膝の裏の痛みの原因と考えられる病気

膝の裏が痛い人必見! 痛みの原因と考えられる病気を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

膝の裏が痛いという症状に悩まされていませんか? 一時的なものであればあまり気にはなりませんが、常に痛みを伴っていたり定期的に痛んだりする場合は病気が潜んでいる可能性もあるのです。この記事では、膝の裏の痛みについて、原因や考えられる病気、対処法などをご紹介します。

この記事を読むことで、膝の裏が痛む原因や病気の可能性を知ることができます。膝の裏の痛みで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

膝の裏の
痛みとは

膝の裏の痛みを改善するためには、「膝のどの部分が痛みを感じているのか」を明確にする必要があります。そのためにも、膝周りの構造についてある程度認識しておきましょう。

1-1.膝裏のメカニズム

膝裏の作りがどうなっているのか、詳しく知っている人はなかなかいないでしょう。まず、膝裏を正面から見たときに目につくのが十字靭帯(じんたい)です。これを中心にして、半月板・側副靭帯(そくふくじんたい)・腓骨(ひこつ)・脛骨(けいこつ)・大腿骨(だいたいこつ)・関節軟骨などが膝を構成しています。

1-2.筋肉と神経・リンパ管の構造について

1-2-1.神経

脳や脊髄を中心として、全身に伸びている神経を「末梢(まっしょう)神経」と言います。これは、「体性(たいせい)神経」と「自律神経」の2つによって構成されているものです。

前者は体全体が感じた情報を脳に伝えたり、各部位の動きをコントロールするための神経を指します。後者は自分の意思とは関係なく働く神経で、主に心臓の拍動や腸の蠕動(ぜんどう)運動に働きかけているのです。

そして、この末梢神経のうち「坐骨(ざこつ)神経」と「腓骨神経」と呼ばれる神経が膝周りを囲んでいます。前者は体内において最も太い神経とされており、膝の屈曲を行うためには必要不可欠です。後者は坐骨神経から分離し、膝の外側を回り込むようにして足先まで伸びています。この神経は圧迫や外傷によるダメージを負いやすく、歩行障害にもかかわっているのです。

1-2-2.筋肉

膝の骨周りについている筋肉は、骨格筋と言います。この中には毛細血管が張り巡らされ、筋肉を動かすのに必要な酸素やブドウ糖の供給が行われているのです。また、中枢神経からの指令を末梢神経が受け取り、それを各部位に伝達することで筋収縮が起こります。私たちが膝を自由に曲げたり伸ばしたりできるのは、この伝達が正常に行われているからこそなのです。

1-2-3.リンパ腺

リンパ腺は、体全体に張り巡らされており、中にはリンパ液が流れています。リンパ液とは、血液の中にある血漿(けっしょう)が染み出してできた液体です。体内のいらないものや老廃物はリンパ液に流れ込み、リンパ腺の中でろ過されます。こうして、体の中にあるふよう不要なものが処分されているのです。

1-3.膝裏の働き

膝裏は骨や筋肉・軟骨・リンパ腺・血管などさまざまなもので構成されていると、お分かりいただけたでしょう。これらの組織が簡単に離れないように、靭帯が膝裏組織を結合しています。筋肉で膝が動き、軟骨で骨同士がすり減るのを防ぎ、血管で筋肉を動かすために必要な栄養素が運ばれ、靭帯で膝を安定させ動きの制御を行っているのです。このように、それぞれの働きによって私たちの膝は構成されています。

膝の裏が痛い!
原因にはどんなものがある?

膝の裏が痛む原因には、さまざまなものが挙げられます。主な原因について、ここでご紹介しましょう。

2-1.痛みの主な原因について

2-1-1.疲労

膝裏の痛みに悩まされる人の中には、健康維持やダイエットを目的に、ウォーキングやランニングを始めたというケースが多いです。突然の運動によって膝周辺の筋肉・筋に負荷がかかると、その部分が疲労して痛みを伴うことがあります。少しずつ筋肉や筋を慣らすようにして、なるべく負担がかからないようにしましょう。安静にしている状態でも痛みがある場合は、整体などに行って早めに改善してください。

2-1-2.運動

陸上競技やジャンプすることが多いバスケットボール・バレーボールなどのスポーツ、ラグビーやサッカーのように選手同士の接触が多い運動は下半身を酷使(こくし)しがちです。急な方向転換やダッシュ、ジャンプなどはこうしたスポーツの基本ですが、膝にも大きな負担がかかります。

