姿勢の悪さが健康に影響を与える

姿勢の悪さが健康に影響を与える? 姿勢の上手な治し方

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

姿勢が悪いということは体全体に大きな影響を与えます。腰痛や膝痛などが姿勢を原因として現れている可能性もあるのです。“姿勢が悪い”と周囲からよく指摘される方は注意しましょう。悪い姿を放置することは、腰痛や膝痛などを引き起こす可能性があるのです。姿勢が悪いとよく指摘を受ける方のために、姿勢の治し方についてご紹介します。

01. 悪い姿勢の
種類とは?

1-1.悪い姿勢の種類とは?

悪い姿勢といっても実は多くの種類があります。姿勢を治す前に自分がどのような姿勢なのかを知ることが大切です。悪い姿勢の種類についてご紹介しましょう。

猫背

猫背は悪い姿勢の代表に挙げられる姿勢です。背骨が内側にそっている姿勢で、腰痛や肩こりなどの原因になります。人間の背骨は通常S字に湾曲(わんきょく)しているのですが、猫背は通常よりも大きく湾曲している症状です。猫背は姿勢の見た目も悪く、あまり良い印象の姿勢ではありません。

胸突き出し姿勢

必要以上に胸を突き出している姿勢が“胸突き出し姿勢”です。見た目では良い姿勢に見えるのですが、腰への負担も大きく腰痛などの原因になります。胸突き出し姿勢は女性に多い姿勢で、姿勢を意識しすぎることで過剰に胸を張ってしまうことが原因です。見た目では美しく見えますが、体に不安のかかる姿勢であることを理解しましょう。

腰突き出し姿勢

“腰突き出し姿勢”は腰を前に突き出してしまう女性に多い姿勢です。腰を前に突き出していることから、太って見えてしまうという特徴があります。腰痛の原因となる姿勢で、筋力の低下が主な原因です。

ストレートネック

ストレートネックは首が垂直になってしまう姿勢です。パソコン操作やスマホ操作など、うつむき姿勢によって引き起こされます。この姿勢は近年増加しており、頭痛や首の痛みの原因になる姿勢です。

1-2.姿勢のチェック方法

悪い姿勢がどのようなものか知った後には、自分がどのような姿勢であるかを知ることが大切です。それでは、姿勢のチェック方法について詳しくご紹介しましょう。

姿勢のチェック方法

姿勢のチェック方法は“壁”さえあれば簡単に知ることができます。

  • 姿勢チェック方法1:壁の付近で普段どおりの姿勢で立つ
  • 姿勢チェック方法2:そのままの姿勢で体の一部が壁につくまで下がる
  • 姿勢チェック方法3:壁についた箇所によって姿勢を判断する

姿勢の判断

  • 正常な姿勢:背中とお尻(しり)が壁につき、腰に多少の隙間(すきま)がある
  • 猫背:背中とお尻が壁につき、腰の部分に隙間がない
  • 胸突き出し姿勢:背中とお尻が壁につき、腰に大きな隙間がある
  • 腰つき出し姿勢:背中が壁につき、お尻が壁につかない

悪い姿勢は簡単なチェック方法で知ることができます。悪い姿勢をチェックして、自分がどのタイプか知ることは姿勢を改善するための大切な準備なのです。