肥満の原因って何なの? 知らないと命にかかわる7つの肥満基礎知識!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

食生活の欧米化などにより、肥満は今や日本の国民病ともいわれています。厚生労働省の調査によれば、日本の成人男性は28.4%、女性は18.7%という肥満率です。実は、肥満はただ見た目が悪くなるだけでなく、命にもかかわるのをご存じでしょうか。さまざまな病気にかかるリスクが倍増し、死亡率も高まってしまうのです。健康に長生きしたいのであれば、早急に肥満を解消しなければいけません。そこで、今回は肥満の原因と解消法についてご紹介します。

この記事を読むことで、肥満の原因や危険性など、基本的な情報を学ぶことができます。肥満の対策法や予防法、治療法についても解説していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

01. 肥満の基礎知識

1-1.肥満とは?

肥満とは、過剰に体脂肪が体に蓄えられてしまっている状態のことを言います。また、日本肥満学会の定義では、BMIの値が25以上の状態が肥満です。BMI(Body Mass Index)とは日本語で体型指数という意味で、18.5以上25未満が普通体型と定義されています。ただし、BMIは筋肉量を考慮に入れていないため、必ずしも25以上だと肥満というわけではありません。BMIの計算方法については、後述します。

1-2.主な原因

主な原因には高カロリー食品の食べ過ぎと運動不足が挙げられます。片方だけでも肥満のリスクはありますが、多くの肥満体型の方は両方をしてしまっているようです。

1-3.種類、タイプ

実は、太り方にはいくつかの種類があります。普通の肥満と固太り、水太りなどです。固太りというのは、脂肪だけでなく筋肉も一定量ある状態のことを言います。イメージとしては相撲の力士やプロレスラーなどでしょう。がっちりとした見た目です。水太りとは、脂肪の中に水が多く含まれている状態を言います。筋肉が少ない方に多いので、特に女性に見られる太り方です。また、肝硬変など、病気で肝臓機能が低下すると発生することもありますので、注意しましょう。

1-4.なりやすい人とは?

基本的に、肥満というのは年齢が高いほどなりやすい傾向にあります。なぜかというと、年を取ると基礎代謝(生きているだけで消費するエネルギー)が下がっていきますし、身体機能も衰えるため運動機会が減っていくからです。ただし、高齢になると食欲が落ちてくるため、必ずしも老年の方が太りやすいとは言えません。そのため、一番太りやすいのは30~60代でしょう。この年代は飲酒の機会が多いですし、食欲も旺盛なので過食になり気味です。実際、平成27年に厚生労働省が発表した「国民健康・栄養調査報告」によれば、男性で最も肥満になりやすいのは40代で、続いて50代、30代、60代となっています。

1-4-1.男女では肥満が多い年代が全く違う

男性ではピラミッド型のグラフ図で、中年に近づくにつれて肥満率が高くなるという結果でしたが、これが女性になると変わってきます。前述した「国民健康・栄養調査報告」によると、女性の場合は70代以上が最も肥満率が高く、続いて60代、50代、20代となり、30代が最も低いのです。男性とはほぼ逆の「谷型グラフ」となっています。もちろん、男女ともに太りやすいのは中年ですが、男性に比べて女性(特に若い女性)の方が体型に対するこだわりが強い傾向にあるため、このような結果となっているようです。

1-5.最近の傾向

2000年初頭ごろが最も肥満割合が多く、現在ではやや減少傾向にあります。これは、最近の健康ブームなどで多くの方が体型に気を付けるようになったことや、インターネットの普及で肥満やダイエットに関する知識を手軽に得られるようになったことが理由です。