また、ダイエットや運動不足の解消を目的にウォーキング・ランニングをする人もいるでしょう。この場合、それまであまり使わなかった膝に突然負荷をかけることになるため、膝の痛みを起こしやすいです。特に、運動に慣れていないうちからランニングなど激しい運動をすることはおすすめできません。

2-1-3.膝が反(そ)っている

膝の関節は内側に曲げることはできますが、外側にはできません。180度伸ばした状態が精一杯ですね。しかし、本来の可動域以上に曲がってしまう「反張膝(はんちょうひざ)」になると、膝を伸ばしたときまっすぐにならず、外側に反ってしまいます。こうなると膝関節(しつかんせつ)に負荷がかかり、不安定な感覚がしたり膝がぐらぐらしたりするのです。さらに状態が悪化すると、痛みを伴うほか力を入れにくくなります。特に、膝を反った姿勢を維持することが多いバレリーナによく見られる症状です。

2-1-4.姿勢が悪い

膝は常に私たちの体重を支え、脚の動きをコントロールしています。そのため、日頃の姿勢が悪いだけでも、余計な負担をかけてしまうのです。正しい姿勢を意識して、普段から膝を労(ねぎら)っていきましょう。

まず、立ったときの正しい姿勢ですが、顎を引いて背筋を伸ばしてください。このとき、頭頂部から伸びている紐(ひも)を上に引っ張られているような感覚をイメージすると良いでしょう。その状態で、体の重心は脚の親指に集中させます。肩の力を抜き、膝に力をいれないように意識して軽く曲げた状態にしましょう。これが、最も膝に負担のかからない立ち姿勢となります。

座るときは、なるべく椅子を使いましょう。どうしても椅子を使わずに座る必要がある場合は、脚を投げ出した状態で座ることをおすすめします。あぐらをかいたり正座をしたり、立て膝で座るのはNGです。

2-1-5.腰痛

腰痛と膝の痛み、一見すると全く関係のないものに見えますね。しかし、腰痛に悩まされている人は無意識に腰をかばおうとするため、姿勢が悪くなるのです。その結果、膝に負担をかけて痛みにつながります。膝に痛みがあるけどレントゲンなどでは異常なし、という場合は腰痛が原因であることも多いです。

2-1-6.成長痛

3歳~10歳の子供を対象に見られるのが、成長痛です。成長期の筋肉と骨の発達がアンバランスになることで起こると言われています。成長痛による膝の痛みは、次のような特徴があるので分かりやすいです。

  • 発熱はない
  • 夕方以降に痛みが出る
  • 1時間ほどで痛みがおさまる
  • 痛む場所がころころ変わる

2-1-7.リンパの滞り

膝裏には、たくさんのリンパ腺が集中してると言われています。運動不足や冷え性、座りっぱなしの作業などが原因となってリンパの流れが滞り、膝が痛むようになるのです。特に、膝の痛みと同時にむくみの症状も現れている場合は、リンパの滞りが原因の可能性が高いと言えます。

2-1-8.そのほかの原因

上記でご紹介したもの以外で考えられる原因としては、

  • 加齢によって軟骨がすり減るため
  • 何らかの病気を発症している
  • 靭帯や筋肉などに炎症が起きている

などが考えられます。

膝の裏が痛い!
考えられる病気は?

病気が原因で、膝の裏が痛むこともあります。ここでは、膝の裏に痛みを伴う病気をご紹介しましょう。

3-1.変形性膝関節症

高齢者や肥満体質、激しいスポーツをする人に多い病気です。慢性的な膝の痛みに加えて、次のような症状が出ている場合、この疾患である可能性が高まります。

3-1-1.主な症状

初期段階では、痛みを感じても体を動かすとおさまるため、気にしないまま悪化させるケースが多いです。悪化してくると、慢性的な膝の痛みに悩まされるほか、次のような症状が出てくるようになります。

  • 階段・坂道の昇り降りで痛みを感じる(下りの方が痛みがひどく、関節が腫れることもある)
  • 膝を動かすときに違和感がある(膝を自由に曲げ伸ばししづらく、関節がこわばった感覚がある)

ひどくなってくると、正座をしたり歩いたりするのも困難になってきます。

3-1-2.原因

膝の関節を作っている軟骨や骨が、変形したりすり減ったりすることが主な原因とされています。骨がすり減ることでできた欠片(かけら)が膝周辺の組織を刺激すると、そこに炎症が生じるのです。その結果、関節内にある液体「関節液」が通常よりも多く分泌され、膝に水がたまります。このため、膝を動かすときに違和感や痛みを感じるのです。

