新陳代謝を上げるおすすめサプリ

新陳代謝を上げる方法は? 効果的な方法・おすすめのサプリを紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

新陳代謝とは、古いものと新しいものが入れ替わることで、人体においては皮膚や細胞の入れ替わりを指します。髪の毛が抜けるのも、皮膚から垢が出るのも新陳代謝の一種です。新陳代謝が活発であれば、皮膚や内臓はいつまでも若々しくいられます。逆に、新陳代謝が鈍ってしまうと、ひっかき傷などの外傷がいつまでも治りにくくなったり便秘になりやすくなったりするのです。

そこで今回は、新陳代謝をあげる方法やおすすめのサプリメントをご紹介しましょう。

新陳代謝がよくなると肌荒れや便秘の悩みなども解決しやすくなります。肌荒れや便秘に悩んでいる方や新陳代謝をアップする方法を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

新陳代謝って
いったい何?

はじめに、新陳代謝の基礎知識をご説明します。同じ代謝である基礎代謝と何が違うのでしょうか?

1-1.新陳代謝とは

新陳代謝とは、前述したように古いものと新しいものが入れ替わることです。人体では主に細胞の入れ替わりを指します。私たちの体は約60兆個の細胞からできており、日々古いものと新しいものが入れ替わることで生命活動を維持しているのです。皮膚から生じる垢や毎日排泄される便は新陳代謝後の老廃物の塊であり、新陳代謝が正常に行なわれている証でもあります。

1-2.新陳代謝と基礎代謝の違い

新陳代謝と基礎代謝はよく混同されがちです。基礎代謝というのは、生命維持に必要なエネルギーを指します。私たちはただじっと座っていたり寝ていたりするだけで、エネルギーを消費するのです。この基礎代謝が高い人ほど太りにくくなります。

ちなみに、新陳代謝にもエネルギーが必要なので、新陳代謝が活発になると基礎代謝も高くなっていくのです。

1-3.新陳代謝の周期と重要性

新陳代謝が行われる周期は体の部位によって異なります。胃腸などの消化器官の細胞が5日周期と最も早く、ついで心臓が22日・皮膚が28日周期です。最も遅い部位が骨で、約3か月かけて新陳代謝が行われます。

健康な体を保つためには、新陳代謝が正常に行われているかどうかが重要です。新陳代謝が正常に行われなくなると便秘・肌荒れ・疲れやすいなどの不調が出てきます。さらに、新陳代謝に使われるエネルギーが少なくなれば基礎代謝も低くなり太りやすくなってしまうのです。

1-4.年齢と新陳代謝の関係

年齢が高くなると、新陳代謝も鈍くなってきます。年を取ると傷の治りが遅くなったり傷跡がシミのように残ったりしやすくなりますが、これは新陳代謝が鈍くなった影響です。しかし、生活習慣や食習慣によって新陳代謝を活発にさせ、若々しい肉体を維持し続けることもできます。

新陳代謝の
良い人と悪い人の違い

この項では、新陳代謝の良い人と悪い人の特徴や、新陳代謝が低下する原因などをご紹介します。新陳代謝が低下する原因はどこにあるのでしょうか?

2-1.新陳代謝が良い人の特徴

新陳代謝が良い人は、

  • 胃腸の活動が活発
  • 年の割には若々しい
  • 体温が高め
  • 肌つやがよく肌荒れがしにくい
  • 食べても太りにくい

といった特徴があります。胃腸の働きが活発ですと、消化吸収から排泄までが正常に行われ、エネルギーの吸収と老廃物の排出もスムーズです。

便秘などになることもなく、余分な脂肪を体に蓄えることもありません。肌の生まれ変わりサイクル(ターンオーバー)が早く、シミやしわができにくいのも特徴です。

2-2.新陳代謝が悪い人の特徴

新陳代謝が悪い人は、

  • 体温が低い
  • 胃腸が弱く便秘気味、もしくは下痢気味である
  • 体の調子を崩しやすい
  • 年齢よりも老けて見られる

といった特徴があります。見ての通りいいことはひとつもありません。

2-3.新陳代謝が悪くなる原因・デメリット

前述したように、新陳代謝が悪くなると、便秘や肌荒れといった体の不調が起こりやすくなります。さらに、風邪が重症化しやすかったり傷の治りが遅かったりといったことも新陳代謝の悪化によるものです。

