不眠の方も羨む爆睡猫に遭遇! 無防備に日向ぼっこする姿に癒し度120%!

先日、鎌倉の円覚寺へ行った際、拝観受付で油断しっぱなしの爆睡猫に遭遇しました。

人が集まってガヤガヤ騒いだり、そばで写真を撮ったりしても全く起きる様子がありません。こんな人目につく場所で爆睡できるなんて、よっぽど人に慣れているんでしょうか。気持ち良さそうに寝ている姿を見ていると、こちらまで幸せな気分になりますね。ところで、なぜ、猫がよく眠るか知っていますか?

猫の睡眠時間が長い理由は?

猫の睡眠時間が長いのは、野生動物であった頃の名残であると考えられています。本来、猫は肉食動物のため、狩りをするエネルギーが必要な上に、すぐに獲物を見つけられる保証がありません。そのため、昼間に浅く長い眠りをとり、狩りに必要なエネルギーを無駄に使わないように備えているのです。一説では、よく寝ることから「寝子(ねこ)」と呼ばれるようになったとも言われています。

寝ている猫は起こしてはいけない?

猫の睡眠は大半が浅い眠りのレム睡眠のため、深い眠りに入るノンレム睡眠は貴重な時間なのです。今回見かけた猫も、ノンレム睡眠状態だったからいくら周りに人が集まっても目を覚まさなかったのでしょう。寝ている間は手出しをせず、寝顔を見守るだけにしておいたほうが良さそうです。