歯医者の麻酔が心配な方へ! 主な種類・リスク・注意点を詳しく解説!

「虫歯の治療で歯医者に通う必要があるけど、どんな麻酔をされるのか心配だ」とお考えでしょうか。歯医者では治療に痛みを伴う場合、麻酔をかけるのが一般的です。しかし、麻酔をかけるとどんなリスクがあるのかなど、気になることも多いことでしょう。安心して治療を受けるためにも、どんな種類の麻酔があるのか、注意点は何かなど詳しく知っておくことが大切です。

そこで今回は、歯医者の麻酔について詳しく解説します。

  1. 歯医者の麻酔にはどんな種類がある?
  2. 歯医者の麻酔によるリスクは?
  3. 歯医者の麻酔が持続する時間
  4. 歯医者で麻酔を使った際の注意点
  5. 歯医者の麻酔に関するよくある質問

この記事を読むことで、歯医者で麻酔を受けるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.歯医者の麻酔にはどんな種類がある?

最初に、歯医者で使用される麻酔の種類について見ていきましょう。

1-1.居所麻酔法

局所麻酔法とは、治療部分の周辺だけを麻酔する方法で、主に表面麻酔法・湿潤麻酔法・伝達麻酔法などがあります。

1-1-1.表面麻酔法

表面麻酔法とは、麻酔薬を歯茎に塗って表面の感覚を麻痺(まひ)させる方法のことです。たとえば、ほかの局所麻酔を注射する前や歯石をクリーニングする際に行います。痛みに対して特に敏感な人には、表面麻酔法のメリットが大きいでしょう。

1-1-2.浸潤麻酔法

湿潤麻酔法とは、痛みを取りたい部分に麻酔薬を直接注射するもので、ごく一般的に使用されている方法です。表面麻酔法との併用や細い針の採用によって、以前より痛みが感じにくくなっています。

1-1-3.伝達麻酔法

伝達麻酔法とは、下あごの奥歯など麻酔が比較的効きにくい部分に行われる方法です。下あごの奥歯を治療する場合は、より後方の神経の根本に麻酔薬を注射します。すると、広範囲に麻酔が効き、痛みをブロックすることができるのです。

1-2.精神鎮静法

精神鎮静法とは、治療中の痛みや音・振動に対する恐怖感や不安を、薬剤を用いてやわらげる方法のことです。精神鎮静法には、吸入鎮静法と静脈内鎮静法があります。

1-2-1.吸入鎮静法

吸入鎮静法とは、笑気ガスの吸入によって精神的にリラックスする方法です。吸入鎮静法では、痛みに対する恐怖を消すことができます。施術中は、意識があるので歯科医とのやりとりは通常どおり可能です。なお、痛みを完全になくすことはできないため、状況によっては局所麻酔法と併用することになります。

1-2-2.静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、鎮静効果の高い薬剤を血管内に注入する方法です。吸入鎮静法で使用する笑気ガスでは十分な効果が得られない場合に選ばれます。静脈内鎮静法は鎮静効果が高い一方で、全身麻酔を行うのと同レベルの設備や技術が必要になるのが特徴です。

1-3.全身麻酔法

歯科治療でも、インプラントや外科的処置を伴う場合など、大がかりな手術を行う場合は、全身麻酔法を適用することになるでしょう。また、何らかの理由で治療時の安静が確保できない場合にも全身麻酔法が適しています。全身麻酔法は、麻酔が効くと意識がなくなるので、手術中の痛みや感触が一切分かりません。ただし、麻酔効果が強い分、高度な専門知識と技術力が必要になります。

2.歯医者の麻酔によるリスクは?

歯医者の麻酔にはどんなリスクがあるのか詳しく見ていきましょう。

2-1.局所麻酔アレルギー

居所麻酔に含まれるアドレナリンが原因で、局所麻酔アレルギーを引き起こすことがあります。局所麻酔アレルギーの主な症状は、以下をご覧ください。

  • 気分が悪くなる
  • 手足が冷たくなる
  • 心拍数の増加
  • 血圧低下

重症の場合は命にかかわることもあるので、薬アレルギーがある人は注意が必要です。

2-2.迷走神経反射

歯医者で麻酔を行うと、迷走神経反射が起きる人がいます。迷走神経反射とは、極度の緊張などにより引き起こされる症状のことです。具体的な症状は、以下をご覧ください。

  • 心拍数の低下
  • 血管拡張による血圧低下
  • はき気
  • 顔面蒼白(そうはく)
  • 意識障害

なお、重症の場合は心停止に至る場合があるので、以前迷走神経反射が出たことがある人は、特に注意が必要です。

2-3.妊娠・アレルギーの有無などを正確に申告すること

医者の麻酔によるリスクを避けるためには、以下のようなことを正確に申告しておくことが大切です。

  • 妊娠中もしくは妊娠の可能性がある
  • 病気治療のために服薬中
  • 痛みに対して極端に恐怖が大きい
  • 先端恐怖症

3.歯医者の麻酔が持続する時間

歯医者の麻酔が持続する時間について見ていきましょう。

3-1.表面麻酔は10~20分程度

表面麻酔の効果は、歯茎に麻酔薬を塗布してから10~20分程度と短時間です。表面麻酔は、あくまでも注射針を刺すときの痛みなどを一時的にやわらげるものになります。そのため、表面麻酔では長時間効果を持続させる必要がないのです。

