膝裏の痛みの原因とその対処・予防法

膝裏が痛い方必見!! 痛みの原因とその対処・予防法は?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

膝は人体の中で最もよく動かす場所の一つです。歩くときはもちろんのこと、しゃがんだりジャンプしたりするときも、膝の筋肉や靭帯(じんたい)を使います。運動量が多い人ほど膝をたくさん使っているため、故障を抱えるリスクも高くなるでしょう。また、膝が痛いのを我慢して生活をしている高齢者もたくさんいます。今回は、そんな膝に現れる不調のうち、膝裏の痛みの原因や対処法をご紹介しましょう。

膝の痛みは決して珍しいことではありません。しかし、原因によっては早急に治療が必要なものもあるのです。膝裏に痛みを頻繁に感じるようになって気になっているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 膝裏に痛みが出る原因とは?

はじめに、膝裏が痛くなる原因をご紹介します。一体どのような原因があるのでしょうか?

1-1.筋肉や靭帯の炎症が原因

膝を動かすには、筋肉や靭帯を使います。この筋肉や靭帯が炎症を起こすと、膝裏に痛みが出るのです。炎症の中で最も多いのが、筋肉痛。今まであまり運動をしてこなかった方が急に運動をするようになると、たとえウォーキングのような軽い運動でも筋肉痛になります。逆に、靭帯の炎症は日常的にスポーツをしている方に起こりやすいのです。

1-2.加齢が原因

膝にはいくつもの骨が組み合わさっています。骨の先には軟骨という柔らかい骨がくっついており、クッションの役目を担っているのです。軟骨は常にぶつかり合っていますのでだんだんとすり減っていきます。軟骨には自然に回復する力が備わっているので問題ありません。しかし、年を取るにつれて軟骨の回復力が落ち、骨同士が直接ぶつかりやすくなるのです。その結果、膝を動かすたびに痛みが出るようになります。軟骨のすり減り具合がひどいと骨に異常が出て、変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)という病気を発症することもあるのです。

1-3.姿勢や筋肉の使い方が原因

私たちは、誰もが正しい姿勢で立ったり歩いたりしているわけではありません。立っているときや歩いているときに筋肉の使い方が悪いと、反張膝(はんちょうひざ)といって膝が後ろ側にそってしまいます。まっすぐ立ってから歩き出すときつま先が若干上向きになりますが、このつま先の上向き具合が大きい人ほど反張膝になりやすいのです。また、長時間立ち仕事をしている方は疲労によって体重がかかと側に偏りがちになり、それが反張膝の原因になります。

1-4.腰痛などの病気

膝裏には腰へと続く坐骨神経が通っています。そのため、腰痛になると膝裏まで痛みが出る方も珍しくありません。腰と一緒に膝裏が痛くなったという場合は、腰痛由来の痛みの可能性が高いのです。また、膝周辺にはリンパ腺も通っています。このリンパ腺の中を通っているリンパ液が何らかの原因で流れが悪くなると、むくみが発生するのです。足がむくんでいると、膝裏を圧迫したときに痛みを感じやすくなります。その他、細菌感染などによって膝の筋肉や靭帯に炎症が起こっても膝裏に痛みを感じるケースがあるのです。