腰痛になりやすい寝方や姿勢

腰痛になりやすい寝方や姿勢は? 正しい姿勢を知って腰痛を解消!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

朝目覚めると腰が痛くて中々起き上がれない。朝起きた時は特に腰痛が強くなる。このように悩んでいる方はいませんか? 寝起きの腰痛は、寝る姿勢や寝具が原因になっているかも知れません。

そこで今回は、腰痛と寝方との関係、腰痛を起こしにくい寝具、腰痛を防ぐ寝る時の姿勢などについてご紹介します。

腰痛になりにくい寝方が分かれば、もう痛みをこらえながら起き上がることはなくなるでしょう。朝起きると腰が痛いことが多いという方や、腰痛を悪化させない寝る姿勢を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 腰痛の基礎知識

はじめに、腰痛の原因や腰痛になりやすい人の特徴などをご紹介します。なぜ、腰痛は起こるのでしょうか?

1-1.腰の骨と腰痛の関係

私たちの骨格は、脊椎(背骨)を中心にできています。脊椎のてっぺんには頭蓋骨があり、終着点にある骨が骨盤です。私たちが腰と呼んでいる場所は、脊椎の終着点付近にある腰椎という部分に当たります。脊椎は24個の椎骨(ついこつ)で構成されており、その中でも腰椎の部分は5個の椎骨から成り立っているのです。

この椎骨に異常が起こって痛みが発生すると腰痛になります。また、椎骨と椎骨の間にはクッションの役割を担う椎間板という組織があり、この椎間板に異常が起こっても腰痛が起こるのです。

1-2.腰の筋肉と腰痛の関係

腰の周りには、腹斜筋や腰方形筋など複数の筋肉があります。これらの筋肉が同じ姿勢を長時間続けるなどして強張ると、痛みが起こるのです。同じ姿勢を長時間続けていると腰が痛くなることがありますが、これが筋肉由来の腰痛になります。急な腰痛の代表格であるぎっくり腰も、この腰回りの筋肉が損傷したりすることが原因です。

また、運動不足で筋力が衰えたり加齢によって筋肉が硬くなったりしても、筋肉由来の腰痛は起こりやすくなります。

1-3.血行やホルモンバランスと腰痛の関係

筋肉には血管が通っており、筋肉へ栄養や酸素を届けて老廃物を受け取る役割を担っています。そのため、血行が悪くなると筋肉に栄養や酸素が届きにくくなり、老廃物が溜まりやすくなるのです。すると、筋肉が強張って腰痛が起こりやすくなります。血行が悪くなる一番の原因は冷えです。ですから、気温が下がると腰痛も起こりやすくなります。

また、女性ホルモンの一種であるリラキシンの分泌量が増えると、骨盤の関節や靭帯がゆるみやすくなるのです。これは、子宮内の経血を速やかに排出するためなのですが、緩んだ骨盤の関節を補うために筋肉に余計な負担がかかります。生理中に腰痛が起こりやすくなるのはそのためです。

1-4.腰痛に伴って起きやすい症状

腰痛の主な症状は痛みですが、その他に

  • 下半身のしびれ
  • 下半身の痛み
  • 背中の痛み
  • 股関節の痛み

などが同時に起こることもあります。

1-5.腰痛が起こりやすいのはこんな人

  • 座りっぱなしや立ちっぱなしなど、同じ姿勢を長時間取り続けることが多い人
  • 猫背の人
  • 運動不足の人
  • 重い荷物を頻繁に持ち上げるなど、腰を酷使している人
  • 骨粗しょう症の人
  • 生理不順な人

このような人は腰痛が起こりやすい傾向にあります。