こむら返りが起きる原因

こむら返り(足がつる)が起きる原因は何? 対処法・予防法と共に紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

こむら返りとは、正確には腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん)といい、ふくらはぎにある腓腹筋と呼ばれる筋肉や神経が収縮したまま弛緩しなくなってしまう症状を指します。足がつるともいわれる症状で、激しい痛みを伴うために悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで今回は、こむら返りが起こる原因や対処法・予防法をご紹介します。

こむら返りの原因が分かれば、予防策も取れます。頻繁に足がつって困っているという方やこむら返りを予防したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. こむら返り(足がつる)の原因は?

はじめに、こむら返りのメカニズムや原因をご紹介します。なぜ、急に筋肉がひきつったようになり激しい痛みが起こるのでしょうか?

1-1.こむら返りのメカニズム

こむら返りは、前述したようにふくらはぎの筋肉、腓腹筋(ひふくきん)が収縮したまま戻らなくなる現象です。筋肉は収縮と弛緩をくり返して体を動かします。筋肉が過剰に収縮し続けると、それに伴って腱も引っ張られて激しい痛みが発生するのです。

1-2.こむら返りが起きる原因

1-2-1.運動不足や加齢

筋肉の収縮と弛緩は、脳や脊髄から出る信号と、それを受けて筋肉や腱から送り返される信号のやり取りで決まります。ですから、筋肉や腱が疲労していると動きたくても動けないといった状態になるのです。運動を頻繁に行っている人は、この信号のやり取りもスムーズに行えます。しかし、運動不足になると信号の交換頻度も少なくなり、誤作動も起こりやすくなるのです。運動不足の他、久々に長い時間運動をした場合や、加齢などによっても信号の誤作動は起こりやすくなります。

1-2-2.運動のやりすぎ

逆に、運動のやりすぎでもこむら返りは発生しやすくなります。運動をすればそれだけ汗をかきますが、汗にはナトリウムやカリウムなどの電解質が含まれているのです。電解質が体から過剰に失われてしまうと神経や筋肉が興奮して、脳や脊髄と筋肉・腱の信号交換がうまくいかなくなります。ちなみに、熱中症の症状として起こる熱けいれんは、体中の筋肉がこむら返りと同じ症状が起きているために発生するのです。

また、水だけを補給しても失われた電解質は元に戻りません。水分と共に電解質も一緒に補給することが大切になります。

1-2-3.冷え

足が冷えていても、脳や脊髄と筋肉・腱の信号交換がうまくいかなくなってこむら返りが起きやすくなります。特に、眠っている間は足が冷えやすく、なおかつ起きているときに筋肉が弛緩している状態です。ここで伸びをして筋肉を収縮させると誤作動を起こした筋肉が過剰に収縮し、こむら返りが起こります。冬はもちろんのこと、夏場でもエアコンをつけて眠る習慣のある方は要注意です。

1-2-4.妊娠や病気

妊娠したり病気になったりすると電解質のバランスが崩れてこむら返りが起きやすくなります。特に、妊娠後期の方は足への血流が悪くなることも手伝って、こむら返りが起きやすくなるでしょう。妊婦以外で頑固なこむら返りを頻繁にくり返す場合は、病気の可能性があります。