変形性膝関節症は、自然な老化現象とも言われており、主に中年以降の人によく見られます。中高年者に起こる膝の痛みは、ほとんどこの病気が原因とされているほど、代表的な疾患です。

3-1-3.対処法

症状のレベルや、膝の変形具合によってさまざまな治療が行われます。

まず、保存的療法では4種類の治療を中心に行われており、その1つが温熱療法です。これは、患部を温めることで血行を促進させ、痛みを軽減することを目的に行われます。

2つめは薬物療法です。消炎鎮痛剤や湿布を処方して、痛みを軽減させながら経過を見ます。また、膝に水がたまっている場合はそれを防ぐために関節内にステロイド剤などの薬物注射を行うこともあるでしょう。

3つめの装具療法では、サポーターなどを使って膝を固定し、痛みを和らげます。

4つめは運動療法です。膝に負担をかけないような柔軟体操などを行うことによって、関節のこわばりを緩和させます。また、太もも前面にある筋肉は膝関節を支えている重要なものです。ここのトレーニングを行うことで、膝を動かしやすくできます。ただし、この場合は結果を実感するまでに時間がかかるため、長期的に続けていく必要があるでしょう。

3-2.ベーカー嚢腫(のうしゅ)

3-2-1.主な症状

膝の裏側にゴルフボールくらいのふくらみができる病気です。関節液が過剰に生成され、滑液包(かつえきほう)にゼリー状の嚢腫を作ってしまうため、このような症状が現れます。

3-2-2.原因

膝が反りすぎていると、地面と体重からかかる負担をうまく逃がすことができなくなります。その結果、膝関節に疲労がたまり、代謝も低下するため防御反応として過剰な関節液が分泌されるのです。

3-2-3.対処法

初期段階の嚢腫であれば、指で強く押すだけで潰れて治る場合もあります。ただし、再発する可能性があるため医師による適切な処置が必要です。包帯を使って膝を固定することで、時間をかけながら自然治癒を行います。

3-3.後十字靭帯(こうじゅうじじんたい)損傷

後十字靭帯とは、大腿骨と脛骨をつなぎ膝を安定させている靭帯です。特に、脛骨が後ろにずれないようにする働きを持っています。この靭帯が何らかの原因で損傷すると、次のような症状が現れるでしょう。

3-3-1.主な症状

安定度が低下するため、膝が後方にぐらつきやすくなるほか、時間が経過してくると関節の中に血がたまり、腫れてきます。ひどくなってくると、膝が曲がりにくくなるでしょう。

3-3-2.原因

後十字靭帯損傷は、膝下(ひざした)の脛骨が膝上の大腿骨よりも後ろに押し込まれる衝撃が加わることで起こります。主にラグビーやサッカーなど選手同士による接触事故が起こりやすいスポーツで起こる可能性が高いです。

3-3-3.対処法

ずれてしまった部位をテーピングやギプスで固定して、安静にする保存療法が良いと言われています。ただし、スポーツ選手などで早く完治させたい場合は再建手術が必要です。この手術では、膝周りの腱(けん)を切り取り、靭帯の代わりにします。

3-4.下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

良性の病気として知られているものですが、放置しておくと重い症状につながる可能性もあります。次のような症状を自覚したら、速やかに治療を行いましょう。

3-4-1.主な症状

脚を巡っている静脈に血がたまることで、ふくらはぎや膝、太ももなどの血管がこぶのようにふくらんできます。また、膝の痛みやむくみ、倦怠(けんたい)感、かゆみに悩まされることもあるでしょう。

3-4-2.原因

人間の体内には、栄養や酸素を含んだキレイな血を運ぶ動脈と、体内の不要物を含む汚れた血を運ぶ静脈があります。健康な血管は、内部に「ハ」の形をした弁があり、血液が逆流するのを防いでいるのです。しかし、弁が機能不全を起こすと「ハ」の形をたもてなくなり、血液が逆流しやすくなります。その結果、下肢に血液がたまり、血管がこぶのようにもりあがるのです。

3-4-3.対処法

下肢静脈瘤の治療法としては、手術のほかに静脈に注射をして静脈瘤を固める「硬化療法」が用いられます。固まった静脈瘤はしばらく残りますが、半年ほどで体内に吸収されるため、見た目もキレイになるのです。また、近年では薬や手術に頼らない「保存的治療」も行われています。この治療法では、運動不足の解消やマッサージによって症状を緩和させるのです。

