スマホで増えているドケルバン病の対策方法

スマホで増えているドケルバン病とは? 知っておきたい3つの対策方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

ドケルバン病という言葉を聞いたことがありますか? ドケルバン病とは腱鞘炎の一種で、かつては育児中の女性に多い病気でした。しかし、最近ではスマートフォンの普及によって、男女ともに増えてきています。そこで、この記事では、ドケルバン病の原因や対策方法について紹介しましょう。スマートフォンを使っていて親指の付け根が痛むという方は、この記事を読んでしっかりと対処してください。

01. ドケルバン病って何?

ドケルバン病とは、親指の付け根に起こる腱鞘炎のことです。親指を動かしたり手首を曲げたりした際に、親指の付け根や手首の親指側にズキッとした痛みが起こります。重症化した場合、最悪手術が必要となるケースもあるので注意が必要です。

1-1.こんな人はドケルバン病になっているかも?

ドケルバン病になっているかどうかは以下の方法でチェックすることができます。

  1. 親指を握り、手首を直角に曲げます。
  2. この時、痛みが強くなるかどうかを調べます。

痛みが強くなった場合はドケルバン病になっている恐れがあります。