疲れやすい原因はなに? 疲労回復を早めるために知っておくべきコト

「最近なんだか疲れやすくなった」「いつまでたっても疲れが取れない」このような症状でお悩みではありませんか? 「たかが疲れ」と放っておくと、仕事や生活に悪影響が出るため、早めの対策が必要です。そこで、この記事では、疲れやすい原因や疲労回復の方法などを紹介します。この記事を読むことで、効率よく疲れを回復させる方法がわかり、毎日スッキリとした気持ちで生活できるでしょう。

疲れやすい原因は? 疲労が起こる仕組み

そもそも、人はどのような時に疲れを感じるのでしょうか? 疲れが起こる原因について解説します。

1-1.不規則な生活を送っている人は要注意!

まず、疲れやすい人の共通点として、「寝る時間が遅い」「朝いつまでも寝ている」など、不規則な生活を送っていることがあげられます。不規則な生活は自律神経の働きを妨げる原因です。自立神経が乱れることで、体の回復機能が正常に機能しなくなり、疲れが溜まりやすくなります。

1-2.バランスの良い食事をとっていますか?

また、偏った食生活も疲れの原因です。栄養バランスの悪い食事をしていると、ビタミンやミネラルといった体に必要不可欠な栄養素が不足します。そのため、摂取した食物をうまくエネルギーに変換することができず、疲れを感じやすくなるのです。

1-3.精神的なストレスが疲労を招く理由は?

精神的なストレスが疲れを引き起こすこともあります。ストレスを感じると活性酸素が発生し、それを除去するためにビタミンB群やビタミンCが大量に消費されるためです。体内のビタミンB群やビタミンCが不足することでエネルギー代謝がうまくできなくなり、いつまでも疲れが取れないといった症状が現れます。

知らなきゃ損! 効率よく疲れを回復する方法

それでは、効率よく疲れを回復するにはどうすればよいのでしょうか? 「疲れが取れない」「疲れを感じやすい」と感じている方は以下の方法を試してみてください。

2-1.質の高い睡眠をとることが大切!

疲れが回復するのは眠っている時です。効率良く疲れを回復するには質の高い睡眠が欠かせません。質の高い睡眠をとるためには以下のことに注意しましょう。

  1. ベッドの中でスマートフォンを使わない
  2. 暗くて静かな環境を作る
  3. 寝る2時間前までに食事をとる
  4. 入浴は寝る1時間前までに済ませておく
  5. 夕方以降はカフェインの摂取を控える

2-2.ゆっくりと湯船に浸かると疲れが取れる?

1日の疲れを取るには、入浴も効果的です。38度から40度のお湯にゆったりと浸かることで、副交感神経が優位となり、体が疲労回復モードになります。41度以上の熱いお湯は体力を消耗し疲労の原因となるので、しっかりと温度調節をしてください。

2-3.ストレッチで血液の巡りを改善!

疲労を回復させるためにはストレッチも有効です。ストレッチをすることで、酸素や栄養が体の隅々に行き渡り、疲労回復が早まります。また、ストレッチにはリラックス効果もあるため、精神的な疲労の回復にも効果的です。

疲れにくい体を作るにはどうすればいい?

最後に、疲労の予防に役立つ習慣を紹介します。以下の習慣を身につけることで、疲れにくい体を作ることができるでしょう。

3-1.規則正しい生活で疲れにくい体を作る!

疲れを溜め込まないためには、規則正しい生活が最も重要です。生活のリズムが安定することで、自律神経が整い、疲れやストレスを感じにくくなります。早寝早起きを心がけ、 規則正しい生活を送るようにしてください。

3-2.運動を習慣にして体力を向上させよう!

日常的に適度な運動をすることで、体力が向上し、疲れにくい体となります。さらに、睡眠の質を高めるため、回復力アップにも効果的です。軽い散歩やストレッチなど、無理なくできる運動を習慣づけるようにしましょう。

3-3.疲労回復に役立つ食品ばかりをとってはダメ?

疲れにくい体を作るためには、バランスの良い食事をとることも大切です。疲労回復に効きそうな食べ物ばかりをとっていては、かえって逆効果になることもあります。主食・主菜・副菜を組み合わせることを基本に、多様な食品を食べるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事では、疲労の原因・疲労回復を早める方法などを紹介しました。

  1. 疲れやすい原因は? 疲労が起こる仕組み
  2. 知らなきゃ損! 効率よく疲れを回復する方法
  3. 疲れにくい体を作るにはどうすればいい?

これらのポイントを押さえて、疲れを解消させてください。疲労を回復させるためには質の良い睡眠が大切です。寝る1時間前にはゆったりとお風呂に入り、リラックスした状態でベッドに入るようにしましょう。