虫歯になる4大原因とは? 食べ物で注意すべき点や予防法などを解説

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

歯磨きをきちんとしていても、虫歯になってしまうことがあります。虫歯は治療をしなければ治らず、痛みを伴うケースもあるでしょう。虫歯の原因はいくつかあり、口腔(こうくう)内環境や体調なども関連しています。また、虫歯になるまでのメカニズムを理解しておけば、予防などの対策も整えやすいものです。虫歯になってしまう前に、適切な予防法を覚えておきましょう。
今回は、虫歯の原因や予防法についてご紹介します。

  1. 虫歯の基礎知識
  2. 虫歯の4大原因とは?
  3. 虫歯の原因別予防法
  4. 虫歯の原因や予防法でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、虫歯についてよく分かります。食べ物や食事などで注意すべき点など、普段の予防法も身につけることができるでしょう。

01. 1. 虫歯の基礎知識

まず、虫歯の基礎知識からご紹介します。症状や病状経過などを理解してください。

1-1.虫歯とは?

虫歯は、口腔(こうくう)内の細菌感染で酸が発生し、歯を溶かしてしまう現象を指します。口腔(こうくう)内細菌で虫歯の原因となるのは、ミュータンス菌と呼ばれるものです。歯垢(しこう)と細菌が絡み合い、活動が活発化するために虫歯になりやすくなります。

1-2.主な症状

冷たいものや熱いものがしみる知覚過敏や、鋭い痛みなどが、虫歯の主な症状です。虫歯が進行した場合、頭痛・肩こり・歯の変色・発熱などを伴う場合もあるでしょう。

1-3.病状経過

虫歯の症状は、C1〜C4の段階に分けられます。C1はエナメル質が溶け、表面に小さな穴が空(あ)いた状態です。痛みはさほど強くはありません。C2になると、歯の表面が完全に溶け、内部まで虫歯が進行しています。象牙質がむき出しになるため、知覚過敏を感じるようになるでしょう。C3は、神経まで侵食されている状態で、強い痛みを伴います。神経治療を必要とし、歯の根を殺菌する治療が一般的です。C4では、菌によって歯のほとんどが溶かされてしまいます。保存治療は難しく、抜歯を必要とする場合がほとんどです。

1-4.なりやすい人・患者数など

歯磨きがきちんとできていない場合は、虫歯リスクが高まります。ほかには、生活習慣が乱れがちな人や、だらだらと食べ物を食べる習慣がある人なども、虫歯になりやすいといえるでしょう。唾液量が少ない場合も、細菌が洗い流されず、口腔(こうくう)内に留(とど)まってしまうため、ドライマウスを改善し、虫歯になりにくい環境を作るように意識しなければなりません。噛(か)み合わせや歯並びが悪い場合も、虫歯リスクは上がります。現在は、予防歯科への意識が高まり、以前より患者数は減少傾向です。