ボクシングのダイエットは痩せる!?効果・方法・魅力・始め方ご紹介

ボクシングによるダイエットは、ただ細くなるだけではなく、引き締まったかっこいいボディーラインを作れるのが魅力です。また、筋肉を鍛えて代謝をアップすることができるため、太りにくい体になるのもメリットでしょう。けれども、「ボクシングジムってちょっと敷居が高い」「本当にボクシングで痩せられるのか不安」などと、思っている人も少なくありません。

そこで今回は、ボクシングダイエットの効果・方法・魅力・始め方などを調べてみました。また、ボクシングジムの選び方なども併せてご紹介します。

  1. ボクシングのダイエット効果について
  2. ボクシングでダイエットする方法
  3. ボクシングでダイエットをするメリット・おすすめの人は?
  4. ボクシングの始め方
  5. ボクシングダイエットや効果に関するよくある質問

この記事を読んでいただければ、ボクシングによるダイエットに関するいろいろなことがわかるでしょう。ぜひお役立てください。

ボクシングのダイエット効果について

ボクシングによるダイエットは本当に効果があるのでしょうか? また、具体的にはどのような効果が得られるのか、ボクシングダイエットに関するさまざまな疑問を探ってみました。

1-1.ボクシングダイエットの効果とその理由

ボクシングでは以下のような効果が期待できます。

1-1-1.脂肪燃焼

ダイエット効果を上げるには、体に付いた余分な脂肪を燃焼することが大切です。そのためには、有酸素運動に無酸素運動を組み込む運動が一番効率的になります。
ボクシングは、手足を動かす・足腰をひねる・ステップなど全身を使う有酸素運動(※1)と、筋肉トレーニングなど無酸素運動(※2)を組み合わせた複合的なスポーツです。そのため、脂肪燃焼効果が高いといわれています。

※1有酸素運動:ウォーキング・ジョギング・水泳など、全身に酸素を取り入れながら糖質や脂肪を燃焼する運動。長時間継続して行う

※2無酸素運動:筋力トレーニングなど、酸素を必要とせず短時間で強い負荷をかけ筋肉量を増やす運動

1-1-2.代謝アップ

有酸素運動と無酸素運動を複合的に行うことで、筋肉量が増え基礎代謝がアップします。基礎代謝がアップすると脂肪燃焼効果がさらに上がるだけではなく、免疫力もアップするので風邪をひきにくい・病気になりにくいなどのメリットもあるのです。

1-1-3.全身が引き締まる

ボクシングは手・足・全身を使うスポーツなので、バランスよく全身を引き締めることができます。また、ミットをはめてパンチをする運動は、腰にひねりを入れる動作のため、骨盤周りの可動域が広がり下腹部の血流がアップするのです。股関節を動かすことで足腰も鍛えられ、なかなか引き締めるのが難しい下半身もスッキリさせることができるでしょう。

1-1-4.体幹が鍛えられる

ボクシングは、下半身のステップ運動と上半身の筋肉を使うパンチ運動を行うことで、体幹を鍛えることができます。体幹を鍛えることで、美しいボディーラインを作ることができるだけではなく、姿勢の悪さや便秘などを改善することができるのです。

1-2.ボクシングダイエットの効果が出るのはどのくらい?

ボクシングでダイエットをすると、どれくらいの期間で効果を感じられるのでしょうか。ボクシングによるダイエットを成功させるためには、長期計画を立てることが大切です。「1か月で10Kg体重を落としたい!」というような無謀なダイエットは、必ずリバウンドしてしまうので意味はありません。たとえば、10Kg体重を落とすだけではなく体型を美しく引き締めるためには、3か月〜半年間くらい見たほうがいいでしょう。

1-3.ボクシングでダイエットするのが向いている人・向いていない人

ボクシングダイエットは、有名なモデルや女優が取り入れていることでも知られ、特に女性に人気があります。向き不向きはあるのでしょうか?

1-3-1.ボクシングダイエットに向いている人

  • 体重を落とすだけが目的ではなく、体を引き締めることを目的としている人
  • ハードな運動を楽しんでやれる人
  • 目標と強い意志を持って続けられる人
  • 栄養のバランスがいい食事を続けられる人

1-3-2.ボクシングダイエットに向いていない人

  • すぐに結果を求めたい人
  • ゆるやかな運動のほうが好きな人
  • ジムに通う時間がない、家でトレーニングしたいという人

ボクシングでダイエットする方法

ボクシングでダイエットする方法にはいろいろありますが、基本的なメニューと効果を上げるポイントをご紹介しましょう。

2-1.ボクシングダイエットの基本メニュー

ボクシングダイエットの基本的な練習メニューには以下のようなものがあります。

2-1-1.縄跳び

縄跳びは、練習前のウォーミングアップと練習後のクールダウンを目的に行います。縄跳びは全身運動なので、腕・肩・足全体・おなかなどを鍛えることができ、足首の筋肉や関節も強くなるのです。けがの防止にもなるため、必ず取り入れたいメニューといわれています。

