筋肉痛のすぐに効果が出る3つの方法

筋肉痛の治し方を知りたい! すぐに効果が出る3つの方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

運動をした翌日に体のあちこちに痛みが現れる筋肉痛。誰もが一度や二度は経験したことがあるでしょう。しかし、筋肉痛があまりに酷い場合、思うように体を動かすことができず、生活に支障をきたすこともあります。そこで、今回は、筋肉痛の回復方法・予防方法を紹介しましょう。筋肉痛で動くのがつらいとお悩みの方は、この記事を読んで快適な日常生活を取り戻しましょう。

01. 筋肉痛になってしまう原因は?

実は、筋肉痛が起こるメカニズムは完全には解明されていないというのが現状です。これまでは疲労物質である乳酸が原因で起こるという説が一般的でした。しかし、最近の研究では「そもそも乳酸は疲労物質ではない」ということがわかっており、その関与が否定されています。現在、筋肉痛が起こる原因としては以下の2つが有力です。

1-1.普段使わない筋肉を急に動かすことで炎症が起こる?

1つ目の説は、普段使わない筋肉を急に動かすことで炎症が起こるというものです。筋肉は伸縮性の高い『筋細胞』とそれらをつなぐ『結合組織』によって構成されています。『結合組織』は伸縮性がないため、激しい運動で急に筋肉が大きく動くことによって損傷が生じるのです。これによって炎症が起こり、筋肉痛になると考えられています。

1-2.筋肉を修復しようとして炎症が起こっている?

2つ目の説は、運動によって傷ついた筋肉を修復する過程で炎症が起こるというものです。運動によって動かされた筋肉は、大きく収縮を繰り返すことで小さな断裂を生じます。この断裂を修復するために白血球を中心とした血液成分が集まり、これによって炎症が起こるのです。運動した数日後に痛みが現れる筋肉痛は、こうした働きによるものと考えられます。