ものを噛むと歯が痛い原因と治療方法を解説

ものを噛むと歯が痛い! その原因と治療方法を解説します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

食事をしている際に歯の痛みを感じ、悩んでいる方はいませんか? 歯の痛みというと虫歯がイメージされますが、噛むと歯が痛い場合は、歯周病など別の原因であることも考えられます。どのような原因であれ、放っておいては悪化する一方です。

今回は、噛むと歯が痛い原因や治療方法をご紹介しましょう。

この記事を読めば、定期的な歯科検診を受ける重要さも分かります。食事でものを噛むたびに歯の痛みに悩まされているという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

噛むと歯が痛い、その原因とは?

はじめに、噛むと歯が痛い原因の一例をご紹介します。虫歯の他には、どのような原因があるのでしょうか?

1-1.歯が痛くなるメカニズム

歯は、一番外側にある骨よりも硬いエナメル質、その内側にある象牙質、中心部にある歯髄という3重構造になっています。歯髄は歯の神経とも呼ばれ、虫歯の痛みなどは歯髄で感じるのです。また、歯の半分は歯肉と骨の中にあります。骨と歯の間には歯根膜(しこんまく)という膜があり、噛む力がダイレクトに骨にまで伝わらないようにクッションの役割を担っているのです。

歯の痛みは、エナメル質や象牙質を溶かして歯の内部に侵入した虫歯菌によって歯髄が刺激を受けたり、歯周病などで歯根膜が炎症を起こしたりしたときに感じやすいでしょう。

1-2.虫歯

虫歯になると歯に穴があきます。食事中、その穴に食べかすが入ると噛むたびに歯髄が刺激を受け、痛みを感じるのです。虫歯になると噛むとき以外に、冷たいものや熱いものがしみて痛むこともあるでしょう。虫歯は、自然治癒することはありません。虫歯の痛みは放っておくほどに強くなり、治療にも時間がかかるようになります。早めに歯医者に行きましょう。

虫歯が進行し、歯の神経が死んでしまったり歯の神経を抜いたりする治療をうけると、そこに細菌が感染して根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)という別の病気になることもあります。重症化するとあごの骨を溶かしてしまうので、一刻も早い治療が必要です。

1-3.歯根膜炎

歯根膜とは、前述したように歯の根元にある組織で、骨と歯が直接ぶつからないようにクッションの役割を担っています。歯根膜は歯髄と同じように血管や神経が通っているため、細菌に感染したり刺激を受け続けたりすると痛みを感じることもあるのです。歯根膜炎は、歯周病などが原因で歯根膜が細菌に感染したり、歯ぎしりなどで強い刺激を受け続けたときに発症します。歯根膜は目に見えませんので、歯医者でレントゲンを撮ってもらわないと病巣を発見できません。

1-4.歯根嚢胞

歯根嚢胞(しこんほうのう)とは、歯根膜炎や根尖性歯周炎などが原因で歯の根元に膿が入った袋が発生する病気です。膿の袋が小さいときは無症状のことも多いのですが、膿の袋が大きくなれば痛みが出るでしょう。歯茎に白いおできのようなものができることもあります。こちらも、症状が進行するまでは分かりにくい病気です。

1-5.歯の損傷など

強い衝撃を受けて歯の一部が損傷すると、噛むと痛みが出ることもあります。また、歯の矯正中は噛むと歯に痛みが出ることもあるでしょう。転んで顔面を打ったり歯にものがぶつかったりした後で痛みが出る場合は、歯医者を受診してください。矯正中の歯の痛みは主治医に相談しましょう。

1-6.副鼻腔炎や顎関節症

ごくまれにですが、鼻の周りにある副鼻腔という空洞が炎症を起こす副鼻腔炎や、顎の関節の不具合である顎関節症になると、歯の痛みが出ることがあります。
副鼻腔炎の場合は、黄色っぽくて粘りがある鼻水が多量に出るので、鼻水が出るようになったと同時に歯が痛むようになった場合は、歯医者と共に耳鼻咽喉科を受診してください。
顎関節症の場合は、口を開閉しても痛みを感じます。こちらの治療は口腔外科や歯科で行うので、最寄りの歯医者を受診してください。

