背中ニキビの原因

背中ニキビの原因は? 背中のぶつぶつを改善・予防する方法を紹介!

背中ニキビとは、文字どおり背中にできるニキビのことです。ニキビというと顔にできるというイメージですが、背中は皮脂を分泌する皮脂腺がたくさん通っており、ニキビができやすくなっています。しかも、背中ニキビは顔にできるニキビと違って気がつきにくいため、気づいたときには痛みや痒みが出るほど悪化しているということも少なくありません。

そこで今回は、背中ニキビの原因と治療法・予防法をご紹介します。

背中ニキビの対処法や予防法を知って早めに対策をとりましょう。背中ニキビに悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

背中ニキビの
原因や特徴とは?

はじめに、背中ニキビの原因や特徴、発生のメカニズムを紹介します。顔ニキビと何が異なるのでしょうか?

1-1.背中ニキビ発生のメカニズム

背中ニキビは、主に肩甲骨の周辺にできます。前述したように、その辺りは皮脂腺がたくさん通っている場所です。皮脂腺は文字どおり皮脂を分泌する腺で、ここから分泌された皮脂が肌を乾燥から守ります。しかし、何らかの原因で皮脂の分泌が過剰になってしまうと、老化してはがれた皮膚が混じり合って角栓を作り、毛穴を詰まらせるのです。これによって、背中ニキビとなってしまいます。

1-2.背中ニキビの特徴や問題点

背中は顔と違って鏡をのぞけば見える部位ではありません。洗う場合もタオルでごしごしこすっておしまいという方が多いでしょう。そのため、ニキビが悪化してかゆみや痛みが出てから初めて気がつくという方もたくさんいます。

また、背中は汚れを落としにくい部分です。背中がしっかり洗えているかを毎日確認するという方は少ないでしょう。ですから、角栓づまりが起きても解消しにくく、たくさんのニキビが一度にできることもあります。

1-3.背中ニキビができる原因

背中ニキビができる原因は大きく分けて2つあります。一つはストレス。もう一つは生活習慣と食生活の乱れです。強いストレスを長期間感じると交感神経が活発になり、男性ホルモンの量が増えます。すると皮脂の分泌量も増えて毛穴がよりつまりやすくなるのです。

食生活や生活習慣が乱れると皮膚は再生能力を低下させ、ニキビができやすくなります。また、炎症も起きやすくなるでしょう。

背中ケアの難しさも、ニキビを悪化させる一因です。顔にできるニキビの治療薬はたくさん販売されていますが、背中ニキビの治療薬はそれほどたくさん販売されていません。また、洗った後で保湿に気を配る方もごくわずかです。

背中ニキビの
改善法

この項では、背中にニキビができてしまった場合の改善法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

2-1.保湿に気を配る

ニキビを改善するには、洗浄はもちろんのこと肌の保湿も大切です。ニキビができてしまったら顔と同じように丁寧に優しく洗浄してください。ナイロンのあかすりやタオルなどでごしごしこすってはいけません。柔らかいボディスポンジに石けんを泡立てて撫でるように洗います。その後はしっかりと保湿しましょう。保湿をすることで毛穴を乾燥から守り、引き締め効果が期待できます。専用のケア用品などを使ってもいいですね。

2-1-1.おすすめのケア商品

ルフィ―ナ

ルフィ―ナは、背中ニキビのケア専門の化粧品です。肌のハリと潤いを保つ低分子コラーゲンや高保湿成分であるヒアルロン酸・カモミラエキスなどの成分を配合し、乾燥を防いで肌本来の力を引き出します。

ルフィ―ナのすごいところは今できているニキビだけでなく、ニキビ跡のケアや背中ニキビの予防ができるということ。鉱物油やパラペンといった科学成分が入っていないため、幅広い肌質の方にお使いいただけます。

「ルフィーナ」の詳細を見る

パルクレールジェル

パルクレールジェルは、ニキビケアだけでなく、化粧水・乳液・美容液など八つの役割をこなすオールインワンジェルです。背中ニキビは、皮脂の異常分泌だけでなく乾燥や肌荒れなど、いろいろな要因が絡まり合って起こります。ですから、乾燥やニキビケアだけの効果を持つ化粧品では十分なケアができません。

パルクレールジェルは、美容成分プラセンタとニキビケアの効果を持つアラントインを高濃度で配合しているので、ニキビケアだけでなく、美肌効果も期待できます。

「パルクレールジェル」の詳細を見る

メルシアン

メルシアンは、何度も繰り返す背中ニキビにも効果的なケア用品です。汗や洋服の摩擦といった外部刺激から肌を守り、乾燥を防ぎます。美白・アンチエイジング・毛穴引き締めなどの効果が期待できるアーティチョークエキスに加え、高濃度プラセンタも配合! 背中に塗りやすいスプレー式なのもうれしいですね。

