また、ストレスもアトピー性皮膚炎を悪化させます。強いストレスが体にかかっていることが自覚できる場合は、早めに寝たり休日はリラックスして過ごしたりして、ストレスを発散させましょう。ただし、暴飲暴食でストレスを発散させると胃腸に負担がかかり、かえって症状が悪化する恐れもあります。

3-4.注意点

アトピー性皮膚炎には、さまざまな民間療法があります。少しインターネットを検索するだけで、さまざまな療法がヒットするでしょう。これらの中には効果があるものもありますが、やはり病院で治療を受けるのが一番です。民間療法はあくまでもセルフケアの一つとして利用するとよいでしょう。
また、患部をかきむしるとそこから細菌感染が起こる場合もあります。患部が熱を持っている場合や、腫れている場合はすぐに皮膚科を受診して下さい。かゆみを抑えるためには薬剤のほか、患部を冷やすと効果的です。

基礎化粧品で肌のバリア機能を高める

アトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚疾患です。基礎化粧品によって肌のバリア機能を健全に保つことで改善に繋がるでしょう。

バリアバランス保湿ジェル1」は、皮膚のバリアに着目したオールインワンジェルです。3種類のセラミド・ヒアルロン酸がお肌の乾燥をブロックし、しっかり保護します。また、肌を柔らげる「エモリエント成分」として、ホホバオイル・オリーブスクワランが配合され“潤い”を持続。さらに、エッセンシャルオイルとして、ヨーロッパアカマツ・ティーツリーを配合しているので気分をリフレッシュすることもできます。オールインワンジェルなので、乳液・クリームは不要です。無添加で低刺激のため、アトピー性皮膚炎で悩む子供から大人まで安心して使用することができます。

アトピー性皮膚炎に関するよくある質問

Q.アトピー性皮膚炎は、身に着けるもので悪化することがありますか?
A.汗を吸わない素材は、皮膚の上で雑菌が繁殖しがちです。肌着等は木綿がおすすめでしょう。

Q.アトピー性皮膚炎は遺伝しますか?
A.アレルギー体質が遺伝性ですので、必ずではありませんが遺伝する場合もあるでしょう。

Q.アトピー性皮膚炎の治療は、皮膚科で行うのですか?
A.はい。基本的には皮膚科で行います。白内障などの合併症が出た場合は、眼科なども受診しましょう。

Q.アトピー性皮膚炎は、食生活で悪化しますか?
A.ビタミン・ミネラルなどが不足すると体の抵抗力が落ち、症状が悪化することもあるでしょう。

Q.アトピー性皮膚炎が、感染することはありますか?
A.ウィルスや細菌が原因ではありませんので、感染することはありません。

おわりに

いかがでしたか? 今回はアトピー性皮膚炎の治療法や原因を解説しました。アトピー性皮膚炎は何かの拍子で突然悪化することもあり、症状の改善にも時間がかかる厄介な病気です。しかし、皮膚の保湿や清潔さを保っていれば症状も改善しやすいでしょう。焦らずに治療を続けていくことが大切です。