疲れやすい原因はなに? 疲労回復を早めるために知っておくべきコト

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「最近なんだか疲れやすくなった」「いつまでたっても疲れが取れない」このような症状でお悩みではありませんか? 「たかが疲れ」と放っておくと、仕事や生活に悪影響が出るため、早めの対策が必要です。そこで、この記事では、疲れやすい原因や疲労回復の方法などを紹介します。この記事を読むことで、効率よく疲れを回復させる方法がわかり、毎日スッキリとした気持ちで生活できるでしょう。

01. 疲れやすい原因は? 疲労が起こる仕組み

そもそも、人はどのような時に疲れを感じるのでしょうか? 疲れが起こる原因について解説します。

1-1.不規則な生活を送っている人は要注意!

まず、疲れやすい人の共通点として、「寝る時間が遅い」「朝いつまでも寝ている」など、不規則な生活を送っていることがあげられます。不規則な生活は自律神経の働きを妨げる原因です。自立神経が乱れることで、体の回復機能が正常に機能しなくなり、疲れが溜まりやすくなります。

1-2.バランスの良い食事をとっていますか?

また、偏った食生活も疲れの原因です。栄養バランスの悪い食事をしていると、ビタミンやミネラルといった体に必要不可欠な栄養素が不足します。そのため、摂取した食物をうまくエネルギーに変換することができず、疲れを感じやすくなるのです。

1-3.精神的なストレスが疲労を招く理由は?

精神的なストレスが疲れを引き起こすこともあります。ストレスを感じると活性酸素が発生し、それを除去するためにビタミンB群やビタミンCが大量に消費されるためです。体内のビタミンB群やビタミンCが不足することでエネルギー代謝がうまくできなくなり、いつまでも疲れが取れないといった症状が現れます。