足がつる原因と予防・対処方法

足がつるのはなぜ? 原因と予防・対処方法まとめ

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

運動をした後や寝ている時など、足がつって激しい痛みに襲われることはありませんか? 足がつる症状は危険な病気を知らせるサインの場合もあり、すぐ収まるからと放っておくと取り返しのつかないことになる恐れもあります。そこで、この記事では、足がつる原因や予防・対処方法についてまとめてみました。足をつりやすいという方は、この記事を読んで予防方法を身につけましょう。

01. 足がつるのはなぜ?

足がつるという症状には、さまざまな原因があります。主なものをいくつか紹介しましょう。

1-1.筋肉疲労によって引き起こされる!

まず、足がつる原因として考えられるのが筋肉疲労です。本来、筋肉が緊張すると脳から筋や腱を緩める信号が送られます。しかし、過度な運動で筋肉が疲労している場合、脳が誤作動を起こし縮める信号が送られるのです。これによって、筋肉が急に伸縮し、激しい痛みが現れます。

1-2.冷えによる血行不良が原因?

冷えによる血行不良も足がつる要因の一つです。血行不良になると筋肉を緩める成分が不足し、筋肉が収縮しやすくなります。とくに血行不良になりやすいのが睡眠中です。寝ている時に足がつる原因の多くは、血行不良によるものと考えられています。

1-3.ミネラルバランスの乱れによって起こることも!

ミネラルバランスの乱れも足がつる症状を引き起こします。ミネラルには、筋肉や神経の動きを調整する働きがあるためです。ミネラルバランスが乱れると、筋肉の収縮と弛緩がうまくできず、痙攣が起こりやすくなります。

1-4.危険な病気が隠れている場合もある?

何らかの病気によって足がつる症状が起こっている場合もあります。なかでも危険なのが閉塞性動脈硬化症です。股関節近くの動脈がつまり足の血流が悪くなることで足がつります。最悪、足を切断しなくてはいけないこともあるので注意が必要です。閉塞性動脈硬化症かどうかは以下の方法で見分けることができます。

  1. あお向けに寝て、両足を45度の高さに上げます。
  2. 30秒ほど、足首を回します。

この時、片足だけが白くなっている場合、閉塞性動脈硬化症の恐れがあります。早めに医師の診察を受けてください。