湯冷めの原因や防止策・対策法などを徹底解析!

なぜ湯冷めするのか? 原因や防止策・対策法などを徹底解析!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「せっかく湯船で温まったのに、すぐ体が冷めてしまう」「お風呂に入る前よりも冷える」など、入浴後の寒さに悩んでいる方が多いのではないでしょうか。入浴後に、体が冷えて寒さを感じることを「湯冷め」と言います。昔から、「湯冷めは風邪を引く」と言われており、大きな負担がかかることは確かです。湯冷めを防ぎ、健康を維持するためには、基礎知識を身につけておかなければなりません。そこで、本記事では、湯冷めの基礎知識や防止方法・対策法などについて説明します。

この記事を読むことで、湯冷めについて詳しく知ることができ、適切な防止策や対策法がわかります。悩んでいる方や湯冷めしない方法が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

01. 湯冷めの基礎知識

湯冷めを防ぐためには、なぜなるのか原因を把握することが大切です。湯冷めとは何なのか、原因・問題点・なりやすい人について説明します。

1-1.湯冷めとは

湯冷めは、入浴後に体が冷えて寒さを感じることです。体が温まる風呂は、唯一のリラックスタイムとなっている方も多いでしょう。しかし、湯冷めをしてしまえば、せっかく温まった体が冷えて体に大きな負荷がかかってしまいます。湯冷めが長く続くほど、体にかかる負担も大きくなるものです。熱・頭痛の原因になる可能性もあるため、湯冷めをしない工夫をする必要があります。

1-2.湯冷めの原因

なぜ、湯冷めは起こるのか、原因は人によってばらばらです。主な原因として挙げられるのは、人間の体温調節機能が大きく関係しています。風呂に入っているときは体が温まり、血管を広げることで熱を放出したり、上がり過ぎた体温をもとに戻そうとしたりと機能が働いているのです。しかし、風呂から上がると、外気の環境変化に追いつかず、体表面の血管や毛穴が開きっぱなしになります。その結果、熱放出が過剰に行われることになり、体の中心部の体温=深部体温が低下するというわけです。

1-3.湯冷めの問題点

湯冷めは、体に負荷がかかります。入浴中の体温と風呂上がりの体温が急変することで、血流が悪くなる・自律神経の乱れが起きるなどの不調が現れるのです。湯冷めの放置は、風邪や冷え性・肩こりの悪化も引き起こします。体に大きな負荷がかかる前に、きちんと対策を立てておかなければなりません。湯冷めの防止が、体調管理・健康維持につながります。

1-4.なりやすい人とは

湯冷めしやすい人には、ある共通点があります。それは、生活習慣が乱れている人・過剰なストレスを感じている人・冷え性で悩んでいる人です。健康管理の基礎となる生活習慣は、乱れている人ほど血流が悪く、深部体温が温まりません。また、ストレスが感じやすくなり、体温調節機能が正常に働かなくなるのです。また、冷え性で悩んでいる人は、正しい入浴をしなければ、すぐに湯冷めする傾向が見られます。