新陳代謝が悪くなる原因としては血行が大きく関係しています。血液の役割は体に新鮮な酸素や栄養素を届け、老廃物を受け取って体外へ放出することです。ですから、血行が悪くなれば新陳代謝も低下します。

では、なぜ血行が悪くなるのでしょうか? それを次の項でご紹介します。

2-4.血行が悪くなる原因

2-4-1.冷え

外気温が低くなると体は血管を収縮させて熱の放出を抑えようとします。すると、体の末端は血液が流れにくくなって冷え、新陳代謝が低下するのです。ですから、外側と内側、両方から体を温めることが大切になります。

2-4-2.ストレス

強いストレスを感じると、交感神経という自律神経が活発になり血管が収縮します。緊張して手足が冷たくなるというのは、比喩表現ではなく現実に起こることなのです。血管が収縮すると手足の末端に血液が行き渡りにくくなり、夏でも体が冷えてしまいます。そうなると新陳代謝も低下するのです。

2-4-3.血管の不具合

血管が硬くなったり内部に脂肪やコレステロールがついて狭くなったりしても、血行が悪くなります。血管内にコレステロールや脂肪がたまるのは、肥満や高脂肪の食事・過度な飲酒・喫煙などが原因です。健康診断で高脂血症と診断された方も要注意。血管の不具合は新陳代謝を低下させるだけでなく、動脈硬化症の原因にもなります。

2-4-4.女性ホルモンの影響

女性ホルモンは自律神経と密接な関係があります。月経前になるとイライラするのは、女性ホルモンが自律神経に作用しているためです。女性ホルモンの分泌がスムーズに行われなくなると自律神経が乱れて血管の収縮や発汗の増加が起こり、体が冷えて血流が悪くなります。また、冷えが女性ホルモンの乱れを引き起こすこともあるのです。

新陳代謝を上げるとは
どういうこと?

新陳代謝をアップさせるには、血流を良くすることが重要です。血の流れがよくなれば新陳代謝が活発になるだけでなく、冷え性・便秘・肌荒れなども解消しやすくなります。さらに新陳代謝がアップすれば基礎代謝もアップし、ダイエットにも効果的です。

新陳代謝を
アップする方法

この項では、新陳代謝をアップする方法をいくつかご紹介しましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

4-1.バランスの取れた食事を規則正しくとる

食事は生命活動の基本です。栄養バランスのとれた食事は、血行をよくし新陳代謝を良くしてくれます。特に、ビタミンAやビタミンC、ビタミンB群は新陳代謝の活発化に効果的です。ダイエット中でも必要な栄養素はきちんと取りましょう。

食事を抜いたりカロリーだけを気にした食事を続けると、かえって新陳代謝が悪くなって太りやすい体になります。食事を抜くのも逆効果でしかありません。

4-2.体を温める食品を利用する

しかし、ただ単に栄養素を摂取すればよいというわけではありません。トマト・レタス・キュウリ・バナナなど体を冷やす食品には注意しましょう。体を冷やす食品とは、食品そのものが冷たいわけでなく、消化吸収するのにより多くのエネルギーを必要とするという意味です。また、夏が旬だったり暑い地方が原産の食べ物は体を冷やしやすいといわれています。

反対にショウガや香辛料全般・里芋・かぼちゃ・にら・ねぎなどが体を温める食べ物です。血行を良くするためには体を温める食べ物を積極的に取りましょう。体を冷やす食べ物も食べてはいけないというわけではなく、温かい料理にして食べたり体を温める食べ物と組み合わせて食べたりすればOKです。

