子供の腰痛予防に役立つ3つのポイント

腰痛で悩む子供が急増中?! 子供の腰痛予防に役立つ3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

腰痛は大人特有の症状というイメージを持っていませんか? しかし、パソコンやスマートフォンの普及や食生活の変化に伴い、最近では腰痛で悩む小学生も珍しくありません。そこで、この記事では子供に起こる腰痛の原因や予防・対策方法を紹介します。お子様の健康を守るためにも、正しい知識を身につけておきましょう。

01. 子供が腰痛になる原因は?

子供が腰痛になる原因としてどのようなことが考えられるでしょうか? 主な原因を4つ紹介します。

1-1.肥満の子供は腰痛になりやすい?

子供が腰痛になる原因として、まず考えられるのが肥満です。近年、乱れた食生活や運動不足などが原因で肥満になる子供が急増しています。肥満になると腰に大きな負担がかかり、これによって腰痛になってしまうのです。

1-2.姿勢の悪さが原因で腰痛になる?

姿勢の悪さも腰痛の原因です。ゲームやスマホに夢中になっているとき、猫勢になっていたり、寝そべりながら操作をしたりしていませんか? このような姿勢を続けていると、体にゆがみが生じ腰痛が起こります。子供の時期に習慣化すると、大人になってから直そうとしても難しいことが多いため注意が必要です。

1-3.ストレスが腰痛を招くことも!

ストレスも腰痛を引き起こす要因となります。子供は学校生活での人間関係や勉強など、大人が思う以上にストレスを抱えているものです。ストレスを感じると自律神経の働きが悪くなり、これによって腰痛が起こります。

1-4.筋肉の使い過ぎが腰痛の原因に!

激しい運動をした後など、筋肉の使い過ぎが原因で腰痛が起こるケースもあります。成長段階にある子供の場合、筋肉を使いすぎると腰背筋に大きな負担がかかるのです。場合によっては、腰椎が疲労骨折する脊椎分離症などになる恐れもあります。