「メルシアン」の詳細を見る

2-2.食生活を見直す

ビタミンCは皮脂の過剰な分泌を抑え、ビタミンB群は肌の再生能力を高めます。ミネラルは体のバランスを整え、食物繊維は便秘解消にも効果が期待できるのです。便秘になると排出されずに溜まっていく便から発生した毒素が皮膚から排出され、肌荒れの原因になります。ビタミン・ミネラル・食物繊維などを効率よく摂取するには、野菜や果物が効果的です。

忙しいからと外食やコンビニに食事を頼っている方は要注意。外食やコンビニ弁当ばかりの生活ですと、ビタミンやミネラルが不足して炭水化物や脂質が摂取オーバー気味になりやすいのです。

仕事などで忙しくどうしても食事に手間暇を割く余裕がない場合は、サプリメントや健康食品を利用しましょう。

2-3.生活習慣を改める

通常、肌は睡眠中に自己修復し、健康な状態を保っています。そのため、睡眠不足は肌にとって大敵です。また、過度の飲酒や喫煙も肌荒れを招きます。早寝早起きを心がけて、過度な飲酒・喫煙は避けるようにしてください。

2-4.ストレスをためない

強いストレスを常時感じている自覚がある方は、解消方法を考えましょう。努めて休息と睡眠を多めにとるだけでも違います。暴飲暴食や飲酒・喫煙でストレスを解消している場合は、他の方法を考えましょう。

2-5.赤くはれたニキビは病院へ

赤く腫れて痛みやかゆみを伴うニキビは、毛穴に詰まった皮脂や角質が炎症を起こしているために発生します。無理につぶすと跡になり、放っておけば膿がたまってしまうこともあるでしょう。

赤いニキビが背中にできてしまった場合は、皮膚科を受診してください。炎症の治療は医薬品でないとできません。自己流の手当てはかえって症状を悪化させる恐れもあるので注意してください。

背中ニキビの
予防方法

この項では背中ニキビの予防方法をご紹介します。できることから実践してみてください。

3-1.生活習慣と食生活に気を配る

背中ニキビは生活習慣と食生活に気を配るだけでかなり予防ができます。夜更かしを避け、野菜や果物を積極的に取りましょう。野菜や果物を調理する暇がないという場合は、カットフルーツや野菜ジュース・冷凍フルーツなどでもOKです。ヨーグルトに冷凍フルーツをかけるだけでも、おいしくて栄養バランスのよいデザートができます。

3-2.着るものに気を配る

ポリエステルなど化繊の服は汗を吸わないので、背中の皮膚に汚れがたまりやすくなります。また、夏は背中のあいた服を着る方も大勢いますが、直射日光は肌が傷む原因です。背中のあいた服を着る場合は背中にも日焼け止めを塗り、外を歩く時は1枚薄い上着を羽織りましょう。これだけでもずいぶん違います。冬場でも、暖房の効いた場所に長時間いる場合は、入浴時に汗をしっかりと流してください。

3-3.肌をこすりすぎない

背中にニキビができている方は、肌のこすりすぎに注意してください。ニキビをなんとかしたいからとゴシゴシこすってしまうと、肌が傷ついて余計悪化してしまう恐れもあります。ボディースポンジなどで優しく洗ってください。

背中ニキビに関する
よくある質問

Q.背中のニキビがかゆくてどうしようもありません。
A.かきむしるとニキビは余計に悪化します。保冷剤で冷やせば痛みが和らぎますので、かゆみが和らいだらできるだけ早く皮膚科を受診しましょう。

Q.背中のニキビをつぶしてしまいました。
A.いじらずにそっとしておきましょう。出血しているようならば清潔なコットンで傷口をおさえておきます。

Q.背中のニキビは肩甲骨の周り以外にはできないのでしょうか?
A.一番できやすいのがそのあたりですが、ひどくなると背中の半ばまで炎症が広がることもあります。

Q.ニキビの治療中に気を付けることはあるのでしょうか?
A.むやみにいじらず、刺激を避けましょう。食事はビタミンやミネラルが豊富なものを取ってください。

背中ニキビ対策
まとめ

いかがでしたか? 今回は背中ニキビができる原因や改善・予防法をご紹介しました。背中ニキビは一度できると再発をくり返し、跡になってしまうことも珍しくありません。しかし、適切なケアさえしていればきれいな背中に戻すこともできます。背中ニキビができてしまったら、ケア用品などを利用して早めに対処しましょう。