体の歪みは改善できるの? 歪む原因や改善法・予防法などについて

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

体の歪み(ゆがみ)は、肩こりや首の痛みを引き起こす要因です。実感はなくても、日常生活のある動きや癖(くせ)によって、体が歪むと言われています。体の歪みがひどくなるほど、肩こり・首の痛み・頭痛などのさまざまな不具合が起きるため、普段の生活を見直して体が歪む原因を把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、体の歪みの基礎知識やセルフチェック・改善方法・整体・予防について説明します。

この記事を読むことで、体の歪みによる悪影響や症状・原因などがわかり、正しく矯正することができます。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

01. 体の歪みについて

まずは、体の歪みがどういうことなのか理解することが大切です。メカニズムや原因・引き起こす悪影響について詳しく説明します。

1-1.どういうことか

体が歪むメカニズムはとてもシンプルです。私たち人間は二足歩行が基本ですが、もともとはほかの動物と同じ四足歩行でした。二足歩行をする人間は、地球の重力に逆らう姿勢をしています。そのため、日常生活でも骨・筋肉・関節などに大きな負担がかかるのです。重力に逆らう姿勢を続けることで、少しずつ体の歪みが出てきてしまいます。
また、地球の重力以外にも、日常生活のさまざまな動作で体が歪むのです。主に、歪む場所としては、骨盤・背中・肩・腰などがあります。

1-2.なぜ歪むのか

体の歪みは、ほとんどが生活習慣の積み重ねからきています。歪みを引き起こす生活習慣を、いくつか以下にピックアップしてみました。

  • イスに座ったときは必ず足を組む
  • バッグを持つ手や肩が決まっている
  • 寝転がって本を読んだり、テレビを見たりする
  • 姿勢が悪い
  • ストレスを感じることが多い
  • 横座りやアヒル座りをすることが多い

以上のような生活習慣は、体の歪みを引き起こす要因となります。また、運動不足も体が歪む原因です。運動しない→体が硬くなる→姿勢が悪くなる→体が歪むという悪循環が生まれます。

1-3.歪むとどうなるのか

体のバランスは、健康的な体を維持するポイントです。体のバランスが取れていないと、不健康な体になってしまいます。体の歪みがひどくなるほど、腰痛や肩こりが悪化するでしょう。体のバランスが崩れると筋肉が血行不良を起こし、筋肉に疲労物質がたまります。そして、コリが発生し筋肉の機能が低下するのです。
また、骨格にも悪影響をおよぼすことになるでしょう。特に、女性の骨盤は、生理周期に合わせて開閉するように動きますが、骨盤が歪んでいるとスムーズに動きません。神経を圧迫し、生理不順・生理痛などの悪影響につながります。