ぎっくり腰

ぎっくり腰の激しい痛みに襲われる前に…原因と予防方法を3つ紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

突然腰に激痛が走る。あなたもこんな経験がありますか? これはぎっくり腰の代表的な症状ですね。ぎっくり腰はいつあなたを襲ってくるか分りません。ぎっくり腰は腰に疲労が蓄積されることによって起こります。街を歩いている時に突然激しい痛みに襲われて動けなくなってしまうこともあるのです。しかし、ぎっくり腰は予防することが出来ます。あなたもぎっくり腰の原因とその予防方法について知りたいと思いませんか?

そこで本日は、ぎっくり腰の原因となる事柄とその予防方法をご紹介します。

ぎっくり腰の原因その1:長時間同じ姿勢で作業している

あなたは仕事で同じ姿勢を長時間続けることがよくありますか? デスクワークや製造ラインに入っている人は長時間座ったまま、もしくは立ったままの状態で作業することが多いでしょう。実はこの姿勢、腰に大きな負担を与えているのです。

長時間同じ姿勢を続けていると常に腰の筋肉が緊張している状態になります。その結果腰の筋肉が疲労に耐えることが出来なくなりぎっくり腰を引き起こしてしまうのです。

予防方法

休憩時間に腰の筋肉を良くストレッチしましょう。家に帰ってからゆっくりお風呂に浸かるのも効果的です。腰の筋肉をしっかりケアしてぎっくり腰を予防してください。

ぎっくり腰の原因その2:重いものを運ぶ

重い物を運ぶと当然腰に負担が掛かりますよね。それが原因でぎっくり腰になることがあります。頻繁に重い物を運ぶ仕事しているなら常に腰の筋肉が緊張した状態になるためぎっくり腰を起こしやすくなりますし、突然重い物を持つと腰の筋肉がびっくりしてぎっくり腰になるかもしれません。

予防方法

重い物を運ぶ前には軽くストレッチを行ない、頻繁に物を運ぶ時にはコルセットを使用して腰を補強しましょう。時々整体に行って腰の筋肉のケアをするのもオススメです。

ぎっくり腰の原因その3:運動不足

あなたは適度に運動をしていますか? 運動不足は腰の筋肉を弱めますし肥満の原因になりますよね。それはぎっくり腰の原因になるのです。

予防方法

こまめに運動することを心がけましょう。ウォーキングや軽いジョギングなどがオススメですよ。

まとめ

いかがでしたか? この記事ではぎっくり腰の原因と予防方法を3つご紹介しました。

ぎっくり腰の原因その1:長時間同じ姿勢で作業している
予防方法:こまめに腰をストレッチする。お風呂にゆっくり入って腰の筋肉をほぐす。

ぎっくり腰の原因その2:重いものを運ぶ
予防方法:重たい物を運ぶ時にはコルセットを付けて腰を補強する。

ぎっくり腰の原因その3:運動不足
予防方法:定期的に運動して肥満を防止する。

激しい痛みを伴うぎっくり腰を避けるため、これら3つの点に注意しましょう。