寝る前にストレッチを行うと安眠効果が高まるやり方

寝る前にストレッチを行うと安眠効果が高まる!!そのやり方とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

たっぷり眠ったはずなのに疲れが抜けない。
こんな悩みを抱えている方は少なくないと思います。
その原因は、筋肉のこわばりかもしれません。
そこで、今回は筋肉をほぐして心地よい安眠効果がある寝る前のストレッチについて、ご紹介していきます。
ストレッチというと運動する前や後に行うものというイメージがありますが、寝る前に行ってもいろいろな効果が期待できるのです。
最近、寝ても疲れが取れにくいと感じている方は、ぜひこの記事を読んでストレッチを実行してみましょう。

01. 現代人の筋肉はコチコチ?

現代の生活は、体を動かす機会が少ないです。
移動は車、仕事はオフィスワークでは、1日で使う筋肉は限られているでしょう。
また、長時間同じ姿勢を取り続ける人も、少なくありません。
たとえば、オフィスワークではずっといすに座ったままパソコンの画面を見続けています。
また、立仕事でも動き回ることが少なければ、使う筋肉は限られているでしょう。
その結果、特定の部位の筋肉がこわばってしまうのです。
「仕事が終わると、肩や太ももがパンパンに張っている」という経験がある方も少なくないでしょう。
この張りが、こわばりなのです。
こわばった筋肉は、血流が悪くなり疲労物質も抜けにくくなります。
また、筋肉がこわばっているということは体が緊張状態にあるということです。
ですから、眠ってもリラックスできずに疲れが取れにくいでしょう。