腰痛からくる足のしびれの原因と対処法

腰痛からくる足のしびれの原因と対処法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

体の不調の中でも厄介なのが腰痛です。
体の基礎とも言える部分なので、一度悪くしてしまうと再発を繰り返したり治す時間もかかってしまいます。
また、腰痛は腰だけでなく他の部分にも悪影響を与えます。
特に足のしびれは腰痛が原因の場合があるため、腰痛持ちで足のしびれが気になる人は一度専門の病院を受診しましょう。

腰痛と足のしびれの関係

下半身の神経は背骨の腰部分にある「腰椎」を通っています。
腰椎に変形や異常が起こると、足にかけての神経が圧迫される形になり下半身全体にしびれや痛みといった症状が現れるのです。
足の痛みと足のしびれは関係がないように思いますが、痛みが先に起こり後からしびれに変わってきます。
そのため、しびれを感じるころには症状が進行している可能性があるので早急に病院の受診をした方がいいでしょう。

腰痛による足のしびれ:種類と症状

腰痛による足のしびれには様々な種類があります。
ここでは腰痛の種類と症状や原因を紹介しましょう。

「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」

症状:片足の広い範囲でしびれる感覚です。足のしびれの範囲が広いのが特徴で、お尻から太もも、ふくらはぎや踵の裏まで痛みを感じることがあります。しびれの程度は人それぞれで、軽く痛む~感覚障害や麻痺まであります。

原因:腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊稚管が狭くなることにより坐骨神経が圧迫されて症状が出ます。坐骨神経痛は重大な疾患が原因の場合もありますので症状が出た時には注意が必要です。

「腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)」

症状:腰痛から始まり、片足に激しい痛みやしびれを感じるようになります。

太ももから足にかけて電気が流れるようなしびれを感じるのが特徴で、力を入れる様な動作をすると強く痛みを感じることがあります。

原因:椎間板は老化や外傷を受けると痛みや腫れにより通常よりも出っ張った形になります。出っ張った椎間板は神経を圧迫してしまい激しい腰痛や足のしびれにつながります。

椎間板には血液がほとんど通っていないため、再生することはありません。重症化すると痛みもしびれも感じなくなってしまうので、腰痛からくるしびれや痛みを感じたら早めに整形外科を受診しましょう。

「腰椎すべり症(ようついすべりしょう)」

症状:腰痛が主な症状です。成人では足に痛みやしびれを感じることがあり、長時間の立ち仕事や重量のある物の運搬作業、同じ姿勢でいた場合に強い痛みやしびれが起こります。

原因:ズレてしまった腰椎が神経を圧迫することで痛みやしびれを起こします。

腰痛からくる足のしびれ、対処方法は?

予防を含めた運動を

動けないほどの傷みがある場合は安静にする必要がありますが、一度痛みが引いたら、筋力トレーニングなどをして、腰椎周りの筋力を鍛えていくことが大切になってきます。
ただし、過度な運動は神経を圧迫して逆に悪化させてしまうこともありますので適度に行うよう注意してください。

体を冷やさない

体が冷えてしまうと血流が悪くなってしまいます。
このために手足の末端の血管まで血液が行き届かず、しびれが起きてしまうのです。
暖かい衣類を身につけたり、部屋の防寒対策を行うなど、体を冷やさないようにしてください。
特にこれからの季節は注意が必要です。

体型にあった衣類を身につける

しびれの原因の多くは血流の悪化や神経の圧迫です。
ピッタリしすぎている衣類を身につけていると血管や神経を圧迫してしまいます。
自分の体型にあったゆったりとした衣類を身につけるように心がけましょう。

自己判断せずに専門家にみてもらう

腰痛からくる足のしびれには様々な原因があり、自分では判断がつかないことが多いでしょう。
間違った対処法を行うとかえって悪化してしまう恐れもあります。
正しく対処し症状を改善させるためにも、整形外科や整体院など、専門家に頼りましょう。

まとめ

腰痛からくる足のしびれには様々な原因があります。
自分の症状を知ることでどんな病気なのか判断することができ、症状の回復にも繋がるでしょう。
ただし、間違った対処法をしてしまうとかえって悪化してしまうこともあります。
また、脳梗塞・脳出血の前兆として現われる場合もありますので、症状が続く場合には病院の受診も視野に入れておきましょう。