デスクワークの腰痛対策

【保存版】デスクワークの腰痛対策に欠かせない3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

デスクワークをしている方にとって、腰痛は一種の職業病となっており、仕方ないと諦めている方も多いのではないでしょうか? しかし、腰痛は注意力や集中力を奪い、ミスや作業効率の低下など、仕事に悪い影響を与えかねません。

そこで今回は、デスクワークをしている方に役立つ腰痛対策を紹介します。ぜひ以下のポイントを押さえて対策をしてください。

01. デスクワークで腰痛になるのはなぜ?

デスクワークをしていて腰痛になる理由は、主に以下の3つです。

1-1.デスクワーク中の姿勢に注意!

デスクワーク中は前かがみになりがちで、これが腰痛の原因になります。本来、首の骨はS字形をしており、これによって頭を支えています。しかし、前かがみを続けていると、首の骨が真っ直ぐになり、頭を正しい位置で支えられなくなるのです。これによって、頭の重さが腰にかかり腰を痛めてしまいます。

1-2.長時間の同じ姿勢が腰痛を招く!

長時間同じ姿勢でデスクワークを続けることも腰痛を引き起こす原因の一つです。長い間姿勢を変えずにいると、腰の一部分に大きな負荷がかかります。しかも、このとき腰にかかる負担は、物を持ち上げたり立ったまま作業するよりも大きなものです。こうした負担が積み重なることによって腰痛が起こります。

1-3.眼精疲労が腰痛の原因になる?

長時間モニターを見続けることで起こる目の疲れも腰痛を引き起こします。これは、目の疲れによって自律神経が乱れ、骨盤周りにある筋肉の働きが弱くなるためです。その結果、骨盤にゆがみが生じ腰痛になります。