3-5.そのほかに考えられる病気

上記でご紹介したもののほかにも、次のような病気があります。

3-5-1.関節リウマチ

痛みを感じるのは膝だけでなく、手首や指など全身の関節に及び、各関節がこわばったり動かしにくくなったりという症状が現れます。初期段階では、朝起きてから1時間ほど手がこわばって握ることができなくなるのです。また、ひどくなってくると膝の皿表面にしこりができたり、熱で全身がだるくなったりします。

関節リウマチの主な原因は、免疫システムの異常です。免疫が正常な関節を「体に害のあるもの」と認識した結果、関節を攻撃し、炎症が生じてしまうことで前述したような症状が現れます。こうした免疫システムの異常ですが、詳しい原因はいまだ分かっていないのです。

治療は、薬物療法が基本となり近年では、早い段階で症状を収束できるとして強力な抗リウマチ薬を使った抗サイトカイン療法が注目されています。このような薬物療法を行いつつ、血行促進を促す温熱療法やギプスなどを用いた装具療法などが並行して行われるのです。

3-5-2.痛風

痛風は日常生活に支障をきたすレベルの痛みを伴う、非常に厄介な病気です。しかし、歩けなくなるくらいの痛みが数日~2週間ほど続いたかと思うと、突然おさまるという特徴があり、これが繰り返し起こります。膝だけでなく、脚の親指つけ根あたりに激痛があったり、患部が腫れて熱を持ったり、膝の痛みが夜中にひどくなったりする場合は痛風の可能性が高いと言えるでしょう。

現代では生活習慣病の1つとされており、運動不足や食べ過ぎが原因と言われています。特に会社の付き合いなどで外食が多く、アルコール摂取量も多い中高年の男性を中心に見られる病気です。

治療についてですが、現段階で痛風そのものを完治させる方法はありません。投薬治療などで痛みを抑制しつつ、生活習慣の改善を行うことで症状の緩和を行うのが主流です。

膝裏の痛みを
改善する方法

膝裏が痛いと、歩くことはもちろん立っているだけでもつらいものですね。少しでも痛みを改善するためにおすすめな方法を、ご紹介します。

4-1.ストレッチ

ストレッチを行うと、筋肉や関節の柔軟性が高まります。膝周りのストレッチを心がけることで、膝を柔軟に動かせるようになるのです。

4-1-1.太もものストレッチ

脚を伸ばしてうつ伏せの状態になります。そのまま片方の脚を曲げたら手でつま先を掴(つか)み、可能な限りお尻に引き寄せて10秒数えましょう。これを左右の脚それぞれ5回~10回ほど繰り返します。

4-1-2.太もも裏のストレッチ

仰向(あおむ)けに寝て、脚を伸ばします。そのまま片脚を曲げながら膝の裏側に両手を添えてゆっくりと胸に引き寄せましょう。その状態を10秒間保ったら、ゆっくり戻します。これを左右それぞれ5回~10回ずつ行いましょう。

4-1-3.膝下のストレッチ

両足を伸ばした状態で仰向けになります。そのまま、かかとは床につけた状態で両足首をゆっくりと手前に反らしましょう。その状態を5秒間キープしたら、今度はつま先を立てるように反対側に伸ばして5秒数えます。これを10回ほど繰り返しましょう。

4-2.マッサージ

膝の痛みは、血行不良やリンパの滞りで起こっていることも多いです。特に、座りっぱなし・立ちっぱなしで仕事をしている人はこれらの症状を起こしやすく、適度なマッサージをおすすめします。

やり方は簡単で、ふくらはぎあたりから心臓の方向に優しく撫(な)でるように行えばOKです。リンパや血液の流れを助けるようなイメージで、優しく行いましょう。強くさすると、かえってリンパ腺や血管にダメージを与えてしまうので、注意してください。できれば入浴中などに行うとよりよい効果を期待できます。

4-3.整体

自分で行えるマッサージやストレッチなどでも症状が回復しない場合は、整体に通うことをおすすめします。前述したように、膝の痛みは腰痛から来ていることもあるのです。このような場合は、根本的な原因を改善しなければ、痛みの解消にはつながりません。整体で適切な処置を受けて、痛みの原因を突き止めましょう。

