ミット打ちはボクシングの上達ポイント! 効果や基本の打ち方とは?

ミット打ちはボクシングの上達ポイント! 効果や基本の打ち方とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

ボクシング=激しいスポーツと思い込んでいませんか? ハードできついイメージのボクシングですが、初心者でも気軽にできる練習メニューがあります。実は、ボクシングで行う動きは、体幹を鍛え、ダイエット効果や健康効果も期待できるのです。中でも、ミット打ちは筋トレになるだけでなく、集中力アップにもつながります。そんなミット打ちを正しく行うためには、知識を身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、ミット打ちの基礎知識や効果・やり方などについて詳しく説明します。

この記事を読むことで、ミット打ちのやり方や注意点などがわかります。練習に興味がある方や方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

01. ミット打ちの基礎知識

ボクシングの練習といえば、どんなメニューを思い浮かべるでしょうか。中心的な練習メニューといわれているのが、サンドバッグとミット打ちです。中でも、ミット打ちはメインにあたるもので、体を限界まで追い込む練習ができます。よって、身体能力の向上や筋トレが可能です。正しい方法でミット打ちするためにも、基礎知識を身につけましょう。

1-1.ミット打ちとは?

ミット打ちは、ボクシングのメイン練習です。トレーナーが的になるミットを手に持ち、その的にめがけてパンチやキックをくり返していきます。トレーナーの動きに合わせて、移動しながら打っていかなければなりません。そのため、瞬発的ですが、全身のトレーニングに効果的だといわれています。また、ミット打ちはボクシング選手だけでなく、ダイエットや健康・筋トレ目的として、日々の生活に取り入れている方もいるのです。

1-2.サンドバッグとの違いは?

ミット打ちと同じく、ボクシングのメインとなる練習がサンドバッグです。サンドバッグは、天井からぶらさがっている大きめの対象物に向かって、ひたすら打ち込み続けます。トレーナー主体のミット打ちとは、まったく異なる練習内容です。ミット打ちはフットワークの軽さがポイントとなりますが、サンドバッグはパンチのコンビネーションが重要となります。全身トレーニングに最適なため、ミット打ちと組み合わせて練習することが多いようです。