関節痛の原因や対処方法と痛みを和らげるポイントを見つけよう

関節痛の原因や対処方法を知りたい! 痛みを和らげるポイントを見つけよう

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

歩いているときや長時間同じ姿勢を維持した後、関節痛になりやすいです。すぐに動けないほど関節痛がひどい場合もあるでしょう。関節痛には人によってさまざまな原因があります。日常に支障をおよぼさないよう関節痛の原因や対処法、予防方法について説明しましょう。

関節痛で悩んでいる、困っている人はぜひチェックしてください。

関節痛の原因

関節部分が痛む「関節痛」にはさまざまな原因があります。関節痛を改善するためにも自分の原因を知ることが大切です。生活習慣を見直しながら関節痛の原因を突き止めましょう。

1‐1.関節の老化による「変形性関節症」

関節痛の中で最も多い原因は「変形性関節症」になります。変形性関節症は関節の老化ともいえる病気です。関節を使い続けるたび、骨と骨の間にある軟骨がすり減ってしまいます。軟骨がすり減ると骨同士が直接当たってしまうのです。そのため、膝に大きな負担をかけてしまうでしょう。

老化によって軟骨がすり減ると同時に筋肉の衰えも進むのです。変形性関節症は肥満体型や運動不足になっている人が起こりやすい傾向があります。体脂肪が多いと膝にかかる負担も大きくなるので注意しなければなりません。肥満体型になっている人は、脂肪を減らす努力をしましょう。体脂肪を減らすことで関節痛もやわらぎます。

1‐2.過剰な運動による「関節障害」

仕事を退職してからスポーツを始める人も多いでしょう。中高年からスポーツを始める人に多いのが「関節障害」です。今まで運動をしていなかった人が急に運動をすると膝に大きな負担がかかってしまいます。関節に大きなダメージを与えてしまい、関節障害が起こるのです。関節障害が関節痛となって現れるのでしょう。そのため、過剰な運動は絶対にしないでくださいね。

普段運動をしていない人は、少しずつ運動を始めていきましょう。最初から過剰な運動はしないように気をつけてください。また、関節障害でも人によって状況は異なります。自分の症状に合ったやり方で対処しなければなりません。

1‐3.使いすぎによる「関節の炎症」

関節痛の原因は使いすぎによる「関節の炎症」もあがっています。関節の使いすぎによって骨同士がこすれあってしまうのです。基本的に骨の間には軟骨があります。しかし、使いすぎると軟骨がすり減りなくなってしまうでしょう。関節が直接ふれあい、炎症を起こすのです。今まで痛みがなかったけれども、急に痛みが出てきた場合は注意しておかなければなりません。

関節痛は関節に炎症が起こっているあかしでもあるのです。立ちあがるときや階段をのぼりおりするときなど痛みが出てきた場合は、炎症が起こっている可能性が高いでしょう。炎症をそのまま放置しておけば、さらに関節痛が悪化してしまいます。できるだけ早めに関節痛を解消しておかなければなりません。また、生活習慣の見直しも必要なポイントになりますよ。

関節痛の対処法

2‐1.関節に負担のかけない生活習慣を心がける

関節痛は日ごろの生活習慣が原因になっている可能性もあります。1度、自分の生活習慣を見直してみてください。関節に負担をかけている生活をしていないでしょうか。肥満気味になっている人は食生活を見直す必要があります。ファストフードやレトルト食品、コンビニ弁当など高カロリーのものを食べすぎては脂肪が増えてしまうでしょう。できるだけ高カロリーのものは食べないでくださいね。栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。

そして、適度な運動も大切です。過剰な運動は逆効果になりますが、ストレッチやウォーキングなど軽い運動をしていきましょう。

2‐2.温熱療法や専門的な治療

関節痛が出た場合、「温熱療法」という対処法があります。温熱療法とは、患部を温める方法です。温熱療法は慢性的な関節痛が効果的になります。慢性的な痛みで困っている人はぜひ温熱療法を試してください。温湿布を利用する、ぬるめのお湯で温めるなどの方法がおすすめですよ。

しかし、急にやってくる関節痛の対処法は「冷やす」方法が効果的になります。温熱療法は慢性的な関節痛に効果があることを覚えておいてくださいね。また、どうしても痛みが続く場合は病院で診察を受けましょう。病気になっている可能性もあるため、専門的な治療を受けることが大切ですよ。痛みをそのまま放置すればさらに痛みが悪化する恐れがあるでしょう。できるだけ早めに対処することも大切なポイントになります。

関節痛の予防方法

3‐1.ストレッチやトレーニングをする

病気になっている場合は専門的な治療が必要になります。しかし、自分で関節痛の予防もできるでしょう。日ごろの生活を見直しながら予防をしてください。

関節痛の予防方法は「ストレッチ」と「トレーニング」になります。できるだけ毎日ストレッチ・トレーニングをしていきましょう。首・腕・上半身・下半身・股関節・足首など体の部分を1つずつ動かしてください。動かすときはできるだけゆっくりとした動作がおすすめです。急に動かしてしまうと関節を痛めてしまうので注意してくださいね。

ストレッチは筋肉がやわらかくなっているお風呂あがりが良いでしょう。毎日少しずつストレッチをしていきましょう。やわらかい筋肉は関節痛をやわらげてくれますよ。

3‐2.正しい歩き方・リラックスを心がける

関節痛の予防方法はほかにもたくさんあります。たとえば、普段当たり前にしている「歩き方」です。歩き方によっては関節に大きな負担をかけている可能性もあります。正しい歩き方は背筋をまっすぐにした歩き方です。背筋をまっすぐにしてかかとから着地してください。そして、つま先を使って後ろへ蹴りましょう。足裏をしっかり地につけることで関節に負担がかからない歩き方が維持できます。

また、関節に負担がかからないよう心身ともにリラックスすることも大切ですよ。ストレスがかかってしまうと体が緊張状態になってしまいます。交感神経が活性化してしまうため注意しなければなりません。自分でリラックスできる空間をつくっていきましょう。アロマオイルをたく、半身浴をする、好きな音楽を聴くなど、さまざまな方法があります。このように、関節に負担をかけない生活習慣を心がけてくださいね。

まとめ

関節痛の原因や対処法、予防方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか? 関節痛が起こる原因をつかむことが対処の1歩になります。原因について把握できていない人は、状況を見ながら原因を見つけてください。そして、正しい方法で対処・治療をしていきましょう。日ごろの生活習慣を見直すことも大切なポイントになりますよ。

  • 関節の老化による「変形性関節症」
  • 過剰な運動による「関節障害」
  • 使いすぎによる「関節の炎症」
  • 関節に負担をかけない生活習慣を心がける
  • 温熱療法や専門的な治療
  • ストレッチやトレーニングを毎日続ける
  • 正しい歩き方やリラックスを心がける

以上のポイントは要チェックです。できるだけ早めに関節痛を解消しなければなりません。痛みをそのまま放置してしまえば余計に悪化してしまいます。手術をしなければならないケースもあるため、心配な人は1度病院に診てもらいましょう。