4-4.温める、または冷やす

患部を温める・冷やすことで、痛みを緩和させることも可能です。特に血行不良やリンパの流れが滞っている場合は、湯船につかるなどして、十分に体を温めましょう。逆に、膝にケガを負って出血している場合は、冷やしてください。温めると出血を促してしまうため、危険です。

4-5.サポーター

膝が反っていたり、ケガをして靭帯の支えが不十分である場合は、サポーターを使って固定させましょう。サポーターをつけることで、関節の動きが制限されます。このため、日常生活などで膝に無駄な負荷をかけてしまうのを防げるのです。

4-6.運動について

前述したストレッチのほか、筋力を高める筋肉トレーニングや有酸素運動も痛みの改善に役立ちます。たとえばスクワットなどをすることで、膝を支える筋肉の力が強化され、安定感が高まるでしょう。また、筋肉量が増えると血流も良くなるため、疲労物質が流されやすくなります。

有酸素運動としては、軽めのウォーキングがおすすめです。肥満を防止するだけでなく体重を減らすことで膝にかかっている負担を軽減できます。ジョギングは、かえって膝に負担をかけてしまう可能性もあるため、やめましょう。

4-7.注意点

膝裏の痛みを解消する方法について、いくつかご紹介してきました。自分の症状を把握して、適切な方法に取り組みましょう。ただし、痛みが余計にひどくなったり、ケガをしている場合は速やかに専門医の診察を受けてください。自己判断でストレッチや運動をしたことで、余計に症状が悪化してしまう可能性があります。

膝の裏の痛みで
よくある質問

5-1.膝の痛みを悪化させないために、日常生活で気をつけることはありますか?

日常生活では、重い荷物を持ち上げるとき・しゃがむ動作・立つ動作に気をつけることで、膝への負担を軽減できます。

まず、重いものを持ち上げるときはしっかりと腰を落とした状態から持ち上げるものをお腹(なか)に引き寄せ、ゆっくりと持ち上げましょう。腰を落とさず、立ったまま持ち上げるのは、腰にも膝にも負担をかけます。

立つ・しゃがむときも意識して、ゆっくりと行うようにしましょう。突然立ち上がったりしゃがんだりすると、膝に大きな負担をかけることになります。

5-2.和式と洋式、どっちの生活スタイルが膝に負担をかけにくいですか?

結論から言うと、洋式の方が膝に負担をかけにくい生活スタイルです。たとえば、畳の部屋だと正座やあぐらをかいた状態で座りやすいため、膝に負担をかけてしまいます。一方、洋式の生活スタイルであれば椅子やソファーがあるため、座るときも腰・膝に負担をかけにくいのです。トイレも、和式は完全にしゃがまなければなりませんが、洋式なら座った姿勢でできるので、足腰に負担がかかりません。

5-3.膝の痛みが気になる場合は、靴にも気をつけた方がいいのでしょうか?

膝が痛む場合は、なるべくハイヒールなど重心が偏る靴は避けましょう。底が厚くて柔らかい、クッション性のあるような運動靴がおすすめです。また、サイズも自分に合ったものを選びましょう。靴の奥までつま先を入れたとき、かかとの隙間に指が1本入る余裕があるものが理想です。

5-4.膝にとって良くない歩き方はありますか?

日本人の男性によく見られる「膝歩き」は膝に余計な負担をかけるため、おすすめできません。常に膝を軽く曲げたまま、猫背になって上体を揺らしながら歩く、歩き方のことです。

歩くときは視線を前に向け、お腹を引っ込めて背筋を伸ばした姿勢を心がけましょう。また、膝は伸ばした状態で、かかとから着地することを意識してください。

5-5.階段の昇り降りで注意することはありますか?

階段は普通の道を歩いているとき以上に、膝への負担がかかりやすいです。特に、膝に痛みがある場合は注意して昇り降りをしましょう。まず、のぼるときは痛みがない方の脚から踏み出します。次に痛みがある方の脚をあげ、両足をそろえましょう。一方、おりる場合は痛みを感じている方の脚から踏み出し、もう片方の脚をおろして両足をそろえるようにしてゆっくりおりてください。

膝裏の痛み
まとめ

いかがでしたか? 膝の裏の痛みは誰にでも起こりやすいものなので「自分は大丈夫」と油断していると、気付かないうちに悪化します。そして、万が一病気になると、治療して回復するまでにある程度時間を必要とするので大変です。そうなる前に、この記事でご紹介した自分でできる改善法を試したり整体などに通ったりして、病気を未然に防いでいきましょう。