膝裏の痛みの原因とその対処・予防法

膝裏が痛い方必見!! 痛みの原因とその対処・予防法は?

膝は人体の中で最もよく動かす場所の一つです。歩くときはもちろんのこと、しゃがんだりジャンプしたりするときも、膝の筋肉や靭帯(じんたい)を使います。運動量が多い人ほど膝をたくさん使っているため、故障を抱えるリスクも高くなるでしょう。また、膝が痛いのを我慢して生活をしている高齢者もたくさんいます。今回は、そんな膝に現れる不調のうち、膝裏の痛みの原因や対処法をご紹介しましょう。

膝の痛みは決して珍しいことではありません。しかし、原因によっては早急に治療が必要なものもあるのです。膝裏に痛みを頻繁に感じるようになって気になっているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

膝裏に痛みが出る原因とは?

はじめに、膝裏が痛くなる原因をご紹介します。一体どのような原因があるのでしょうか?

1-1.筋肉や靭帯の炎症が原因

膝を動かすには、筋肉や靭帯を使います。この筋肉や靭帯が炎症を起こすと、膝裏に痛みが出るのです。炎症の中で最も多いのが、筋肉痛。今まであまり運動をしてこなかった方が急に運動をするようになると、たとえウォーキングのような軽い運動でも筋肉痛になります。逆に、靭帯の炎症は日常的にスポーツをしている方に起こりやすいのです。

1-2.加齢が原因

膝にはいくつもの骨が組み合わさっています。骨の先には軟骨という柔らかい骨がくっついており、クッションの役目を担っているのです。軟骨は常にぶつかり合っていますのでだんだんとすり減っていきます。軟骨には自然に回復する力が備わっているので問題ありません。しかし、年を取るにつれて軟骨の回復力が落ち、骨同士が直接ぶつかりやすくなるのです。その結果、膝を動かすたびに痛みが出るようになります。軟骨のすり減り具合がひどいと骨に異常が出て、変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)という病気を発症することもあるのです。

1-3.姿勢や筋肉の使い方が原因

私たちは、誰もが正しい姿勢で立ったり歩いたりしているわけではありません。立っているときや歩いているときに筋肉の使い方が悪いと、反張膝(はんちょうひざ)といって膝が後ろ側にそってしまいます。まっすぐ立ってから歩き出すときつま先が若干上向きになりますが、このつま先の上向き具合が大きい人ほど反張膝になりやすいのです。また、長時間立ち仕事をしている方は疲労によって体重がかかと側に偏りがちになり、それが反張膝の原因になります。

1-4.腰痛などの病気

膝裏には腰へと続く坐骨神経が通っています。そのため、腰痛になると膝裏まで痛みが出る方も珍しくありません。腰と一緒に膝裏が痛くなったという場合は、腰痛由来の痛みの可能性が高いのです。また、膝周辺にはリンパ腺も通っています。このリンパ腺の中を通っているリンパ液が何らかの原因で流れが悪くなると、むくみが発生するのです。足がむくんでいると、膝裏を圧迫したときに痛みを感じやすくなります。その他、細菌感染などによって膝の筋肉や靭帯に炎症が起こっても膝裏に痛みを感じるケースがあるのです。

膝裏の痛みを改善する方法

膝裏の痛みがそれほど強くない場合は、ストレッチや筋肉トレーニングをすることで痛みを改善したり予防したりできます。この項では、その方法の一例をご紹介しましょう。

2-1.ストレッチ

運動する前や後に筋肉を伸ばすストレッチをすることで、膝裏の痛みを軽減したり予防したりできます。膝裏のストレッチは、屈伸した足を片方だけまっすぐに伸ばすという皆様がよくご存じの方法です。この時、両手を左右の膝の上に置いてしまうと、バランスをとるのが難しくなります。両手を地面についてしっかりと体を安定させ、足を片方ずつ伸ばしていきましょう。つま先を上に向かせると膝の表側の筋肉が伸び、つま先を下側に向けると足の裏の筋肉が伸びます。

2-2.筋力トレーニング

膝の周りに筋肉が適度についていると、膝裏の痛みが発生しにくくなります。適度に弾力のあるクッションや枕を膝裏が当たるところに置き、それを膝裏で押す方法が簡単で効果的です。この時、体は状態を起こして足を軽く曲げる姿勢をとってください。枕などは膝裏に当たる所に置きます。息を吐きながら膝裏を枕に押し当てるように伸ばしていくと、筋肉が鍛えられるのです。

2-3.適度な休息をとる

長時間立ちっぱなしだったり、激しい運動を休みなく行っていたりすると膝に負担がかかります。適度に休息を取り、膝を休めてあげることが大切です。膝を酷使した日は湿布薬などを張り、筋肉を冷やしてあげると痛みが出にくくなります。

病院で行える治療方法とは

膝裏の痛みが継続的に続く場合は、病院を受診する必要があります。この項では、病院の選び方や治療方法などをご紹介しましょう。

3-1.病院へ行くべき症状とは?

