DHA・ EPAの効果

DHA・ EPAの効果とは? 摂取するメリットとおすすめの摂取方法を解説

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)はどちらも青魚に多く含まれる不和脂肪酸の一種です。成人病予防に効果があり、体内で作りだすことができないことから、食物などから摂取することが大切になります。また、DHA・EPAを主成分とするサプリメントや健康食品もたくさん販売されており、愛用している方も多いことでしょう。しかし、この2つの違いは? と聞かれるとはっきりと答えられる方は少ないと思います。

そこで今回は、DHA・ EPAの違いやそれぞれの役割をご紹介しましょう。

役割や違いが分かれば、自分にはどちらが必要なのかが分かります。DHA・EPAについていろいろと知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. DHA・ EPAの基礎知識

はじめに、DHA・ EPAとはどのような栄養素かという基礎知識をご紹介します。どちらも青魚に多く含まれているということですが、どのような違いがあるのでしょうか?

1-1.DHAとは

DHAは、魚の脂肪に含まれている脂肪酸の一種であり、常温で固まらない性質があるため不和脂肪酸と呼ばれています。DHAは正式名称をドコサヘキサエン酸といい、体内で作りだすことのできない多価脂肪酸です。

脂肪というと肥満の原因になったりコレステロール値を高めたりといった悪い印象が多い物質ですが、体にとっては不可欠な栄養素になります。特に、多価脂肪酸は体内で作ることができないため、DHAのサプリメントや健康食品も豊富です。

DHAは動脈硬化を予防しコレステロール値を下げて血液をサラサラにする効果も期待できます。さらに、脳の血管に作用して記憶力の向上や認知症の改善にも効果が期待できるのです。一時期、DHAを摂取すると頭が良くなると話題になりましたので、この効果を知っている方も多いと思います。

1-2. EPAとは

EPAもDHAと同じく魚の脂肪に含まれている不和脂肪酸であり、体内で作りだすことのできない多価脂肪酸になります。効果もほとんど同じですが、血液中のコレステロール値を下げ、血栓を予防する効果は、EPAの方が高いのです。ただし、EPAは脳の血管にたどり着くことができません。脳へ血流を通す脳血液関門を突破することができないのです。ですから、記憶力の向上や認知症を改善したり予防したりする効果はありません。

1-3.DHA・EPAが多く含まれている食品とは?

DHA EPAは共にアジ・サンマ・ブリ・ウナギ・イワシといった青魚にたくさん含まれています。また、えごま油・しそ油といったαリノレン酸が多く含まれている油を食べると、体内でそれがDHA・EPAに変わるのです。

1-4.DHA・EPAを摂取するメリット

DHA・EPAは血液をサラサラにして、動脈硬化や脳出血・心筋梗塞など高齢になると発症しやすくなる病気を予防する効果が期待できます。また、抗アレルギー作用もあるので花粉症をはじめとするアレルギーの発症を抑えたり症状を和らげたりする効果も期待できるでしょう。さらに、DHAは脳の血管に作用して認知症を改善する効果も期待できるので中高年は、ぜひ積極的に摂取したいものです。生まれつきアレルギーが発症しやすい方も摂取すれば症状の緩和などの効果が現れやすいでしょう。