日中の眠気の原因や直し方4つのポイント

必見! 日中の眠気にお悩みの方へ〜眠い原因や直し方4つのポイント〜

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

日中、眠気におそわれてついウトウトしたという経験を持つ人は多いでしょう。深夜まで起きていた、明け方に起きた、お昼ご飯を食べ過ぎたなどの理由で、昼間に眠くなることはあります。けれども、夜たっぷりと睡眠をとっているのにもかかわらず「昼間眠くてがまんができない」「会議中なのに突然眠ってしまった」という場合は注意してください。単なる睡眠不足ではなく、「睡眠障害」の可能性もあるのです。仕事や社会生活に支障をきたすほどの「日中の眠気」は、そのまま放置してはいけません。ここでは、強烈な日中の眠気で悩んでいる人に向けてさまざまな情報を集めました。

この記事を読むことによって、ご自分の眠気の原因・症状・解決方法が見つかります。ぜひお役立てください。

01. 日中の眠気について

夜、十分な睡眠時間をとっているのに日中に眠気がおそってくるのはなぜでしょうか。眠気の原因や睡眠のメカニズムなどを探ってみました。

1-1.困っている人が増えている

「昼間、仕事中に眠くなるので困っている」という人は少なくありません。通常、人間の体は朝になると目が覚めて夜になると自然に眠気を感じる性質を持っています。しかしながら、「昼間なのに眠い」という人は年々増加傾向にあるのです。厚生労働省の「国民健康・栄養調査」(平成25年)によると以下のような結果が出ました。

  • 「日中、眠気を感じた」と答えた人、男性37.7%・女性43.0%
  • 「睡眠時間が足りない」と答えた人、男性30歳代・女性20歳〜40歳代

また、株式会社クロス・マーケティングが行った「睡眠に関する調査」(平成28年)によると、日中の眠気がある人は85.4%という結果も出ています。この調査は16歳〜69歳の男女を対象に行われました。「毎日、日中の眠気がある」という回答の内訳は以下のような結果が出たのです。

  • 10代(男性22.0%・女性39.0%)
  • 20代(男性18.0%・女性24.0%)
  • 30代(男性19.0%・女性29.0%)
  • 40代(男性15.0%・女性26.0%)
  • 50代(男性16.0%・女性14.0%)
  • 60代(男性14.0%・女性6.0%)

50代以外は、どの世代も男性よりも女性のほうが多くなっています。

1-2.眠気の原因とは

日中の眠気の原因とは何でしょうか。大きく分類すると、「睡眠不足によるもの」と「病気によるもの」の2つがあります。

1-2-1.睡眠不足が原因

  • 毎日残業が続いている
  • 夜遅くまでゲームやSNSに夢中になってしまう
  • 夜遅くまで遊んだり飲酒をしたりしている
  • 介護や育児で夜中に起きることがある
  • 不安やストレスで眠れない

物理的に夜の睡眠時間が少ないのが原因です。

1-2-2.病気などが原因

「睡眠障害」という病気が原因で、十分な睡眠がとれず日中の眠気の原因になることがあります。睡眠障害にはさまざまな種類があるのです。詳しくは後の項でご紹介します。

1-2-3.そのほか

病気の治療薬の中には、不眠を招くものもあります。たとえば、降圧薬・高脂血症治療薬・食欲抑制薬・抗潰瘍(かいよう)薬などが挙げられるのです。もし、心当たりがある場合は主治医に相談してみましょう。

1-3.睡眠について

「睡眠」とは何か、メカニズムや重要性などを学んでみましょう。

1-3-1.睡眠のメカニズム

人間の睡眠は、「睡眠要求」と「目覚め力」の2つのシステムで作られています。

  • 睡眠要求:起きている時間に蓄積する疲労からくる睡眠への欲求。十分な時間睡眠をとると、この欲求は消える
  • 目覚め力:体内時計で人を起こす力。目覚め力は1日の決まった時間(主に朝)に大きくなり、「睡眠要求」より勝ることで目覚める

この2つが交互に訪れることで、私たちは「夜になると自然に眠くなり朝になると目覚める」ことができるのです。

1-3-2.睡眠の重要性

 睡眠は以下のような役割を持っています。

  • 「脳」と「体」の休息時間
  • 脳の疲れをとりリフレッシュ
  • ストレスを解消
  • 成長ホルモンの分泌を促す

睡眠は「眠くなったから寝る」だけではありません。脳や体の状態を健全にするためにも重要なのです。

1-3-3.睡眠の質

睡眠時間は、長ければ長いほどいいというわけではありません。「質」が大切なのです。眠りには以下の2種類があります。

  • レム催眠:脳が活動していて眠りが浅い状態
  • ノンレム催眠:脳が休んでいて眠りが深い状態

この2つは、就寝してから目覚めるまで90分周期で交互に訪れるのです。脳が休んでいるノンレム睡眠が「質のいい睡眠」となります。

ノンレム睡眠は、最初の90分が一番深く、周期を繰り返すにつれ徐々に浅くなるのです。そこで、「最初の90分」で深く眠ることが大切になります。寝る前にお風呂に入る・気持ちのいい寝具を選ぶ・着心地のいいパジャマを選ぶなどで、最初から深い眠りに入れるようにしましょう。

1-4.日中の眠気を放っておくとどうなるか

日中の眠気は放置せず、原因を突き止めましょう。一時的な残業や夜ふかしなどが原因の場合は、睡眠をきちんととることで改善できます。けれども、病気が原因の場合は治療しないで放置していると生活に支障をきたすこともあるのです。

  • 集中力、記憶力、思考力が低下する
  • 精神的に不安定になったり、イライラしたりする
  • 食欲低下

以上のような状態が続くと、仕事にも影響を及ぼすだけではなく事故など危険な状態を招くことにもなります。「日中の眠気が続くときに考えられる病気」については、後の項でご説明しましょう。