3-2.歯茎に注射した場合は1~3時間程度

局所麻酔で歯茎に注射した場合は、効果が1~3時間程度持続します。治療を受けて帰宅した後も効果が持続するため、なるべく安静にすることが大切です。麻酔が切れるまでは、食事など口を動かすことを避けるように指示されます。麻酔が切れた後は治療後の痛みが出やすいので、歯医者で鎮痛剤を処方されることが多いでしょう。

3-3.全身麻酔は数時間以上持続する

全身麻酔を受け場合、効果は数時間以上持続します。そのため、治療内容や時間によっては入院を伴うことになるでしょう。特に忙しい人の場合、午前中に麻酔をかけて治療を受け、夕方に帰宅できる日帰り入院を選べる歯医者もあります。しかし、全身麻酔は少なからず体に負担がかかるので、余裕を持った日程調整がおすすめです。

4.歯医者で麻酔を使った際の注意点

歯医者で麻酔を使った際に注意するべき点を詳しく解説します。

4-1.麻酔が効いている間は飲食をしない

麻酔が効いている間は、飲食を避けましょう。うまくかんだり飲み込んだりしづらく、むせたり誤嚥(ごえん)したりする原因になります。麻酔が効いている間にお腹がすかないよう、早めに食事を済ませておくようにしましょう。

4-2.唇や口の中をかまないようにする

麻酔が効いていると、唇や口の中をかみやすくなるので注意してください。口の周辺の筋肉が自由に動かせないため、何らかの拍子に強くかんでしまうことがあります。特に、話をしているときには気を付けましょう。ハッキリ発音しようとして唇や口の中をかんでしまう人が多く見られます。

4-3.気分や体調が悪くなったらすぐに受診する

歯医者で麻酔を受けた後、服をゆるめて横になり安静にしてください。なかなか改善しない、だんだん悪くなってきたなどの場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。そのほかにも、むくみや発しんが見られる、頭痛がするなど、明らかに麻酔の副作用と見られる症状があるときもすぐに受診してください。放置すると、回復に時間がかかったり命にかかわったりする危険性もあります。

5.歯医者の麻酔に関するよくある質問

最後に、歯医者の麻酔に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.体調が悪い日に麻酔を受けるとどうなる?
A.麻酔を受けることでさらに悪化する可能性があります。また、重大な副作用につながる可能性もあるため、体調不良であることを伝えて別の日に治療を変更してもらいましょう。

Q.治療中の痛みを我慢できれば麻酔する必要はない?
A.歯科治療中の痛みは、神経に近い場所もしくは神経そのものを刺激することで想像を絶する痛みを伴うことがあります。我慢できると考えていても、治療に支障が出る可能性が高いので麻酔をすることが大切です。

Q.歯医者の麻酔は保険が適用される?
A.一般的には保険適用での治療となります。ただし、治療内容によっては麻酔も保険適用外となることがあるので、治療を受ける際に確認してください。

Q.歯医者で麻酔の種類を指定することはできる?
A.希望を伝えることは可能ですが、どんな種類の麻酔を使うかは歯科医の判断によります。治療内容によっては麻酔の種類を選べないこともあるので、よく相談し、納得してから受けてください。

Q.麻酔のリスクを考えると歯医者選びを慎重にすべきでは?
A.はい。麻酔を使い、安心して歯科治療を行うためにも、以下のポイントを参考にして信頼できる歯医者を選びましょう。

  • 歯科治療で豊富な実績がある
  • 高品質で確実な治療をしている
  • 治療方針の説明が分かりやすく丁寧
  • 分かりやすい料金システムがある
  • 院内設備が清潔で掃除が行き届いている
  • スタッフが親切で高圧的な態度を取らない
  • 患者からの評判がいい
  • 通いやすい立地にある
  • 都合のいい日時に予約が取りやすい
  • アフターケアに力を入れている

まとめ

今回は、歯医者の麻酔について詳しく解説しました。歯医者では、治療内容や患者の状態・希望に合わせて最適な麻酔を使用しています。安心して歯科治療を受けるためにも、麻酔の種類やリスクを知ると同時に、不安な点をきちんと確認しておくことが必要です。現在では、麻酔の技術も向上して安全性が高くなっているため、過度に心配する必要はありません。しかし、麻酔で不安が残るときは、信頼できる歯医者によく相談してみるといいでしょう。