スギ花粉のアレルギー対策と原因や治療法について

スギ花粉のアレルギー対策を徹底解析! 原因や治療法について

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「くしゃみが止まらない」「目や鼻がかゆい」など花粉症・アレルギー性鼻炎はとてもツラいものです。通常生活がままならず、苦しい日々が続くでしょう。花粉症の原因となる花粉は、さまざまな種類があります。その中で3月ごろからやってくる花粉がスギ花粉です。毎年、春前になると花粉症の症状で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。そこで、本記事では、スギ花粉の基礎知識やアレルギーの症状・治療方法などについて詳しく説明します。

この記事を読むことで、スギ花粉によるアレルギー症状をやわらげる方法やポイントを知ることができます。症状で悩んでいる方はぜひチェックしてください。

01. スギ花粉とは

アレルギー症状を抑えるためには、スギ花粉がどういうものなのか知ることが大切です。スギ花粉について詳しく説明します。

1-1.スギ花粉とは

スギ花粉は先端が突出している楕円形(だえんけい)です。大きさはおよそ30~40マイクロメートルと小さな花粉で、周囲は殻に包まれています。スギ自体が花粉を雄しべまで運ぶために風を利用する風媒花(ふうばいか)です。そのため、風が吹くと花粉が飛び、なんとその距離は数十キロメートル以上にまでおよぶといわれています。

1-2.いつごろ飛ぶのか

日本のスギ花粉は2月~4月がピークです。特に、2月下旬から3月にかけての飛散量が多く、大量の花粉が飛ぶと黄色い霧がかかったような状態になります。その状態のことを花粉雲とも呼ばれているのです。日本では春先から天気予報などでスギ花粉情報が報じられてますね。

1-3.増えている理由

スギ花粉が増えている理由はいろいろと挙げられています。中でも、最も注目されている増加理由が、スギ林の管理不足です。スギは植林後40年で成木となり、花粉を飛散し始めます。まさに今、戦後の高度経済成長期に植えたスギが花粉を飛散させているのです。さらに、輸入木材に頼りすぎているため、林業にたずさわる人が減り、スギ林の管理ができなくなっています。その結果、枝が伸び放題→多くの花粉をまき散らすというわけです。