デスクワークの姿勢を直したい人必見! 腰痛・肩こりのお悩みを改善

デスクワークの姿勢を直したい人必見! 腰痛・肩こりのお悩みを改善

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「1日中デスクワークなので肩こりや腰痛がつらい」と、お悩みの人は少なくありません。長時間座ったままの姿勢は、体に悪影響を与えるといわれています。さらに、座ったときの姿勢が間違っていると、肩や腰などに負担をかけてしまうのです。現代では、デスクワークというとパソコンを使用する仕事がほとんどでしょう。そのため、画面に集中しているうちに時間の経過を忘れ「気が付いたら何時間も椅子に座りっぱなしだった」という人も多いのです。そこで、デスクワークの悪い姿勢が引き起こすさまざまな問題や、姿勢を正しくする方法などをご紹介します。

この記事を読んでいただければ、肩こりや腰痛など体の不調と姿勢の悪さとの関係がよくおわかりいただけるでしょう。正しい姿勢を取り入れてお悩みを改善してください。

01. デスクワークの姿勢について

デスクワークの人の多くは体の不調にお悩みです。ある人材情報サービスサイトのアンケートによると、デスクワークで「不調を感じる」と答えた人は約60%でした。そして、「肩こり・腰痛」が代表的な悩みとなっています。なぜ、デスクワークの人は肩こり・腰痛になりやすいのか、座っているときの姿勢は関係するのか、などを探ってみましょう。

1-1.姿勢とは

姿勢とは、ひとくちで表現すると「体の構え」のことです。頭・体幹(たいかん)・四肢(しし)の「相対的位置関係」のことを指します。また、「姿勢」という言葉は、見た目だけではなく人の考え方や気構えなどを表現することもあるのです。

1-1-1.姿勢の重要性

「正しい姿勢」は、心身ともにいい影響を与えます。人は緊張・ストレス・不安・疲労などを感じると背筋が自然に丸くなり「悪い姿勢」になるのです。そこで、背筋を伸ばして姿勢を正しくすることで心が安定し気持ちもポジティブになります。

また、正しい姿勢は見た目が美しいだけではありません。実年齢に関係なく若々しい雰囲気になるのです。もちろん、体のさまざまな部分に余分な負担もかけません。そのため、健康にも美容にもいいのです。

1-1-2.体への影響など

姿勢が悪いと、背骨・首・内臓・骨盤など、体のさまざまな部分が影響を受けます。また、血流やリンパ液の流れもおとろえるのです。悪い姿勢で1番ダメージを受けるのは肩や腰でしょう。そのために、デスクワークの人は肩こり・腰痛に悩む人が多いのです。姿勢の悪さが体に及ぼす悪影響については、後の項で詳しくご説明しましょう。

1-2.デスクワークの姿勢とは

デスクワークとは、椅子に座ったまま机に向かって仕事をすることです。特に、事務や経理・総務などの部門で働いている人はデスクワークの時間が長いでしょう。

「立ち仕事よりも座っているから体は楽だよね?」という人もいます。しかしながら、デスクワークは長時間同じ姿勢が続くので体に負担がかかるのです。特に、現代では大半がパソコンを使う仕事になります。じっとモニターを見つめたままの姿で、体が固まっている人も少なくありません。デスクワークではどのような姿勢になりがちか、次の項で具体例を挙げてみましょう。

1-3.デスクワークの悪い姿勢・正しい姿勢について

1-3-1.悪い姿勢

デスクワークで長時間座っていると、正しい姿勢をキープするのは疲れるので姿勢が悪くなってしまいます。職場内を見回すと、以下のような姿勢で座っている人が多いのではないでしょうか。

  • 首を前に突き出し背中を丸めている「猫背」
  • おなかの力を抜き腰を丸めて足を組んでいる
  • 頬杖(ほおづえ)を付いている
  • 背中を椅子の背に預けておなかを突き出している

上記のような姿勢は、体が楽なので無意識のうちにやってしまいがちです。

1-3-2.正しい姿勢

「正しい姿勢=背筋をピンと伸ばす」と思っている人は少なくありません。無理に伸ばそうとするあまり、胸がそっている人もいます。実は、その状態は本来「S字型」にカーブを描いている背骨に負担をかけているのです。そのため、キープするのも大変で長時間は続きません。デスクワークのときには、以下の姿勢を意識しましょう。

  • 椅子に深く腰かけて、腰と背中をぴたっと背もたれに密着し自然に背筋を伸ばす
  • おなかをゆるめずに引っ込める
  • 耳・肩・腰が「一直線上の位置」になるように意識する
  • パソコンで仕事をするときは、モニターが目の位置よりやや下になるように調節する(軽くあごを引いて見るような位置)
  • 両足の裏をぴたっと床に着ける

上記の姿勢を意識すると、全身にバランスよく力を分散できるので疲れづらいのです。