2-1-2.シャドーボクシング

シャドーボクシングも縄跳びと同様に、ウォーミングアップとクールダウンの効果があります。大きな鏡の前で全身を映し、パンチやキックのコンビネーション(※)の確認、フォームの確認をしてください。シャドーボクシングは全身を使うので、代謝がアップしバランスのとれたボディーライン作りに一役買ってくれる運動です。

※コンビネーション:単純に打つだけではなく、「ワンツーから左ボディーブローヘつなげる」など、パンチの役割を理解し順番に打つこと。さまざまな種類のコンビネーションがある

2-1-3.サンドバッグ

サンドバッグ(をたたくこと)は、本格的なボクシングのトレーニングで、全身の筋肉を使う無酸素運動になります。最初は力を込めて殴るだけで精一杯ですがだんだん上達するとステップなども取り入れてリズミカルに動けるようになるでしょう。有酸素運動の効果も得られるようになります。

2-1-4.ミット打ち・対人練習

ミット打ちは、トレーナーを相手に行います。トレーナーの動きやミットの位置に合わせて動くのでスピーディーな動きが大切です。対人練習は、お互いに決めたコンビネーションを打ち合います。打つだけではなく、相手の攻撃から自分を守ることも必要なので、頭と体の両方をフルに使う運動です。

ボクシングでダイエットをするメリット・おすすめの人は?

ボクシングダイエットの魅力・メリットとは、どのようなところにあるのでしょうか。

3-1.ボクシングでダイエットをする魅力とメリット

ボクシングでダイエットを行う1番のメリットは、「1-1.ボクシングダイエットの効果とその理由」で挙げたように、引き締まったボディーラインを作れることです。けれども、それ以外にも魅力・メリットがあります。

3-1-1.ストレス解消になる

普段の生活では、思いきり何かをたたいたりパンチをしたりするようなことはありませんよね。ボクシングで、サンドバッグやトレーナーを相手にパンチをする運動は、最初はきついのですが気分はスッキリします。「日中のモヤモヤした気分や会社でのストレスなどを解消できてスカッとする」という人はたくさんいるようです。

3-1-2.楽しみながらやれる

最初のうちは、思ったように体が動かなかったり筋肉痛になったりするものですがちょっと慣れてくるとリズミカルに動けるようになるでしょう。ジムによっては、ボクササイズなど、音楽に合わせてトレーニングをすることもあり、楽しみながら行うことができます。

3-1-3.おしゃれなウェアを着られる

ボクシングは、おしゃれなウェアもいろいろ出回っています。最初のうちは、ほとんどの人がボディーラインが隠れるウェアを着ているものです。けれども、だんだん、ボディーラインが引き締まってくると、露出度が高く体にぴったりしたウェアが着たくなるでしょう。「引き締まってきたな」と実感すると、さらにボクシングを続けるモチベーションが上がります。

3-2.ボクシングダイエットがおすすめの人とは

ボクシングダイエットは、ただ細くなりたいのではなく、体幹がしっかりとしている、しなやかで引き締まったボディーライン作りを目指している人におすすめです。なんとなく太ってしまった自分を脱皮して、「かっこいい自分」になりたい人にはぴったりでしょう。

ボクシングの始め方

ボクシングをやるには、やはりボクシングジムに通うのが1番です。ジムの選び方や必要なもの、費用など気になることを調べてきました。

4-1.ボクシングジムの選び方

ひとくちにボクシングジムといっても、以下のような種類があります

  • プロボクサーを養成するジム
  • 一般の人が会社帰りに気軽に立ち寄れるようなスポーツジム
  • ダイエット目的の女性が多いボクササイズを中心とするジム

また、総合的に1〜3までを行っているジムもあります。ダイエット目的でボクシングを行う場合は、ダイエット向けのプログラムを行っているか確認してください。

4-2.ボクシングジムのチェックポイント

前項のほかにも、ジムを選ぶときには以下のようなこともチェックしたいポイントです。

  • 通いやすい場所にあるか
  • 通いやすい時間にレッスンを受けられるか(仕事帰りに通うのなら夜遅くまでやっているなど)
  • 見学や体験ができるか
  • ジム内やシャワールーム・ロッカールームなどが清潔か
  • プログラムが豊富か
  • トレーナーが多いか
  • タオルやウェアなどのレンタルはあるか
  • 料金が自分の予算に合っているか

4-3.ジムではどんなことをするの?まずは「体験」してみよう!

ボクシングジムでは、どのようなことをするのか気になるものです。そこで、いくつか候補を絞って「体験レッスン」を受けることをおすすめします。多くのボクシングジムでは、無料で体験レッスンを行っているので試してみましょう。そのときに、実際のレッスンではどのようなことをするのかプログラムの内容を確かめてください。

4-3-1.体験メニューの例

「体験」のメニューはジムによって詳細が異なります。一例を挙げてみましょう。

  1. 準備体操(縄跳び・エアロバイク・ストレッチほか)
  2. 鏡の前で、パンチの出し方や足の運び方などの練習
  3. キック(もも上げから足を出す)の練習
  4. サンドバッグをたたく
  5. クールダウン

4-4.使用する道具や費用について

ボクシングジムに通うために必要な道具や、レッスンの費用はどれくらいかかるのでしょうか?

