浴室の寒さ対策

浴室の寒さ対策は?!
ヒートショックの怖さと
予防のポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

冬になると浴室は非常に寒くなります。その寒さを我慢して、お湯に肩までつかると幸せな気分になるでしょう。しかし、日本人の入浴文化と寒い浴室が原因でヒートショックと呼ばれる症状に襲われます。そして、ヒートショックは、最悪の場合は死亡するケースがあるのをご存じですか? そのため、浴室の寒さ対策は高齢者がいる家庭では急務であり、若いからといって人事ではありません。

今回は、浴室の寒さ対策として手軽にできる方法から、費用はかかるものの浴室暖房機の導入・交換方法を紹介します。

本記事を読み、浴室の寒さ対策をするだけで、交通事故よりも死亡率の高いヒートショックを予防できます。よりリラックスして入浴をするために、さらに浴室をより快適な空間にするために、ぜひとも参考にしてください。

01. 浴室の寒さ対策について

家庭内で高齢者が死亡する事故の4分の1は、寒さ対策を怠った浴室で起きています。この項では浴室の寒さ対策の重要性、寒さ対策をしないと起きる「ヒートショック」を説明していきましょう。

1-1.浴室の寒さは危険?

冬の間、家族が集まる部屋は暖房により暖められています。一方、浴室や脱衣所には常に人がいるわけではないため、暖房をつけて常に暖かくする必要はありません。そのため、浴室や脱衣所の温度と家族が集まる部屋の温度には差ができるのです。

日本人は肩までしっかりと熱いお湯につかる入浴文化があり、冷えた体を芯まで温めます。しかし、浴槽を出たあと浴室や脱衣所が寒いままの場合、急激な温度差によってヒートショックと呼ばれる症状が起こり、最悪の場合、死亡するケースもあるのです。

1-2.ヒートショックとは?

ヒートショックとは、急激な温度変化が原因で血圧が大きく上昇・降下することにより、失神・心筋梗塞・脳梗塞などを起こす現象です。暖房のある部屋から寒い浴室、寒い浴室から浴槽へと移動した場合、短時間の内に何度も血圧が急激に上昇・降下し、ヒートショックが起こりやすくなります。

ヒートショックが原因で年間1万人以上の高齢者が死亡しており、平成25年の統計によれば、ヒートショックによる死亡者数は、交通事故の死亡者数よりも2倍以上多いのです。また、浴槽内水死の8割以上は高齢者ですが、ヒートショックが水死の原因と考えられています。水死やそのほかのヒートショックが原因で起きる病気(心筋梗塞・脳梗塞)まで含めると、ヒートショックによる死亡者は統計より多くなるでしょう。

1-3.浴室の寒さ対策の必要性

ヒートショックが起きると、高齢者の場合は死亡にいたる可能性が高くなります。高齢者ばかりが注目されますが、生活習慣病により動脈硬化が進行している中年以降の方も、血圧の急激な上昇・降下は血管や心機能に多大な負荷がかかり危険です。

若い方でも疲労している場合や、飲酒後などには、血圧の急激な変化に体が耐え切れず失神する可能性があり、入浴中の水死事故につながるでしょう。浴室の寒さ対策をしないだけで浴室が危険な場所になってしまいます。

そのため、浴室の寒さ対策は必要不可欠です。もちろん、ヒートショックのみならず、浴室が寒ければ湯冷めをして風邪の原因にもなります。なにより、寒い浴室というのはストレスです。