便秘と腹痛の関係について解説! 便秘解消のコツや改善方法について

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

便秘が続いている状態はお腹(なか)が張り、痛みを感じるようになります。便秘状態が長く続くほど、症状が悪化して悪影響をもたらすでしょう。「自然と治る」とあまく見ていては、過敏性腸症候群や腸閉塞・大腸がんなどの大病を引き起こす可能性があります。便秘と腹痛、どちらも改善するためには基礎知識を深めることが大切です。そこで、本記事では、便秘と腹痛の関係・腹痛の対処法・改善方法について説明します。

この記事を読むことで、便秘による腹痛を解消するために必要な知識を身につけることができます。便秘を解消したい方はぜひ参考にしてください。

01. 便秘と腹痛の関係について

便秘による腹痛を改善するためには、この2つの関係について知ることが大切です。便秘と腹痛の関係性・発生するメカニズム・主な症状・潜(ひそ)む病気について詳しく説明します。

1-1.便秘と腹痛の関係性

便秘が続いているときに、腹痛を感じることがあるでしょう。それは、ただの腹痛ではなく、便秘が原因で起きている腹痛です。便秘が続いている腸内には、老廃物・毒素などがたくさんたまっています。腹痛以外にも、お腹(なか)が張ったり、体が重くなったりするでしょう。腹痛とは腹部の痛みのことですが、内臓機能の異常・ストレスなど心因的な理由など発生原因はさまざまです。けれども、便秘が続いているときの腹痛は、お腹にたまっている老廃物・毒素・悪臭ガスが関係しています。そのため、便秘を改善しなければ腹痛を解消することはできません。

1-2.なぜ起こるのか、メカニズム

便が腸内に長い間たまってしまうと、腸の内容物が腐敗していきます。老廃物・毒素だけでなく、悪臭ガスが発生して、腸が膨張(ぼうちょう)することになるのです。膨らんだ腸によって周辺の臓器が圧迫されることになり、腹痛が起きます。腸内にある老廃物・毒素・悪臭ガスを排出しなければなりません。

1-3.主な症状

便秘が原因の腹痛は、お腹が重くなったようなだるさが特徴です。人によっては、ズキズキとした痛み・我慢できないほどの激しい痛み・お腹が響くようなにぶい痛みなど異なります。痛み方によって原因が変わるため、どのような痛みがあるのか把握することが大切です。
また、腹痛以外にもさまざまな症状が現れるでしょう。腹痛とともによく起きるのが、頭痛・肩こり・体のだるさです。腸内にたまっている老廃物・毒素などは、血液を通ってさまざまな部位へ悪影響を与えます。ほかに、おならが出る・気持ち悪くなる・吐き気がするなどの体調不良も頻繁に起きるでしょう。

1-4.潜(ひそ)む病気について

便秘と腹痛が同時に現れたときは、意外な病気が潜んでいる可能性があります。考えられる病気は、過敏性腸症候群・大腸がん・巨大結腸症・腸閉塞・脊髄(せきずい)の損傷・甲状腺機能低下症などの病気です。便秘は、命に関わるがんの発症にも関係しています。すべてが深刻な症状ではありませんが、命に関わるものもあるということを覚えておいてください。
特に、便秘・下痢が数か月以上続く・血便がある・周期的に強い腹痛が起きるなどの症状は、病気が関係している可能性が高いのです。命に関わる病気が潜んでいる恐れがあるため、早めに病院を受診したほうが良いでしょう。