鼻の毛穴の正しいケア方法

鼻の黒ずみの原因は? 鼻の毛穴の正しいケア方法を徹底解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

鼻や小鼻の黒ずみが気になる。あれこれケアをしているものの一向に改善しない。このような悩みを抱えていませんか? ドラッグストアなどにはいちご鼻対策専用の商品が多数販売されていますが、実際にこれらを試しても改善しなかった方が多いのではないでしょうか?

実は、鼻の毛穴の黒ずみにはさまざまな原因があり、それぞれに合った対策をとらなければ改善しません。そこで今回は、鼻の毛穴が黒ずむ原因や有効な解消法などをご紹介します。

鼻の黒ずみを解消するには、自分の症状に合った対処法を知ることが大切です。小鼻の黒ずみに悩んでいる方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 鼻の毛穴の黒ずみ
には種類がある

はじめに、鼻の黒ずみの種類についてご紹介します。鼻の黒ずみは単に毛穴に汚れが詰まっただけではないのです。

1-1.角栓づまり

角栓とは、古い皮膚のタンパク質成分である角栓と皮脂が混じり合ってできた汚れのことをいいます。これが詰まると毛穴が黒く見えるのです。皮脂や角質は誰にでもできるものですが、角栓は乾燥や摩擦・食生活や生活習慣の乱れなどさまざまな要因によって作られます。生活が乱れると小鼻の黒ずみがひどくなるように見えるのは、気のせいではありません。

なお、女性より男性の方が皮脂や角質の量が多いため、角栓づまりは特に男性に多い症状です。

1-2.メラニン毛穴

メラニン毛穴は毛穴ジミとも呼ばれる黒ずみで、毛穴付近に溜まったメラニンの影響で黒ずんで見えます。メラニン色素が毛穴付近に溜まる原因は紫外線です。ですから、屋外で活動する機会の多い方に発生しやすい傾向にあります。

1-3.乾燥毛穴

乾燥毛穴は、肌の水分が失われ弾力性が低下した皮膚に発生します。肌が弾力を失うと毛穴も開いてしまうため、黒ずんで見えるのです。

文字通り乾燥が原因なので、夏よりも冬の方が小鼻が黒ずんで見える方は乾燥毛穴になっている可能性があります。

1-4.クレーター毛穴

クレーター毛穴とはニキビによる炎症跡や無理に角栓を取ろうとしたことなどが原因で皮膚に凹凸ができてしまったものです。傷跡に近い状態の毛穴なので、改善には時間がかかります。黒ずみを取ろうとして無理にこすると、さらに悪化してしまうので要注意です。

1-5.すり鉢状毛穴

すり鉢状毛穴とは、酸化した皮脂が毛穴にダメージを与えて広がってしまった状態の毛穴のことです。皮脂が原因ですので、正しく皮脂を取り除くことが最も有効なケアになります。