五十肩で悩んでいる方

五十肩で悩んでいる方へ ! 五十肩の特徴や原因・改善方法について

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

中高年の悩みで多い五十肩。仕事だけでなく日々の生活にも支障をきたしかねない五十肩は、できるだけ早めに解消し、予防をすることが大切です。

五十肩とはどのようなものか、原因や影響、症状を知り、改善・予防方法など一緒にチェックしていきましょう。五十肩の痛みに効果的なストレッチについても説明します。五十肩で悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

01. 五十肩を
詳しく解説

五十肩を解消したいのなら五十肩について詳しく知らなければなりません。症状のことをきちんと把握しているからこそ原因が分かり、適切な対処法が施せます。五十肩について詳しく知りましょう。

1-1.肩から腕にかけて痛む

五十肩は首の痛みや寝違えと勘違いすることが多く、気付かずに放置する人をよく見かけます。そもそも五十肩とは、肩から腕にかけて痛むのが特徴的です。肩だけでなく腕全体も痛みが現れるので注意しなければなりません。間違いやすい首の痛みは首から肩にかけて痛みますが、五十肩は肩から腕にかけて痛むのでまったく違いますよね。

もし、あなたの痛みが肩から腕にかけてやってくる場合は、ほとんどが五十肩と言って良いでしょう。また、左右同時に痛みがやってくることはほとんどありません。どちらかのサイドだけ痛む傾向が強いのでどこが痛むのかもチェックしておきましょう。たまに、右側の痛みが治まったら次は左側が痛むというケースもあるので注意してくださいね。

1-2.腕の可動域が狭まる

五十肩は痛む場所だけでなく、腕の可動域が狭まることも特徴のひとつです。ただの肩こりならそこまで可動域に変化はありませんが、五十肩は腕が上がらない、自由に動かせない、後ろに持っていけないなど動きが制限されてしまいます。痛みをこらえれば多少動かせる場合、五十肩ではないので安心してください。

五十肩は自由に腕が動かせないほどの痛みが発生するので要注意です。前日はスムーズに動かせたのに、急に動かせなくなるのは五十肩の証しではないでしょうか。腕の可動域が狭まることも五十肩の特徴だと思っておいてくださいね。

1-3.肩関節の炎症

五十肩の特徴は以上のように「肩から腕にかけて痛む」ことと「腕の可動域が狭まる」ことの2つです。なぜ、このような症状が現れるのかというと、肩の周囲にある関節が炎症を起こしているからだと言われています。炎症を起こすことで痛みが発生し、肩関節が腫れ上がっているのです。炎症は時間がたてば次第に治まり痛みもなくなりますが、そのまま肩の動きが悪くなってしまうでしょう。

肩の可動域が五十肩になる前と後では大きく変わってしまいます。そのため、生活や仕事にも支障をきたす恐れがあるのです。五十肩は放置しても自然と治る症状ですが、動かしにくい肩にならないために適切な治療と予防が大切になるでしょう。できるだけ早めに炎症を抑えた方が、結果として良いので気をつけなければなりません。