4-3.サプリメントを利用する

仕事などが忙しく中々栄養バランスのとれた食事を取れないという場合は、サプリメントを補助的に利用してみましょう。ビタミンB6・ビタミンA・ビタミンCは新陳代謝を活発にする栄養素です。ただし、「サプリメントを飲んでいるから大丈夫」とばかりに暴飲暴食してはいけません。

おすすめのサプリメント

蔵出ごま酢

蔵出ごま酢は、基礎代謝をアップする効果が期待できるアミノ酸やクエン酸・セサミン・カルシウム・鉄分・亜鉛など、体に必要な成分が高配合されたサプリメントです。日頃不足しがちな栄養を補いながら、ダイエット効果も期待できます。美しく痩せたい方だけでなく、朝すっきりと起き上がりたいという方や、栄養不足が気になっているという方にもおすすめです。

「蔵出ごま酢」の詳細を見る

ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKBは、肌の新陳代謝を活発することで、しみ・そばかすなどの緩和が期待できる医薬品です。LシステインとビタミンCを高配合しており、飲むだけで体の内側からしみやそばかす・ニキビをケアできます。

「ミルセリンホワイトNKB」の詳細を見る

 

4-4.適度な運動

適度な運動は血行を良くしてくれます。運動には筋肉を鍛える無酸素運動と脂肪燃焼に効果のある有酸素運動がありますが、血行を良くするためには有酸素運動がおすすめです。

ただ歩くだけでも十分な運動になります。今は室内でできる有酸素運動のDVD付き教本なども販売されているので、それを利用してもいいですね。運動はストレス解消の効果も期待できます。

4-5.寝不足にならない

新陳代謝が最も活発に行われるのは睡眠中です。ですから、夜更かしを避けてできるだけ規則正しい睡眠を取りましょう。布団に入ってもなかなか眠れないという方は、まず早起きを心がけてください。早起きをすれば夜も早く眠くなります。また、休日に半日寝ているような生活は避けましょう。

4-6.体を冷やさない

体が冷えれば血行も悪くなります。特に温めたいのはおなかと足です。薄着をする場合は、保温性の高い下着を付けるなど工夫しましょう。夏でも冷房が効いた場所に長時間滞在する場合は、冬と同じように保温に努めてください。

新陳代謝に関する
よくある質問

Q.血液をサラサラにする健康食品などは効果がありますか?
A.血液がサラサラになることと血行の良さはまた別です。同じ健康食品を摂取するならば、冷え性改善の効果があるものを選んだ方が血行が良くなります。

Q.運動が苦手で好き嫌いが多いのですが、どうすればよいのでしょうか?
A.運動はただ歩くだけでも効果があります。好き嫌いが多く偏食の場合は、好きなものと組み合わせて食べるなど工夫をしましょう。無理をせず少しずつ食べる量を増やしていくのがコツです。

Q.辛いものを食べる際の注意点はあるのでしょうか?
A.辛いものは胃などの粘膜を荒らしてしまいます。胃腸が弱っているときは避け、少しずつ摂取するように心がけましょう。トウガラシなどは、ほんのひとかけらでも効果があります。

Q.体を冷やす食べ物が好きなのですが…。
A.体を冷やす食べ物は、夏になるととてもおいしく感じます。食べてはいけないというわけでなく、トマトならば熱いトマトスープにして食べるなど工夫をしましょう。キュウリやレタスは、コショウをきかせて食べるのもいいですね。

Q.食欲があまりありません。どうしたらよいでしょうか?
A.食べられるものを少しずつ食べてみてください。野菜や果物をまるごとジュースにしたスムージーや具だくさんのスープ・野菜をうらごしにしたポタージュなどがおすすめです。

新陳代謝を上げる方法
まとめ

いかがでしたか? 今回は新陳代謝を活発にする方法やサプリメントなどをご紹介しました。新陳代謝の活性化は老化防止や便秘解消・基礎代謝量のアップなど良いことづくめです。簡単に新陳代謝をアップできる方法も多いので、できることから実践してみてください。最初は飲み物を冷たいものから温かいものに変えるだけでも効果的です。