背中に痛みに効果的なストレッチと予防法

背中に痛みが起こる原因は? 効果的なストレッチと予防法を解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

つらい背中の痛み、なんとかしたいとお考えではありませんか? しかし、背中の痛みにはさまざなな原因があり、それぞれ正しい対処方法が異なるのです。

そこでこの記事では、背中に痛みが起こる原因や対処法について紹介しましょう。この記事を読んで原因を知り、自分の症状に合った対処をしてください。

01. 背中に
痛みが起こる原因は?

背中に痛みが起こった場合、さまざまな要因が考えられます。特に代表的なものを3つ紹介しましょう。

1-1.筋肉疲労による背中のコリや筋肉痛によるもの

背中の痛みを引き起こす要因としては、まず筋肉疲労があげられます。背中の筋肉が疲労すると、血行が悪化し、コリや痛みといった症状が起こるのです。背中の筋肉が疲労する原因としては、過度な運動・悪い姿勢・長時間の同じ姿勢などが考えられます。

1-2.背骨の歪みや変形が痛みの原因かも?

背骨のズレや歪みによって背中に痛みが起こることもあります。変形した背骨が周囲の神経や血管を圧迫し、背中に痛みや痺れといった症状を引き起こすのです。神経の圧迫が原因のため、首や腰など、背中以外の骨の異常が要因となるケースもあります。

1-3.内蔵疾患が原因で背中が痛くなることも?

内蔵疾患が原因で背中に痛みを感じることもあります。実は背中と内蔵は密接に関係し合っているのです。左側・右側のどちらかだけが痛む場合は内蔵の病気が原因であることが考えられます。具体的にどのような病気が潜んでいるのでしょうか?左右、それぞれに分けて紹介します。

1-3-1.背中の右側だけが痛む場合に考えられる疾患

  • 肝炎(かんえん)
  • 急性肝炎
  • 肝臓がん
  • 胆石症(たんせきしょう)
  • 胆嚢炎(たんのうえん)
  • 胆嚢がん
  • 胆管がん

1-3-2.背中の左側だけが痛む場合に考えられる疾患

  • 狭心症(きょうしんしょう)
  • 心筋梗塞(しんきんこうそく)
  • 胃炎(いえん)
  • 神経性胃炎
  • 胃潰瘍(いかいよう)
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • 膵炎(すいえん)
  • 膵臓がん(すいぞうがん)

1-4.筋肉や靭帯の損傷で痛みが起こる!

日常的な動作によって背中の筋肉や靭帯が損傷し、突然痛みが起こることもあります。軽い痛みから動けないほどの痛みまで、程度はさまざまです。痛みが起こる原理はぎっくり腰と似ており、このような症状をぎっくり背中と呼ぶこともあります。

ぎっくり背中の原因・予防方法については、「急な背中の痛みに悩む方必見! ぎっくり背中を解消する3つのポイント」を参照してください。