ぎっくり腰の症状と原因を知ってつらい痛みに対処する方法

ぎっくり腰の症状と原因を知ってつらい痛みに対処する方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

ぎっくり腰の原因をご存じでしょうか?突然腰に痛みが生じ、動けなくなることもあるぎっくり腰は、日常生活や仕事に支障をきたすことも多いのが特徴です。ここでは、ぎっくり腰の症状や原因を解説するほか、対処法や予防法もお伝えします。

01. ぎっくり腰の症状について

1-1.ぎっくり腰とは

腰に急激な痛みが走るぎっくり腰は、「急性腰痛」や「椎間捻挫」とも呼ばれています。腰痛にはぎっくり腰のような急性腰痛のほか、長期に渡り腰の痛みを及ぼす慢性腰痛があり、ぎっくり腰は慢性的な腰痛に悩まされていなくても突然起こるという特徴があるのです。このように突然の痛みに襲われるぎっくり腰は、経験した人にしか分からないような恐怖心があります。そのため、ぎっくり腰になった人は体を動かすことをためらうことが多いようです。

1-2.ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰の症状は人によって異なります。ただし、共通しているのが体を動かしたときに突然激しい痛みがでることです。よく見られるとして、次の症状があります。

  • 体を動かした瞬間に腰に激痛が起こり、動けなくなる。
  • 特に上半身を動かすことが困難。布団に横になった後に起き上がるのが難しい。
  • 前かがみになることも、体を後ろに反らすこともスムーズにできない。
  • 腰に違和感がある程度だったのが、痛みが徐々に激しくなってくる。
  • うまく歩けない。
  • くしゃみや咳をすると激しい痛みがある。
  • 痛みで寝返りができない。
  • 膝(ひざ)を曲げて横になる姿勢をとると痛みがやわらぐ。

1-3.注意が必要なぎっくり腰の症状

腰に痛みが生じた際に、足も痛んだりしびれたりしたら注意が必要です。また、どのような姿勢をとっても痛みがやわらがず、発熱や発汗もみられるときには、早めに病院で受診してください。このようなケースの場合、単なるぎっくり腰ではなく、ほかの病気が関係している恐れがあるからです。
ぎっくり腰であれば、数日で自然に痛みがおさまっていくでしょう。動けるようにもなるはずです。ただし、安静にしていた場合に限ります。無理をすると長引きますから、ぎっくり腰になったら楽な姿勢でしっかりと休んでください。