膝裏の痛みには個人差があります。

  • 安静にしていても痛む
  • 痛みで日常生活に支障が出る
  • 痛みが出て立つことも難しい
  • 痛みがだんだん強くなってきた
  • 膝が腫れてきた

このような症状が出た場合は、病院を受診しましょう。

3-2.何科を受診するべき?

膝裏が痛いという場合は、まず整形外科を受診します。この際、腰痛など他の症状があれば医師に伝えましょう。靭帯・筋肉・骨以外の原因で痛みが出ているのなら、別の診療科を紹介してくれます。

3-3.検査方法や治療方法とは?

膝裏の痛みの検査方法としては、レントゲンが使われることが大半です。それでも原因がはっきりしない場合は、血液検査などが行われることもあります。炎症が原因の場合は、消炎鎮痛効果のあるシップを張って炎症を解消する治療法が一般的です。これと併せて、膝の負担を軽減するため指導などが行われることもあります。変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)が重度だった場合は、手術を勧められることもあるでしょう。

3-4.処方される薬や注意点

膝裏の痛みが筋肉などの炎症によるものなら、湿布薬などが処方されるのが一般的です。靭帯の損傷の場合は、テーピングをしてくれたりサポーターを勧められたりもします。どのような原因であれ、膝裏の痛みが一朝一夕できれいになくなるということはごくまれです。医師の指示に従って安静を心がけ、無理をしないようにしましょう。

セルフケアの注意点

加齢や筋肉の衰えが原因による膝裏の痛みの場合、対症療法しかないことも多いのです。この場合は、整体院に通ったり軟骨再生の効果があるサプリメントを服用したりする方も多いでしょう。特に、サプリメントはいろいろな種類が出ており、宣伝も盛んにされています。軟骨を再生するサプリメントは、コラーゲンやグルコサミン・コンドロイチンなどが主原料です。いずれも食品から取ることもできますが、サプリメントの方が効率よく摂取できます。値段もさまざまですが、長期的に摂取しないと効果が出ないので、長く飲み続けられるものを選びましょう。

よくある質問

Q.膝裏の痛みは年齢に関係なく起こるものでしょうか?

A.スポーツなどで膝を酷使していれば、10代でも膝裏の痛みが発生する方も珍しくありません。

Q.整形外科を受診したところ、年齢のせいで膝裏の痛みが起きていると言われました。我慢するしかないのでしょうか?

A.加齢による痛みの場合は、完治することは難しいかもしれません。しかし、サポーターを使って膝の負担をやわらげたりサプリメントで軟骨の再生を促すことで、痛みが軽減されることが多いのです。

Q.筋肉痛による膝裏の痛みは放っておいても大丈夫でしょうか?

A.筋肉痛は時間と共に解消されていきますが、次回から運動する前にストレッチを入念に行うことで筋肉痛を予防するといいですね。

Q.膝裏の痛みが病気由来の場合はどうしたらよいのでしょうか?

A.整形外科を受診し、病気由来で痛みがあると判断された場合は、治療が行える診療科や病院を紹介してもらえます。まずはそこを受診しましょう。

Q.膝裏の痛みを放置しておいてはまずいのでしょうか?

A.一過性の痛みならあまり問題はありませんが、継続して痛みが続いている場合は早めに受診した方がよいですね。

まとめ

いかがですか。今回は膝裏の痛みの原因や対処法などをご紹介しました。膝の痛みは体調不良の中ではポピュラーなもので、特に高齢になってからの膝の痛みは「年のせい」と見過ごしがちです。しかし、痛みが日を追って強くなるような場合は、進行性の病気の可能性もあります。また、整形外科によっては理学療法士が足に負担をかけない歩き方や立ち方などを指導してくれる病院もあり、指導を受けるだけでも病院に行く価値はあるのです。痛みを必要以上に我慢せず、病院を受診しましょう。