体が硬くなる原因と解消方

体も気分もスッキリ! 体が硬くなる原因と解消する方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「肩が痛い」「腰がまわらない」「首が鳴り続ける」こうした症状に悩まされている方の多くは、体が硬いことに原因があります。でも、体が硬いことと痛みにどういった関係があるでしょうか。この記事では、体が硬い原因と、その解消法をご紹介します。

01. 体が硬くなる
原因

体の硬さには個人差がありますが、日々の生活の中で悪化することも考えられるでしょう。この項目では、体が硬くなる理由をご紹介します。

1-1.普段体を動かさない

体を動かさないと、その分筋肉や関節が劣化します。そのため、よく伸びていた筋肉・関節がだんだん縮こまり、体の動きが悪くなってしまうのです。

1-2.筋肉の緊張

過度の運動で疲労が体にたまってしまうと、筋肉は縮こまってしまいます。そのまま無理に動かそうとすれば痛みが発生し、脳が勝手に筋肉を収縮するように命令してしまうのです。それによって、体全体が硬くなってしまいます。

1-3.加齢による縮小

老化現象も体を固くする原因のひとつ。年をとってからあまり運動をせず、家の中にいることが多い生活になってしまうと、筋力が極端に落ちてしまいます。年配の方に腰が曲がっている人が多いのは、体の筋肉が固まって縮んでしまうのが原因です。

1-4.骨盤のズレ

体が硬い人は、骨盤がずれている可能性があります。ずれていることで正常に体を動かすことができず、さらなるゆがみを誘発することに。骨盤が後ろにずれていると脚を伸ばして座るのも苦痛な場合が多いです。そのため、骨盤が後ろにずれている人は体が硬くなる傾向にあります。