腰痛で悩む子供が急増中?! 子供の腰痛予防に役立つ3つのポイント

腰痛は大人特有の症状というイメージを持っていませんか? しかし、パソコンやスマートフォンの普及や食生活の変化に伴い、最近では腰痛で悩む小学生も珍しくありません。そこで、この記事では子供に起こる腰痛の原因や予防・対策方法を紹介します。お子様の健康を守るためにも、正しい知識を身につけておきましょう。

子供が腰痛になる原因は?

子供が腰痛になる原因としてどのようなことが考えられるでしょうか? 主な原因を4つ紹介します。

1-1.肥満の子供は腰痛になりやすい?

子供が腰痛になる原因として、まず考えられるのが肥満です。近年、乱れた食生活や運動不足などが原因で肥満になる子供が急増しています。肥満になると腰に大きな負担がかかり、これによって腰痛になってしまうのです。

1-2.姿勢の悪さが原因で腰痛になる?

姿勢の悪さも腰痛の原因です。ゲームやスマホに夢中になっているとき、猫勢になっていたり、寝そべりながら操作をしたりしていませんか? このような姿勢を続けていると、体にゆがみが生じ腰痛が起こります。子供の時期に習慣化すると、大人になってから直そうとしても難しいことが多いため注意が必要です。

1-3.ストレスが腰痛を招くことも!

ストレスも腰痛を引き起こす要因となります。子供は学校生活での人間関係や勉強など、大人が思う以上にストレスを抱えているものです。ストレスを感じると自律神経の働きが悪くなり、これによって腰痛が起こります。

1-4.筋肉の使い過ぎが腰痛の原因に!

激しい運動をした後など、筋肉の使い過ぎが原因で腰痛が起こるケースもあります。成長段階にある子供の場合、筋肉を使いすぎると腰背筋に大きな負担がかかるのです。場合によっては、腰椎が疲労骨折する脊椎分離症などになる恐れもあります。

子供の腰痛を改善させるにはどうすればいい?

それでは、子供の腰痛を改善させるにはどうすればいいのでしょうか? 3つのポイントを紹介します。

2-1.正しい姿勢を身につけさせる

腰痛を改善させるには、正しい姿勢を身につけることが大切です。ただし、口うるさく注意するだけで姿勢を直すことはできません。正しい姿勢をとることのメリットをしっかりと伝え、納得してもらうことが大切です。

2-2.子供でも簡単にできるストレッチは?

腰痛を改善させるにはストレッチも有効です。小さなお子様でも簡単にできるストレッチ方法を紹介します。

  1. 床にあお向けになり、膝を立てます。
  2. 床に両足を着けたまま、ゆっくりと右に膝を倒します。このとき、無理に膝を床に着けようとせず、できる範囲で行うようにしてください。
  3. 倒せるところまで倒したら、ゆっくりと元の位置に戻ります。
  4. 反対側も同様に行ってください。

2-3.最低でも1日1時間は運動をさせる

筋力の低下によって腰痛が起きている場合は、運動をして筋力をつけることが重要です。最近は昔のように外で遊ぶ子供が少なくなり、運動量は大きく減少しています。最低でも1日1時間は中程度の運動をさせるようにしてください。公園で鬼ごっこをしたり、ダンス教室に通わせるなど、積極的に運動をする機会を作っていきましょう。

子供が腰痛にならないようにするには?

最後に、子供が腰痛にならないために注意するポイントを紹介します。お子様の腰痛を予防するためにも以下のことを心がけてください。

3-1.肥満にならないよう食生活に注意する

コンビニ弁当やファーストフードは高カロリーなものが多く、子供にこうした食事ばかりを与えていると肥満になりやすくなります。主食・主菜・副菜のバランスが取れた食事を1日3回用意するのが基本です。朝を抜いたり、間食をさせたりしないように注意してください。また、水分補給は糖分の多いジュース類でなく、水やお茶を飲ませるようにしましょう。

3-2.ストレスを感じさせない家庭環境作り

子供にとって家庭環境は非常に重要です。ストレスの多い環境で育つと、ストレス耐性が低くなり、ちょっとしたことでもストレスを感じやすくなります。できるだけ子供の話をよく聞き、子供がストレスをため込まない家庭環境を作っていくことが大切です。

3-3.ゲームやスマートフォンの使用時間を制限する

ゲームやスマートフォンの使用時間を制限することも大切です。最近では、タイマーをかけてアプリやインターネットの使用時間を制限するサービスも提供されています。腰痛を予防するとともに、ゲームやスマホに対する依存症の予防にも効果的です。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事では、子供に起こる腰痛の原因や予防・対策方法について紹介しました。

  1. 子供が腰痛になる原因は?
  2. 子供の腰痛を改善させるにはどうすればいい?
  3. 子供が腰痛にならないようにするには?

これらのポイントを押さえて、お子様が腰痛にならないように注意してください。近年、子供に腰痛が増えている原因として最も問題となっているのがスマートフォンです。スマートフォンは腰痛だけでなく、不眠症や肩こりの原因にもなります。1日の使用時間を決めるなど、しっかりと対策を採っていきましょう。