咳が止まらない原因と対処法

夜になると咳が出る人必見! 咳が止まらない原因と対処法を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

夜になると咳が出て眠れない。このような悩みを抱えている方は意外とたくさんいます。夜に咳が出続ければ睡眠不足になり、日常生活にも悪影響が出がちです。

そこで今回は、夜になると咳が止まらない原因や対処法をご紹介しましょう。

ちょっとした工夫で体が楽になることもあります。夜になると咳が出て悩んでいるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 夜になると咳が止まらなくなる原因とは?

はじめに、夜になると咳が止まらない原因の代表例をご紹介します。いったいどのような原因があるのでしょうか?

1-1.副交感神経の活発化

夜になると人間は副交感神経が活発になります。すると眠気を感じたりリラックスして筋肉がゆるんだりするのです。筋肉がゆるむと気道が狭くなり、空気が気道の粘膜により触れやすくなります。そうなると、その刺激で咳が出やすくなるのです。

1-2.アレルギー

布団や枕といった寝具は、アレルギーの原因であるアレルゲンになりやすいものです。最もポピュラーなアレルゲンはハウスダスト。この他に、枕によく使われているソバガラや布団に使われている羽毛もアレルゲンになります。布団の中に入ったときから咳が止まらなくなり離れると止まるという場合は、寝具にアレルゲンが含まれている可能性が高いでしょう。

1-3.痰や鼻水が気管に刺激を与えている

鼻の奥と喉はつながっているため、横になると鼻から喉の方へ痰や鼻水が落ちこむことがあります。これを後鼻漏(こうびろう)といい、痰や鼻水が気管への刺激となって咳が止まらなくなるのです。鼻がつまるようになってから夜咳が止まらなくなったという場合は、後鼻漏が原因で咳が出ている可能性があります。

1-4.気管が過敏になっている

喘息や百日咳・結核など激しい咳が症状として現れる病気になると気管が過敏になります。単なる風邪でも激しい咳が長く出続ければ、気管が過敏になることも珍しくありません。気管が過敏になると、少しの刺激でも咳が止まらなくなります。そのため、副交感神経が活発になって筋肉がゆるんで気道が狭くなると、咳が止まらなくなりがちです。特に、子どもや赤ちゃんは気管が過敏になりやすいので注意しましょう。