4-4-1.必要な道具

  • ウェア上(Tシャツ・タンクトップなど)
  • ウェア下(短パン・スウェット・ジャージ・スパッツなど)
  • タオル(汗拭き用とシャワー用の2枚)
  • 飲み物(水やスポーツドリンクなど)
  • 着替え入れ袋
  • ヘアバンドやヘアゴム(髪の長い人)

グローブ・シューズなどはレンタルしているジムと、していないジムがあるので事前にお問い合わせください。

4-4-2.レッスン費用

ボクシングジムは大手から中小まで規模はさまざまで、場所・設備・プログラム内容によってレッスン費用も異なります。ダイエットやフィットネスを目的としたボクシングジムの例をご紹介しましょう。

(銀座・赤坂・渋谷などに店舗のあるジム)

  • 入会金10,000円(税別)
  • 事務手数料3,000円(税別)
  • フルタイム会員(平日/10:00〜22:00 土日祝10:00〜19:00):利用制限なしで月会費14,500円(税別)
  • デイタイム会員(全日程10:00〜17:00):利用制限なしで月会費11,000円(税別)
  • リミテッド会員(平日/10:00〜22:00土日祝10:00〜19:00 月4回):利用制限は月4回で月会費13,000円(税別)

(銀座のフィットネス系ジム)

  • 入会金20,000円(税別)
  • デイタイム会員(平日/10:00〜17:00 土日祝は利用不可):グループレッスン受講可能上限数、月10回で月会費15,000円(税別)
  • ライト会員(平日/7:00〜23:00 土日祝/10:00〜18:00):グループレッスン受講可能上限数、月5回で月会費15,000円(税別)
  • レギュラー会員(平日/7:00〜23:00 土日祝/10:00〜18:00):グループレッスン受講可能上限数、月10回で月会費30,000円(税別)
  • VIP会員(平日/7:00〜23:00 土日祝/10:00〜18:00):グループレッスン受講可能上限数、月15回で月会費50,000円(税別)。VIPルームの使用可能回数は月10回

ボクシングダイエットや効果に関するよくある質問

ボクシングダイエットや、その効果に関するよくある質問をご紹介しましょう。

Q.ボクシングによるダイエットの効果を上げるにはどのようなことが必要ですか?
A.ボクシングはカロリーの消費量が高く、体を引き締める効果もあるのですが、やはり食生活や睡眠時間などの生活習慣にも気を配る必要があります。脂っこいものや高カロリーなもの、甘いものなどを食べ過ぎたり、夜更かししてお酒を飲んだりなどの生活は改め、バランスのいい食生活や十分な睡眠にも気を付けましょう。

Q.ボクシングジムでレッスンをするときの注意点を教えてください。
A.ボクシングの動きはハードなので、十分に準備運動やストレッチを行ってからレッスンを始めましょう。また、途中で水分補給をするのも忘れないようにしてください。最初のうちは、無理をしないように徐々に慣れていくようにしましょう。

Q.ボクシンググローブは買ったほうがいいですか?レンタルできるでしょうか?
A.ジムによってはレンタルもあります。最初に無料体験をするときは、レンタルしてもいいでしょう。ボクシングジムに通おうと決めたら、グローブは汗をかくアイテムなので、自分用を買うことをおすすめします。

Q.ボクシングはダイエットのほか、肩こりや腰痛なども改善できるでしょうか?
A.ボクシングでは、体幹の筋肉を鍛えることができます。そして、猫背を改善し美しい姿勢になるとともに、肩こりや腰痛も改善する効果が期待できるのです。

Q.ボクシングのダイエット効果を上げるには、週に何回ほどジムに通う必要がありますか。
A.元の体重や体質にもよりますが、ダイエットをしたい場合は、週に2〜3回、各回1時間は最低でもレッスンを受けたいものです。すぐに結果を出そうと焦らず、3か月〜半年はきちんと続けてください。

まとめ

ボクシングによるダイエットは、有名な女優やモデルがやっていることで、最近では女性に人気です。女性たちが求める「美」の基準が、昔のように「ほっそりと痩せていて女らしい」ではなくなってきたことも要因でしょう。最近は、「戦えるような引き締まった体」のほうがかっこいいといわれ、女性の憧れなのです。徐々に体が引き締まってくると、ボディーラインを強調するようなウェアを着ることができるのも、続けるモチベーションになりますよね。ボクシングによるダイエットは、手応えを感じるためにも、必ず3か月〜半年は続けてください。
ボクシングによるダイエットは、やはりジムに通い、基本的なことを教わりながら行うのがおすすめです。自分の通いやすい場所のジムが見つかったら、必ず無料体験や見学をしてから決めてくださいね。