噛むと歯が痛い場合の治療方法

この項では、噛むと歯が痛い場合の治療方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

2-1.緊急対処方法

夜中や休日に急に歯の痛みが出た場合は、市販の痛み止めを使用してください。一時的ですが、歯の痛みを鎮められます。また、痛みが出ている歯でものを噛まないようにしましょう。固形物が噛めない場合は、ゼリータイプの栄養補助食品などを利用してください。
どうしても痛くてがまんできない場合は、夜間診療を受診しましょう。自治体によっては歯科の夜間診療を実施しているところもあります。また、歯科の夜間診療がない自治体も、内科などの夜間診療を受診すれば、痛み止めを処方してもらえるでしょう。

2-2.歯医者に行く

歯の疾患は、歯医者で治療を受けなければ治りません。他の病気の可能性がある場合でも、歯が痛いと感じるときは、まず歯医者を受診してください。歯のレントゲンを撮れば原因はほぼ分かります。かかりつけ医がある場合はそこを受診し、かかりつけ医がない場合は、通いやすい場所の歯医者を受診してください。

治療法は原因によって異なりますが、放置するほど治療に時間がかかり、歯に残るダメージも大きくなるでしょう。痛みを感じた時点で歯医者を受診するのが一番です。

2-3.治療中の注意点

歯の治療は、状態によっては長引くことがあります。特に、歯根膜炎や根尖性歯周炎を発症している場合は、炎症の原因となった細菌やウィルスを完全に取り除く必要があるため、治療に数か月かかることもあるでしょう。歯科医師に完治を告げられるまで、病院に通ってください。痛みがないからと勝手に通院をやめると炎症が再発することもあります。
虫歯も同様です。中途半端な状態で治療を中断してしまうと、虫歯がかえって悪化することもあるでしょう。

2-4.歯を健康に保ち続けるには?

虫歯や歯周病・歯根膜炎は気がつかないうちに進行していきます。早期発見・早期治療を行うには、定期的に歯の検診に通いましょう。どの歯医者でも、定期検診を行っています。歯医者が苦手という方も多いと思いますが、検診だけならば痛い思いをすることもありません。特に、40代以降は歯周病が進行しやすくなりますので、半年に1度を目安にして定期検診を受けましょう。

歯の痛みに関するよくある質問

Q.噛むときだけ歯が痛く、他は痛みがありません。それでも歯医者に行った方がよいですか?
A.痛みが出るということは、何か異常が起きている可能性が高いので、歯医者を受診しましょう。

Q.子どもでも歯根膜炎を発症することはありますか?
A.歯の疾患は年代を問わず発症しますので、可能性はあるでしょう。

Q.歯の痛みを放っておいたら、やがて痛まなくなりました。
A.歯の疾患は一時的に痛みが消えてもぶり返します。必ず歯医者で治療を受けましょう。

Q.歯の疾患に健康保険は適用になるのですか?
A.歯列矯正やインプラントなど一部の治療を除けば、歯の治療は健康保険が効きます。

Q.妊娠中でも歯の治療をすることはできるでしょうか?
A.可能です。ただし、抜歯など一部行えない治療もありますので、詳しくは歯科医師と相談してください。

おわりに

いかがでしたか? 今回は、噛むと歯が痛い場合の原因や治療方法をご紹介しました。歯医者が大嫌いという方は珍しくありません。痛みががまんできるようであれば、ついがまんして治療を先延ばしにしてしまうこともあります。しかし、前述したように歯の疾患というのは絶対に自然治癒はしません。また、虫歯や歯周病を放置しておくと、やがてあごの骨まで影響が出ることもあるでしょう。早めに治療を開始するほど治療の時間も短くてすみます。