ぎっくり腰の症状と原因を知ってつらい痛みに対処する方法

ぎっくり腰の原因をご存じでしょうか?突然腰に痛みが生じ、動けなくなることもあるぎっくり腰は、日常生活や仕事に支障をきたすことも多いのが特徴です。ここでは、ぎっくり腰の症状や原因を解説するほか、対処法や予防法もお伝えします。

ぎっくり腰の症状について

1-1.ぎっくり腰とは

腰に急激な痛みが走るぎっくり腰は、「急性腰痛」や「椎間捻挫」とも呼ばれています。腰痛にはぎっくり腰のような急性腰痛のほか、長期に渡り腰の痛みを及ぼす慢性腰痛があり、ぎっくり腰は慢性的な腰痛に悩まされていなくても突然起こるという特徴があるのです。このように突然の痛みに襲われるぎっくり腰は、経験した人にしか分からないような恐怖心があります。そのため、ぎっくり腰になった人は体を動かすことをためらうことが多いようです。

1-2.ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰の症状は人によって異なります。ただし、共通しているのが体を動かしたときに突然激しい痛みがでることです。よく見られるとして、次の症状があります。

  • 体を動かした瞬間に腰に激痛が起こり、動けなくなる。
  • 特に上半身を動かすことが困難。布団に横になった後に起き上がるのが難しい。
  • 前かがみになることも、体を後ろに反らすこともスムーズにできない。
  • 腰に違和感がある程度だったのが、痛みが徐々に激しくなってくる。
  • うまく歩けない。
  • くしゃみや咳をすると激しい痛みがある。
  • 痛みで寝返りができない。
  • 膝(ひざ)を曲げて横になる姿勢をとると痛みがやわらぐ。

1-3.注意が必要なぎっくり腰の症状

腰に痛みが生じた際に、足も痛んだりしびれたりしたら注意が必要です。また、どのような姿勢をとっても痛みがやわらがず、発熱や発汗もみられるときには、早めに病院で受診してください。このようなケースの場合、単なるぎっくり腰ではなく、ほかの病気が関係している恐れがあるからです。
ぎっくり腰であれば、数日で自然に痛みがおさまっていくでしょう。動けるようにもなるはずです。ただし、安静にしていた場合に限ります。無理をすると長引きますから、ぎっくり腰になったら楽な姿勢でしっかりと休んでください。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰が起こる主な原因は、次の3つだといわれています。

2-1.筋肉疲労

筋肉の慢性的な疲労が大きく関係しているようです。少しずつ疲れがたまった筋肉が許容できる負荷を超えてしまったときに、ぎっくり腰になると考えられます。筋肉は、日常生活のなかで自然と疲労するものです。それを睡眠や栄養で回復しているのですが、これらが十分でないと筋肉疲労が徐々に蓄積していきます。

2-2.骨格の歪み

骨格の歪みも、ぎっくり腰の原因です。同じ姿勢を日常的に続けていると、限られた筋肉に負荷がかかります。これにより、筋力のバランスがくずれて、骨格の歪みを生じてしまうのです。骨格が歪むと体全体のバランスをとるために、あちこちの筋肉に負荷がかかります。このようにして、筋肉疲労が蓄積されていってしまうのです。

2-3.急な過負荷

勢いよく動いたときや、高い場所から飛び降りたときなどにぎっくり腰が起こる場合があります。これは、腰に急激な負荷がかかったためです。若い人やスポーツ選手によくみられるのが、このタイプのぎっくり腰といえるでしょう。
このような原因のほかにも、体重の増加や体質、生活習慣の影響なども関係しているといわれています。ここで紹介したものが全てではありません。これ以外が原因でぎっくり腰が起こることもありますし、いくつかの要因が絡み合って生じているケースも多いのです。

ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰になってしまったら、どうしたらよいのでしょうか。まずは、無理をしないことが大切です。先ほどお伝えしたとおり、安静にしていれば数日で痛みはやわらぎます。最初の2~3日の対処法が重要になるのです。

3-1.楽な姿勢で休む

ぎっくり腰になっているときには、筋肉を動かすことはやめましょう。腰のマッサージやストレッチは絶対にしてはいけません。炎症を悪化させてしまいます。とにかく、楽な姿勢で休んでください。お尻のあたりに痛みがある場合には、痛むほうを下にすると楽なことが多いでしょう。

3-2.冷やす

ぎっくり腰は、捻挫や肉離れと似ています。ですから、痛むところは冷やしてください。炎症が起きて熱が生じているため、冷やすことがポイントです。ビニール袋で構いませんから、氷と水を入れたものを患部に30分ほどあててみましょう。このとき、無理な姿勢をとらないように注意してください。患部を冷やすために痛みを我慢した体勢をしては、意味がありません。
決して、温めないように気をつけましょう。痛みがあるうちは、入浴も避けたほうが無難です。

3-3.テーピング

ぎっくり腰のときには、テーピングをするとよいでしょう。テーピングができない場合には、腰に「さらし」を巻くのでも構いません。腰を圧迫して、しっかりと固定すると痛みがやわらぐ可能性があります。

ぎっくり腰を予防する方法

4-1.適度な運動

ぎっくり腰にならないために、日頃から適度な運動を行うようにしてください。軽いストレッチやウォーキングのほか、おすすめなのはラジオ体操です。全身のバランスを整えるのに最適なストレッチにもなりますし、運動量もちょうどよいでしょう。毎日続けやすいので、運動不足解消にも役立ちます。

4-2.姿勢

体のバランスがくずれないように、歩き方や姿勢に気をつけましょう。背筋を伸ばして、顎を引き、つま先で地面を蹴るようにして歩きます。忘れがちですが、靴選びにも注意が必要です。足にフィットするサイズで、歩きやすい靴を選んでください。正しい歩き方を心がければ、足の筋肉を適切に鍛えられます。また、体全体の健康にも欠かせません。
デスクワークなどで座っている時間が長い人も、姿勢には要注意です。猫背になっていたり、体が反っていたりしていませんか?正しい姿勢を長時間保つためには、イス選びにこだわりたいものです。また、姿勢を正すためのクッションなども活用してみてはいかがでしょうか。長い時間座りっぱなしというのも、よくありません。1~2時間に1回は立ち上がって休憩したり、ストレッチをしたりして筋肉をほぐしてください。

4-3.食生活

ぎっくり腰の予防には、食生活も大切です。骨や筋肉を健康に保つために、カルシウムやマグネシウム、タンパク質を積極的に摂取しましょう。また、ビタミンCも不足しないように気をつけたほうがよいとされています。和定食のような栄養バランスのとれた食事を心がける程度で大丈夫です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ぎっくり腰に悩まされないために、次のポイントを覚えておきましょう。

  • 腰に痛みが生じた際に、足も痛んだりしびれたりしたら注意が必要
  • ぎっくり腰であれば、数日で自然に痛みがおさまっていく
  • 筋肉の慢性的な疲労が大きく関係している
  • 骨格の歪みも、ぎっくり腰の原因
  • 腰に急激な負荷がかかったときにも起こる
  • 最初の2~3日の対処法が重要
  • 腰のマッサージやストレッチは絶対にしてはいけない
  • 冷やすことがポイント
  • テーピングをするとよい
  • 日頃から適度な運動を行う
  • 歩き方や姿勢に気をつける
  • 栄養バランスのとれた食事をとる

二度とぎっくり腰にならないためにも、しっかりと予防していきましょう。